『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

やっぱり王道!アイメイクのブラウン系の基本のやり方6ステップ!

eyemake-brown-yarikataオフィスやデートなどシーンを選ばないアイメイクといえばブラウン系のメイクですよね。でもやり方がいまいちわからないという人はいませんか?ブラウン系アイメイクはどんなときでも活躍してくれるので基本のやり方を覚えればアレンジは自在です。

今回はそんな王道のブラウン系アイメイクの手順をご紹介します。ブラウンの色味によって印象も変わるので基本のやり方をしっかりとおぼえて自己流を探しましょう。

スポンサーリンク

<使用アイテム>

image2

・アイシャドウベース
・ブラウン系アイシャドウ
・ペンシルアイライナー
・リキッドアイライナー
・マスカラ

<メイク前>

image3

<手順>

1.アイシャドウベースを上まぶた全体に塗る
まずは上まぶた全体にアイシャドウベースを塗ります。この時ファンデーションは上まぶたには塗らずに、アイシャドウベースだけを塗るようにしましょう。あまり重ねすぎるとアイメイクのよれの原因になってしまいます。

image4

このアイシャドウベースは使用しなくても問題はありませんが、使用することでまぶたのくすみをカバーしてアイシャドウの発色を良くしてくれます。ブラウン系のアイメイクの場合は目元の陰影を付けるためにも使用することをオススメします。

もし手元にない場合は明るめのコンシーラーで代用することもできます。コンシーラーを使用する場合はアイシャドウベースよりも硬いので厚塗りにならないように気をつけましょう。

2.アイシャドウを明るい色から順番にまぶたにのせる
次にアイシャドウをまぶたにのせます。もともとアイシャドウについているチップはもちろん、指でのせても構いません。指でのせるとチップを使用するよりもふんわりとした印象に仕上がります。

アイシャドウのやり方はどのカラーも基本的には同じです。明るい色から暗い色の順番にのせていきます。

一番明るい色を眉下までの上まぶた全体に、次に明るい色をアイホール全体に、次のカラーを二重ラインより少し広めに、一番濃い色を二重ラインの内側に入れます。

image5

一番濃い色を締めのカラーと言いますが、この締めのカラーの幅を変えることで目元の印象が変わります。締めのカラーを太くすればはっきりとした印象に、細く長めに入れることで優しい印象の目元に仕上げることができます。

下まぶたにアイシャドウを使用する場合は、涙袋付近に一番明るい色を、目尻から1.5cm程度に締めのカラーを入れましょう。ブラウン系のアイメイクはラメが入っているものを涙袋に使用することで上品な感じに仕上がります。

3.ペンシルアイライナーをまつげの隙間を埋めるように入れる
アイシャドウができたら次はアイラインを引きましょう。アイライナーにはペンシルアイライナーとリキッドアイライナーの2種類がありますが、この両方を使うことでデカ目メイクの効果もあります。

2種類のうち最初に使うのはペンシルアイライナーです。ペンシルアイライナーはまぶたの内側の粘膜付近に入れていきます。まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようなイメージです。今回はアイシャドウがブラウンなのでアイライナーもブラウンを使用しました。

image6

ペンシルアイラインを内側に引くことで目元をはっきりとさせることができます。この時目尻の方のラインはあまり長めに引かずに、目尻の粘膜と同じ形に引くことがポイントです。下まぶたに引くときも同じです。

4.綿棒でぼかす
3で引いたアイラインを綿棒で軽くぼかします。ペンシルアイライナーは芯が柔らかいので使用後すぐに綿棒でこすることでアイラインをぼかすことができます。

あまりにアイラインが濃すぎるとキツくてケバい印象になるので軽くぼかすようにしましょう。またアイラインが苦手でやり方に自信がないという人もぼかすことで、万が一失敗してもごまかすことができます。

image7

下のアイラインが濃いと特にケバい印象になるので、下のアイラインもぼかすのを忘れないようにしましょう。ブラウン系のアイメイクの特徴は上品な仕上がりになることなのでそれを損ねないようなやり方が大切です。

5.リキッドアイライナーをまつげの際に引く
いよいよリキッドアイライナーです。リキッドアイライナーのやり方に自信がないという人も多いと思います。そう言う人の多くはアイラインを太く引きすぎているので、手の力を抜いて楽に、まつ毛の生え際に引くようにしましょう。

image8

リキッドアイライナーの引き方で目の印象を大きく変えることができます。目尻の方を長めに引くことで目を大きく見せることができます。目尻のラインを下げることでタレ目に、目尻のラインを上げることで猫目にすることができます。

リキッドアイラインといえば無条件でブラックを選びがちですが、アイシャドウと同系色の方が馴染みがいいため今回はリキッドアイラインも同じ色味にしました。アイメイクは力のはいるポイントメイクではありますが全体とのバランスも大切です。

6.マスカラをして完成
アイメイクの仕上げといえばマスカラですよね。マスカラに限って言えばブラウンでなくても大丈夫です。

まつ毛をビューラーで上げたあとにマスカラを塗りましょう。この時ビューラーでまつ毛を引っ張りすぎてしまうとまつ毛が抜けてしまうので力をいれずに優しく挟む程度にしましょう。

ビューラーのやり方に自信がない人や、どうしてもまつ毛が下がってきてしまうという人はマスカラ下地を付けるのがオススメです。まつ毛もアイメイクでポイントになるのでカールタイプやボリュームタイプなど自分に合ったアイテムを選ぶことが大切です。

image9

image10


スポンサーリンク

おわりに

いかがですか?どんな時でも万能のブラウン系アイメイクだからこそやり方はしっかりとマスターしたいメイク術です。上品な仕上がりのためシーンを選ばずに活躍してくれるのが嬉しいですよね。

基本を覚えればアレンジも自由自在です。まずは基本のやり方を覚えて、それから自分の好きな色味やなりたいイメージに合わせてアレンジしてみましょう。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

出会いの季節がやってきた!モテ服女子になるためのテクニック5つ!

今年も春がやってきました!街には春らしいカラーのお洋服が並び始め気持ちもウキウキ …

女性の好みとここまで違う!?本当に男ウケするファッション5選!

あなたは流行を追う派ですか?情報に敏感でいち早くアイテムを取り入れている女性って …

女子力を上げる方法!好きな人にアピールするためすべき事5つ

好きな人はいるけれど、自分の魅力に自信がなくてアプローチが出来ないなんて悩んだこ …

独身女性の休日の過ごし方!自分を磨くオフの日充実プラン6選!

休日はどう過ごしていますか?独身だから、と家で一人ゴロゴロするのも気楽でいいです …

浮気されない女になるには?男を掴んで離さない愛されテクニック7つ

あなたはズバリ、浮気されたことがありますか?一度でもそんな過去があると、恋愛に対 …