『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

上司を好きになってしまった!職場恋愛の法則5選とは?

zyoushi-suki

ほぼ毎日仕事場で顔を合わせる方の中に、異性の上司がいることはほとんどです。そんな頼れる上司に、キュンとときめいてしまったこと・・・ありませんか?日々厳しく、優しく接してくれる素敵な上司だったら、好きになってしまうのも当然です。

素敵な上司がいる仕事場だったら、お仕事もより力が入ることでしょう。しかし、職場で恋愛することは、なかなか一筋縄ではいかないことも多いです。今回は、そんな場合に異性にアタックするための法則をご紹介します。

スポンサーリンク

1.まずは仕事を頑張ろう!

片思いをしていようがいまいが、そこは職場です。このことを強く脳裏に焼き付けておきましょう。上司を好きになってしまったことは、何も恥ずべきことではありませんが、それで仕事の方に力が入らなくなってしまったら元も子もありません。

上司の方も、あなたのことをよく思っていたのに、あなたがその信用を裏切って恋にかこつけて仕事を怠けていたら、その好印象も失せてしまうことがあります。何よりまず、上司を好きになってあなたの方を振り向いてもらいたいなら、あなたに与えられた仕事を頑張りましょう。

あなたが今以上に仕事を頑張れば、「あの子頑張っているなあ」などと、彼もあなたの方に関心が向きやすくなります。

2.上司の仕事を手伝おう!

あくまで必要最低限の自分の仕事をこなしたうえで、上司の方の仕事のお手伝いを買って出ましょう。上司のことが好きになった場合、一番効果があるのはここです。

あなたの仕事を、他の方に回してまで彼の仕事を手伝う必要はありませんが、さりげなくサポートすることで、あなたの株はグンと上がります。その場合、ちゃんと彼を敬うことを忘れないようにしましょう。

3.食事に誘ってみよう!

そうして、二人で二人三脚で仕事をすることが増え、仲が深まってきたら、食事に誘ってみましょう。もちろん、その上司の方を好きなことは、まだ告げないほうがいいです。

「相談に乗ってもらえますか?」など、彼を頼っている一面を出しながらお誘いしましょう。男性は、自分に頼ってくる女性を無下には扱わないものです。

そうして、二人に共通な、明るい仕事の話をしましょう。


スポンサーリンク

4.個別に連絡してみよう!

ここで、プライベートな内容で連絡を取るようにしましょう。上司のことが好きなことは、まだ告げないほうがいいですが、さりげなく好意を持っていることをアピールするようにします。

その際、仕事場の愚痴はよしましょう。「こんな仕事がしてみたい」、「○○さんはとても頑張っています」など、相手が気持ちよく聞けるような話題作りが大切です。そうして、連絡が頻繁になって、彼からも好意を感じられたら、その上司に好きだと告げてみましょう。

もしかしたら、相手から思いを告げられることもあるかもしれませんよ。

5.周囲に気を配ろう!

そうして晴れてお付き合いをするようになったら、忘れてはいけないのが周囲の目です。片思いの時も同じ事が言えますが、あまりその上司のことを好きなことは職場の方々には軽々しく言わないほうがいいです。

「あの子、仕事場に恋愛をしに来ているのかしら」など、特に同性の方には疎まれることが多いです。また、その上司の方も、職場の雰囲気を壊すことを望んではいないでしょう。あくまで仕事場では恋愛はおいて考えましょう。

あなたの軽はずみな行動で、彼に迷惑をかけてしまうこともあります。

まとめ

いかがでしたか?職場恋愛は一度はその大人な響きにあこがれる方も多いと思いますが、そこはあくまで仕事場です。上司のことを好きになっても、そこはわきまえて行動することが大事です。何より職場での厄介沙汰は避けるようにしましょう。


スポンサーリンク



関連記事

女として見られない!友達から恋人にステップアップする方法5つ!

いつも楽しくて気が合う男友達…。だけど、女として見られないのはどうして?連絡も頻 …

草食系男子!告白させるには?「好き」って言ってもらえる方法5つ!

好きな相手が草食系男子の場合、「両思いなはずなのになかなか告白してくれない…早く …

会社で気になる人の連絡先を知りたい!自然と彼から聞き出す方法5つ

会社で毎日顔を合わせる、気になる人。職場という近しい存在ではあるけど「個人的に」 …

既婚者への片思いを諦める方法!好きになった気持ちの断ち切り方5つ

恋は突然落ちるもの。たまたま好きになった人が既婚者だった!なんてことは誰にでも起 …

好きな人からメールが来ない?「脈なし判定はまだ早い」パターン5つ

好きな人からメールが来ない…。「あーあ、これって私に興味がないってこと?」「フラ …