『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

やっぱり好き!彼氏がブサイクでも愛する方法5選!

kareshi-busaiku

「一目ぼれ」という言葉があるように、人が相手の見た目だけで好きになることは、多々あります。あなたもそんな経験をしたことがあったと思います。

しかし、それとは裏腹に、できた彼氏がブサイクだったとき、あなたは本当に彼を愛することはできますか?

それが原因で、生まれてくる子供の顔を心配して結婚に踏み込めない方や、友人に紹介できない、なんて悩みを抱えている方も、少なくはないです。そこで、今回はそんな彼氏の愛し方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.本当に好きか確認しよう!

まずは、彼への思いが本当のものなのかを確かめることが大事です。

彼が本当に好きだから、付き合っているのか?それとも彼でも誰でもいいけれど、彼がたまたまあなたを好きだといったから付き合っているのか?

彼氏がブサイクの場合、あなたが譲歩して付き合っていることも考えられます。あるいは、情けをかけていることもあります。

この人は私がいなかったら駄目になってしまうから・・・なんて思ってしまうことは、恋愛においてよくあることです。彼氏がブサイクだからといって、余計な情けをかけることはやめましょう。

2.悩んでいる原因を突き止めよう!

そもそも、どうして悩むことがあるのか原因を追究してみましょう。あなたはどうしてそんなことで悩んでいるのか?

それは、本当に、彼氏がブサイクだから、一緒にいたくないだけなのでしょうか?本当は、他に理由があるのではないでしょうか?

人は外見が悪いからといって、それだけで相手が大嫌いになるということは、あまりないと思います。

しっかりと、自分が悩んでいる原因を突き止めてみましょう。そして、彼を受け入れてあげましょう。

3.初心を思い出してみよう!

あなたが彼と付き合っている理由は何ですか?少し時間がたってしまって、マンネリ化してしまっているから、彼氏がブサイクなことが気になりだした、あるいは難癖つけてみたくなった、ということはありませんか?

そういう方は、どうして彼と付き合いだそうとしたのか、初心を思い出してみてください。あなたは彼の何にひかれて好きになったのか?

そしてそれは彼氏がブサイクだからと言って、そんなに簡単に薄れてしまうほどのものだったのか?よく考えてみましょう。彼にいいところはたくさんあるはずですよ。


スポンサーリンク

4.中身でいいところを見つけよう!

ブサイクなことは、そんなにいけないことなのでしょうか?外見が良くなくても、中身もすごく悪くてひどい、という方はそうそういません。

彼氏の外見がブサイクでも、中身はイケメンだからあなたは好きになったのではないですか?外見だけで判断しても、中身がわるかった、と言って別れる方は少なくありません。

それに比べたら、中身がいい人の方が断然良くありませんか?もう一度、彼の人格なり性格を見直せば、愛することはできます。

5.ありのままを受け入れよう!

女性は、そもそも男性の外見を男性ほど気にしないそうです。彼氏がブサイクだからと言って、何を悩む必要があるのでしょうか?

彼はれっきとした、あなたが好きになった素敵な人です。そう念頭に置くことが大事です。ブサイクなことは、そんなに悪いことですか?

友達に悪く思われることが怖いですか?それはあまり重要なことではありません。彼氏がブサイクでも、ありのままの彼を受け入れてあげましょう。そうすれば、自然と愛することができます。

まとめ

いかがでしたか?たとえ彼の外見が悪くても、誰の責任ではありません。あなたが彼を愛せるかどうかが一番大事なのです。

ありのままの彼を受け入れれば、周りの目なんて気にならなくなりますよ。そうして、自然体で彼を愛せることが大事だと思いますよ。


スポンサーリンク



関連記事

家デート何する?彼との距離がぐっと縮まる「ベストプラン」6つ!

二人きりでまったり過ごせる家デート。人混みが嫌いな人や、お金を節約したいカップル …

どうしたらいい?彼氏と喧嘩ばかりのカップルから脱出する5ステップ!

彼氏と喧嘩ばかりでもう疲れた!など、多すぎると、お互いに疲れてしまったり、相手の …

彼氏に「嫌いになった?」はNG!絶対彼に聞かない為の方法5つ

男性が、聞かれたら“うざい”と感じてしまう言葉に、この言葉が入っているのをご存知 …

彼氏に作るご飯は何がいい?「何でもOK」はウソ!喜ばれる料理5選

大好きな彼女の手料理。コレを喜ばない男はいません!手作りご飯ってその人の温もりを …

相性がいい人の見分け方!自分にピッタリな彼を見つけるポイント7つ

長年続いているカップルや、結婚して数十年にもなるカップルが良く口にするのが、「相 …