『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

モテ顔になる!アイメイクの方法とデカ目になるポイント6つ!

デカ目メイク

メイクの中でも特に力が入るのがアイメイクですよね。デカ目は男性ウケの必須条件といっても過言ではありません。だからこそ世の中の女子はアイメイク研究にも余念がないのです。

今回はよりデカ目に見せるためのアイメイクの方法をご紹介します。この方法を参考にデカ目メイクを研究してみましょう。目元の印象を変えることで男性ウケ抜群にすることができますよ。

スポンサーリンク

1.目元のコントラストを大切にする

皆さんは普段アイメイクをするとき目元のコントラストを意識しているでしょうか?コントラストとは陰影のことで、目鼻立ちの印象につながります。

もとから外国人のように彫りが深い顔立ちの人は別として、日本人の多くはどちらかというと平面的な顔立ちです。なのでベースメイクをする段階でコンシーラーを使うなどして目元にコントラストを作るようにしましょう。

鼻筋は明るめのカラーを使用したりハイライトを入れてみましょう。また鼻筋の根元から眉頭につながるラインに濃い目のコンシーラーを使用することで彫りの深さを演出します。

またクマを隠そうとするあまり目の下を明るいコンシーラーをのせる人がいますがこれは額効果です。暗めの色を使用することで目元の深い印象につながり目力が増し、デカ目効果につながります。

 2.涙袋メイク

最近話題の涙袋ですが、ここに明るめの色をのせることでデカ目効果があります。涙袋とは下まぶたの膨らみのことで、人によって形や幅に違いがあります。

涙袋が小さめの人はここに明るい色のラインやアイシャドウをのせるという方法でデカ目効果を演出できます。最近では涙袋専用のアイラインもあるのでドラッグストアなどで探してみるのもオススメです。

もし手持ちのコスメで涙袋メイクをするなら筆者のオススメは明るめのベージュかゴールドです。涙袋を強調したいあまり白系のカラーを使うととてもケバい印象になってしまいます。昔流行ったギャルメイクのようなアンバランスなメイクはやめましょう。

その点ベージュやゴールド系は肌なじみがとてもよく、変に浮くことがないのでナチュラルで、しかもデカ目効果抜群です。

3.アイシャドウの使い方

続いてはアイシャドウの方法です。アイシャドウもアイメイクの中では大切な要素の一つです。種類もいろいろありますが、一番濃い締めの色が濃いものほど目力は強く見えます。具体的なカラーで言うとブラウン系、グレー系がオススメです。

ブラウン系であればナチュラルな感じの仕上がりに、グレー系であればクールな感じの仕上がりになります。ご自身のなりたいイメージに合わせてカラーを選びましょう。

アイシャドウの使用方法としては、最後にのせる締めの色の幅を目尻に向かって太目に入れてみましょう。こうすることで目元がしっかりとした印象にすることができます。


スポンサーリンク

 4.アイラインは丁寧に

メイクの中でも難しいアイラインの方法ですが、まずは丁寧に引くことを心がけましょう。失敗しても綿棒等でぼかせばいいだけなのでリラックスして引くのがポイントです。

またアイシャドウをしっかりと太目に入れているのでアイラインは細めに入れ、そのかわりに長さを長めに入れるようにしてみましょう。目尻から少し出るくらいの長さにしましょう。

目尻から下に向けてアイラインを伸ばせばタレ目メイクに、上に向けてはね上げれば猫目メイクにできます。自分のイメージにあった方法を試してみてください。

5.下のアイラインとアイシャドウのバランスが大切

デカ目メイクをする上で下のアイラインは必須ですが、そのアイラインがきつくなりすぎるのはよくありません。デカ目=濃いメイクではないのでバランスを大切にしましょう。

アイメイクの中でも目を引きやすいアイラインですが、下のアイラインは目尻から5mm程度にしましょう。あまり長すぎるとケバい仕上がりになり男性ウケは最悪になてしまします。

また下に引いたアイラインはアイシャドウで必ずぼかすようにしましょう。アイラインを引いたあとに引いたラインをアイシャドウの締めの色でなぞることで、ふんわりと仕上げることができます。

6.マスカラを上手に使う

アイメイクでも特に気になるのがマスカラですよね。マスカラの種類によっても方法は少し変わって来ます。今回はデカ目メイクのポイントなので繊維入りのカールタイプのものについて説明します。

今回繊維入りのカールタイプを選んだのは、繊維入りで長さを出すことができることと、デカ目のアイメイクで大切なカール力を重視したからです。カール力があることによってまつ毛がまぶたを持ち上げてくれるのでそれだけで目力がアップします。

使用方法は、まずビューラーでまつ毛を上げます。この時根元からしっかりとまつ毛を立ち上げることが大切です。ここでまつ毛をしっかりとカールさせることでマスカラ自体も塗りやすくなります。

次にマスカラ下地を使用し、マスカラを塗ります。マスカラはまつ毛に対してジグザグに塗りましょう。こうすることで繊維がしっかりとつきます。その後ボリュームが欲しい人は2度塗りをして完成です。

 おわりに

いかがですか?アイメイク次第で目元の印象は大きく変わります。デカ目メイクをマスターすればいろんな場面で活用できます。

まずは基本の方法を覚えて、それからご自身のなりたいイメージに合わせてアレンジをしてみてくださいね。自分流が見つかるとメイクはどんどん楽しくなりますよ。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

リア充になりたい!女オタクでも彼氏ができちゃう改善法6つ!

「リア充になりたいと思い早◯年…。こんな女オタクでもそろそろ彼氏を作れますか?」 …

出会いの季節がやってきた!モテ服女子になるためのテクニック5つ!

今年も春がやってきました!街には春らしいカラーのお洋服が並び始め気持ちもウキウキ …

思い出すと切ない!忘れられない人を心にしまう5つの方法!

新しい恋をしても、ふとした瞬間に思い出してしまう「忘れられない人」、あなたの心の …

これが理想の女性像!外見だけじゃない、男性に喜ばれるポイント6つ!

よく男性から見た理想の女性像というのを耳にしますが、具体的にはどういう姿が求めら …

すっぴん美人になりたい人必見!ノーメイクに自信を持つための掟5つ!

すっぴん力、すっぴん風…よく聞く言葉ですよね。メイク時はもちろん、すっぴん時も綺 …