『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

シビアな問題…彼との同棲、初期費用ってどのくらいかかるの?

dousei-syokihiyou

同棲生活を始めれば、彼と長い時間一緒に過ごせるし、まるで新婚夫婦みたい…なんて考えてしまいます。しかし、ここにはとてもシビアな問題が。実は同棲生活を始めるときの初期費用、結構かかるのです。

そこで、今回は初期費用についてご説明します。一番かかるものはなんなのか、切りつめられるところは?など、気になる点を分析してみました。

スポンサーリンク

1.一番かかるのは、やっぱり物件

同棲するための部屋を借りるとしたら、だいたい家賃は7、8万からです。場所や部屋のグレードにもよりますが。「それなら割り勘すれば余裕!」と思われるかもしれませんが、家賃が安い物件でも初期費用はばかになりません。

だいたい初めの1か月~3か月の家賃は前払いです。それに加えて敷金・礼金(およそ家賃の1、2か月分。ナシのところもアリ。)がかかります。そして、物件を紹介してくれた業者さんへの仲介手数料や、火災保険、鍵の交換にかかる費用など……

業者さんや物件を管理している会社によって価格はさまざまですが、敷金・礼金が無いと思ったら、仲介手数料がとても高かったりと、なかなかうまくはいきません。どんなにきりつめても20万円は超えるでしょう。ふたりで50万円は用意した方が良さそうです

2.今の部屋からの引っ越し代

住むところを決めたら、次はお引っ越しです。今住んでいるところから同棲する部屋まで荷物を運ばなくてはなりません。このお引っ越し代、初期費用のなかでは、比較的切りつめやすいと思います。

どうしても個人で運べない大きな荷物がある場合は、業者さんにお願いします。だいたい3万円くらいで運んでもらえます。もし車が使えるのなら、車に詰め込んでしまえばかかるのは交通費だけです。

新しい生活をはじめるのですから、なんとなくとっておいているものは思い切って捨ててしまい、できるかぎり身軽に引っ越せると良いですね。部屋も片付きますし、料金も安く済みます。

3.家電代

これからはじまる同棲生活に絶対に必要な家電。冷蔵庫・洗濯機・掃除機など…なかなか費用がかさみます。物件によって備え付けてあるものが違うので、よくチェックしておきましょう。安いものではありませんから、備え付けがあればあるほど初期費用が浮きます。実際物件を見に行って、粗悪なものでは無いかも確かめましょう。

どちらかが一人暮らしをしているのなら、その家具をそのまま使える場合が多いですから、初期費用がかなり浮きます。同棲しているうちに余裕があったら買い替え、とにかくお金がかかるはじめの時期はそれでしのぐという手もありますよ。

また、新しく買う場合は、アウトレットや中古品を買うと安上がりです。最近はインターネットで価格の比較も見られますから、できるだけ安く良いものをゲットしましょう。同棲する部屋で使えるかどうか、サイズやコンセントの場所のチェックも忘れないで下さい。


スポンサーリンク

4.雑貨は買いすぎ注意!

家電のほかに、雑貨類をいろいろ買うと思います。キッチン用品やちょっとした家具から、ティッシュ類などの消耗品まで。この買い物、ひとつひとつはそこまで高くないからと油断しがちですが、最もムダ使いをしがちな買い物なのです。

だいたい5万~10万ほどですべてがそろうと思いますが、「せっかく買ったのに全然使ってない…」なんてことになるものも。とりあえず必要最低限だけ買ってから、後々買い足すという方法が一番無駄なく済みます。

一緒に買い出しに行くのも同棲の楽しみのひとつ。初期費用を抑えるためにも、必要なものをリストにして、相談しながら買うことでコストを抑えましょう。

5.とりあえずまとめると…

同棲の初期費用は、ふたりぶん合わせて30万~50万といったところでしょう。片方が一人暮らしであった場合が一番抑えられそうですね。余裕をもって、必要な分プラス10万円くらいを初期費用として用意しておきましょう。

一番大きな出費は物件に関するものです。ここは切りつめるにしても限界があります。また、長く付き合っていくものですし、簡単に買い替えることも出来ませんから、物件への出費はケチりすぎると危険です。ふたりの同棲の場所として納得のいくものを選びましょう。

引っ越し代や家電代、雑貨代は比較的切りつめやすいところ。一人暮らしをしている人や周りの同棲カップルの話を聞いて、安く手にいれる方法を探してみてください。様々なサービスがあるので、情報収集はとても大切です。

おわりに

同棲にかかる初期費用、うまくイメージできましたでしょうか?土地柄やシーズンによっていろいろと変動しますが、決して安くはありませんよね。しかし、一人暮らしや家族での引っ越しと違い、好きな人とふたりで準備ができるわけですから、同棲を始める課程も楽しいものだと思います。

ふたりで情報を集め、見学に行って、買い出しにいく楽しみを大切にしましょう。そのためにも、お金のトラブルがないように、事前準備はしっかりしておきましょうね。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

楽しみだけど緊張…彼氏の家に行く時に気をつけたい5パターン!

彼氏の家にお呼ばれされた!嬉しいけれど、すごく緊張する…。また「彼氏の家に行く」 …

一回り年上の彼氏と結婚ってどう?よくある悩みと解決法6つ

一回り年上の彼氏との結婚を考えている?「付き合うだけなら年の離れた彼氏は最高だけ …

付き合ってるのかわからない関係!曖昧な彼の本音を確かめる方法5つ

付き合ってるのかわからない関係の男性はいますか?恋人らしいデートを重ねていても、 …

ネトゲの恋愛トラブル!あなたを待ち受ける危険パターン7つ

ネトゲで知り合った人と最近いい感じになったけど、このまま恋愛関係に進んでも大丈夫 …

遠距離恋愛から結婚するタイミング!ゴールインするベストな機会6つ!

遠距離恋愛も長くなってきて、そろそろ結婚も考え始めているという女性も少なくありま …