『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

愛されてる実感がない!意思表示が下手な彼氏のホンネ7つ

aisareterujikkanganai

彼氏のことは大好きだし、これからもずっと一緒にいたい。いつかは結婚だってしたいし、彼の子供が欲しいとも思う。なのに……愛されてる実感がない!

なんて悩んだことはありませんか?お互いが好きで付き合っているんだから、彼にも当然「好き」という感情はあるはず。でも愛されてる実感がないのはどうして?

今回はそんなお悩みを抱える女性の皆様へ「意思表示が下手な彼氏のホンネ」について、ご紹介いたします!

スポンサーリンク

1.恥ずかしい

「好き」や「愛してる」などの言葉の愛情表現を男性からしてもらえないことにより愛されてる実感がないと感じる女性も多いはず。

この場合、男性側の本音としては、大の大人が「好き」や「愛してる」なんて言葉を使うのはいささかキザっぽくなり嫌悪感がある、今更彼女に口説き文句のようなセリフを言うのは恥ずかしい、と感じている場合がほとんど。

普段から自己主張が少なかったり、周りが楽しければ自分はなんでもいいなんて、ちょっとお人好しタイプの男性に多くみられるこの傾向。

こういった男性は恋愛面でも奥手の場合が多く、もれなく女心にも鈍感であると判断できます。言葉での愛情表現をしないことで、彼女が愛されてる実感がないと感じていることすら気づけない男性が大半。

しかし、これは単純に恥ずかしさからくるもので、本質的には彼女に愛情もあります。二人の関係性について悩む必要はないでしょう。

2.慣れた関係に必要性を感じない

長期的な交際を続けているカップルの場合、男性の本音としては、長く一緒に過ごしてきたがために、その関係性に慣れを感じてしまい、愛情を表面に出す必要性を感じなくなっていることも。そのために女性は愛されてる実感がないと感じてしまいがちに。

つまり、今あえて自分が積極的にアピールしなくても、意中の女性は手に入っているわけだし、これだけ交際期間も続いているのであれば、そうそう別れる心配もない。

そういった一種の油断にも似た感覚から、女性に対して愛情表現が手薄になってしまうのも男性にはよくあること。もちろん、気持ちが冷めたわけではありませんが、ある程度の落ち着きを感じ始めているのは事実。

特に普段から仕事に追われていたり、忙しくしている男性に多いこの理由。愛されてる実感がないと女性が感じていたとしても、「慣れ感」からわざわざ忙しい時間を割いて愛情表現にいそしもうとする男性は残念ながら少ないといえるでしょう。

3.充分やっているつもり

女性が愛されてる実感がないと思っていても、男性側からしたら、普段から十分愛情表現をしているつもりになっているなんてパターンも実は多く存在します。

この場合、女性には愛情表現に感じられなくても、男性側は精一杯の愛情を女性へ向けているつもりになっているので、そもそも愛されてる実感がないと女性側が感じていることすら知らないという場合が大半。

猪突猛進気味だったり、思い立ったら即行動派な男性に多いこの傾向。本来女性の喜ぶ愛情表現がどういったものかを正確に把握できていないことにより起こるものと考えられます。

また、こういった男性は、自分は愛情表現できていると思い込んでいるので、自分は気の利くいい男なんて思ってしまっていることもしばしば。

女性からすれば「何それ?」な行動も、男性本人にとっては、彼女を喜ばせられたと満足してしまっているなんてことも……。


スポンサーリンク

4.疲れている

カップルが二人で過ごす時間が、なんとなく簡素で淡白な場合も、女性が彼から愛されてる実感がないと感じてしまう理由の一つ。

たとえば、せっかくのデートなのに会話もはずまない、最近デートらしいデート自体もできていない。一緒にいても、テレビや携帯に夢中で、彼女と関わりを持とうとしないなどが女性が愛されてる実感がないと感じる主な要因。

こういった場合の多くが、男性側の仕事が多忙で、心休まる暇がないことが原因と考えられます。

男性の本音としては、休みの日や空いた時間を自分のために使いたい、疲れている自分の充電期間と捉えていることが多く、人との関わりを極力避けたいと考えることが実は多いのです。

愛情うんぬん以前に、男性本人に心身ともに余裕がなくなってしまっていることから、愛情表現に手を抜かざるを得ない状況になっていると考えられます。

5.女性は面倒

女性側が彼氏に大切にされている気がしない、彼が自分に対して無関心、なんて時も、彼から愛されてる実感がないと悩んでしまうはず。実は、彼にとってあなたが、少々面倒な存在になってしまっているのかも……。

普段から世話好きだったり、少々お節介な女性に多いこの理由。女性は好きな相手に対していろいろ尽したいと考えることが大半ですが、男性にとっては、それが重荷になるパターンもあるのです。

男性には一定期間一人になりたい時や、人に気を遣わずにいたい時もあるのが本音。彼女への愛情をなくしたわけではなく、「今は放っておいて欲しい」という感情から、女性に対してそっけない態度を取ってしまうことも。

それゆえ、女性からすれば「こんなに尽してるのに」と愛されてる実感がないと感じてしまい、彼に対して不信感を抱いてしまう結果となるのです。

6.恋愛テクのつもり

不器用で普段からよく勘違いをするなんておちゃめな男性に多いこの理由。女性が彼氏に対して愛されてる実感がないと感じる時、実はそれが彼なりの恋愛テクニックのつもりだったなんてことも実はあり得るのです。

この場合、男性側の本音としては、彼女に深い愛情を持っていることが大半。愛する気持ちが強すぎるがゆえに、女性からの愛を確かめたいという気持ちから、「そっけなくしてみる作戦」なんかを実践しちゃう、おちゃめ男子も実は多いのです。

雑誌などでよく特集されるような、恋愛指南を真に受けて、「好きを表現し過ぎると飽きられる」や「あえて冷たくする」なんていうアドバイスを実践している可能性も。

少々男としては女々しいような残念な印象を受けますが、根底にある本音としては、「彼女にもっと自分を好きになってもらいたい」「飽きられたくない」なんていう、かわいい理由であることを理解してあげましょう。

7.優位な立場でいたい

俺様系な性格の男性に多い理由がコレ。恋愛では、多かれ少なかれカップル間で主従の関係性ができているもの。その関係上で、常に優位な方でいたいと思うことから、愛されてる実感がないと女性が感じるほど、男性がそっけなくなる場合もあります。

恋愛も人間同士の関わり合いである以上、自分のわがままばかりが通用するわけではありません。しかし、自分の納得のいく結果を常に選択したいと思う、少々わがままな男性が存在するのも確か。

そういった男性は、特に彼女に対しては冷たいとも感じられる態度を示して、自分が好き勝手出来る雰囲気をカップル間で維持しようとします。

「俺は別れても構わないんだから、いっぱい尽くして振られないようにしてね」なんて、横柄極まりない感情ですが、こういった本音を胸の内に秘めている男性は、実は少なくありません。

おわりに

彼氏から愛されてる実感がないと感じるあなたへ、女性には分かりづらい、まさに男心について、7つのパターンをご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

お互いが好き同士であれば、それを言葉や態度に示せばいいだけなのに、現実の男女関係はそれがスムーズにいかないのも事実。女性には分かりづらい男心をしっかりとらえて、より上質な恋愛関係を維持できるようつとめましょう。

(ライター/)

スポンサーリンク



renai-hiku-kininaru
恋愛は引くと気になる!?恋の駆け引きが本当に効く理由5つ!

恋の駆け引きと聞いて、一番に思いつくことは何ですか?「会わない」「連絡しない」「 …

kareshi-jikka-aisatsu
彼氏の実家の挨拶はこれで好印象!絶対押さえたいマナー5つ

大切な彼氏の実家へ挨拶に行く時・・・絶対失敗できないと思うと緊張してしまいますよ …

kareshi-onnnatomodati-shitto
信頼はしてるけど…彼氏の女友達に嫉妬してしまう時の心の整理方法7つ!

大好きな彼氏の側にいる女友達の存在に苛々してしまったり、不安になっていませんか? …

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s
彼氏とお泊り親への対応!社会人として上手く切り抜ける言い訳5つ!

もう社会人なんだし彼氏とお泊まりくらい自由にしたい。「だけどうちの親は厳しくて・ …

onnatomodati-ieniyobu-sinnri
女友達を家に呼ぶ心理!下ゴコロとは限らない男のホンネ5つ!

友達だと思ってる男の子から「うち来る?」のお誘い。気軽なお誘いに思わずOKしちゃ …