『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

彼氏の年収が低い!これから“結婚”に向けて考えておきたい事6つ

kareshi-nennsyuugahikui

彼氏の年収が低いと言っても、月に使える金が30万以上で悩んでいるのなら、この記事は意味のない話かもしれません。

と言うのも、年収の低いとされる人たちの年収は200万から250万、この人たちは低所得者と呼ばれていて、月に使えるお金は16万円~20万円と言われています。

もし、あなたの彼氏が、低所得者と言われる方で、真剣に悩んでいるのであれば、結婚を考える際の参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

1.結婚して、共働きできるか、できないか

実際に家賃、光熱費と最低限の生活を考えていても、住んでいる地域によっては、それだけで生活が苦しい場合もあると思います。

今、あなたはお仕事をされていますか?もし、結婚してからも彼氏の給料が低いようであれば、共働きする覚悟が必要です。

彼氏の年収と、あなたの年収が共に低い状態であったとしても、二人分であれば、二人で子供を育てていくことに、さほど問題はないと思いますので、まず共働きできるか、そうでないかを考えてみまてください。

2.子供にどのような教育を、受けさせたいか

もし、共働きはできないという場合、子供への教育は、ある程度諦めが必要かもしれません。まず市立の小学校、中学校、高校、はまず難しいと思います。そして、大学は公立でも学費を払うのは難しいかもしれません。

年収が低いという事は、それなりに子供にも苦労を強いるという事でもあります。義務教育後は自分でと子供に言うのであれば、さほど問題はないと思います。

しかし、その間の、習い事、つまり義務教育以外の教育を受けさせるのは、金銭的に難しいかもしれません。

教育の事を考えていくのなら、共働きを考える方が賢明かもしれません。

3.金銭感覚が同じか、お金がない事に慣れているか

お金がない事に慣れているというと変な言い方かもしれませんが、「私は、普通の金銭感覚だから大丈夫!」という“普通”には、生まれ育った環境や、両親のお金の使い方などで普通が異なってきます。

「私は、贅沢しないわ」と言っても、それが「海外旅行に行かない」と言う意味の場合もありますし、「高い野菜を買わない」なんていう堅実なものかもしれません。

実際に想像してみて下さい。もし今後、月に使えるお金が16万だったとして、家賃、光熱費、携帯代など、絶対に必要なものを除いた金額で、あなたは生活できますか?

彼氏の給料での生活を、想像できるなら、前向きに考えたらいいと思います。もしそうでないなら、身についた金銭感覚というものは、変わらないことが多いので、考えものかもしれません。


スポンサーリンク

4.結婚してから、親の援助はあるか

もし彼の給料が低いとしても、彼に、別口の収入がある場合もあります。例えば実家の不動産収入だったり、親の援助だったり。

結婚を考えるのであれば、親の援助があるか、ないか、を考えておくといいと思います。あなたのご両親から援助があるなら、年収が低いのも何とかなるかもしれませんし、逆もしかりです。

援助もありますが、遺産ですとか、現時点、彼氏に所有物がある場合もあるので、いろいろ確認しておきましょう。

5.今後、給料が上がっていく仕事かそうでないか

紹介が遅くなりましたが、一番大切なのは、彼氏の今の年収ではなく、彼氏の将来の年収です。若いうちは少ないお金でも割とやりくりできるもの。

しかし、子供の成長すれば、必要なお金も段々と増えてきますし、老後の事だって考えなければなりませんよね。

ですので、彼氏の将来の年収が、必ず上がることを約束されているような勤め先なら、あまり今の年収が低い事を、問題視しなくてもいいかもしれません。

もし仮に今彼氏の年収が高くても、将来どうなるかわからないとよりも、今の給料は少ないけれど、将来、が約束されているような場合の方が、いいかもしれませんよね。

ですので、今の年収だけで判断するのではなく、彼の将来を、判断材料にするのも大切かもしれません。

6.お金で喧嘩する事が多いなら要注意!

今現時点、あなたは、彼氏の給料が低い事で喧嘩になったりしていますか?若しくは、給料の事ではなくとも、お金の事で喧嘩になっていませんか?

もしお金のことが原因で彼氏との喧嘩が多い様であれば、これから結婚しても、その原因は絶えないかもしれません。

また、お金の事の不安を抱えたまま結婚すると、喧嘩の数は、きっと今よりも多くなってしまいます。

こういう場合は、よっぽどの覚悟を持って結婚しないと、喧嘩が絶えない夫婦になってしまいますので、これからの事は、慎重によく考えて答えを出した方がいいかもしれません。

おわりに

給料が低いというのは、実は今、結婚する上で男女ともに不安に思っている事なのかもしれません。

少し、重たい話にはなってしまいましたが、給料が高い、低いにかかわらず、お金の事は、結婚前に、しっかり話し合っておくことが大切です。

給料が低いなら尚更です。お互い不安を作らない様、結婚前に話しておいてくださいね。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

どうしたらいい?好きだからこそ、彼に嫉妬しない方法5つ!

せっかく彼と両想いになれたのに、なんだか心がもやもやしてしょうがないこと、ありま …

彼氏が他の女と遊びたい理由!彼女持ちの男が浮気する心理5つ

彼氏に浮気された経験はありますか? 実際に浮気された証拠は掴めていなくても、他の …

情けは無用!彼氏がつまらないとき別れたいなら早めが吉な理由5つ!

突然ですがあなたは自分の彼氏のことをつまらないと感じたことはありませんか?もしそ …

追われる女のLINEテク!彼氏にほっとけないと思わせるコツ5つ!

彼氏と付き合うことになったのはいいけれど、そこに安心してあぐらをかいてしまうのも …

彼氏が好きかわからない?自分の答えを導き出す5つの方法!

彼氏のどこが好き?と聞かれて、言葉に詰まってしまった。ドキドキしない、ときめかな …