『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

彼氏をうざい・きもいと感じたら!自分に問い直してみるべきコト5つ

karesi-uzai-kimoi

好きだと思って付き合った彼氏なのに、いつの日か「うざい」「きもい」なんて思ってしまうように・・・。

一度イヤだと思うと、気持ちはどんどんエスカレートして、もう「うざい男」「きもい奴」としか思えなかったり…。

好きで付き合ったはずの彼に対してこんな思いを持ち始めてしまったら、自分の気持ちを確認する必要があります。

今回は、彼氏を「うざい」「きもい」と感じてしまったときに、自分に問い直してみるべきコトを5つご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.恋に恋していたのではないか

あなただって最初から彼氏のことを「うざい」「きもい」と思いながら付き合ったわけではないですよね。では、彼氏は急に「うざい」「きもい」男に変身してしまったのでしょうか?

きっと、違います。あなたがイヤに思う彼の面は、きっと彼は以前から持ち合わせていたはず。だったら、どうしてあなたはそんな彼と付き合ってしまったのでしょう?

それは、あなたが恋に恋してしまっていたからかも知れません。

彼という人間を好きになったのではなく、恋をしている自分自身が楽しかっただけなんです。

だから恋の熱が少し冷めたら、ハッと目が覚めたように彼という人間が見えてしまった。そしてそこには「うざい」「きもい」男がいた・・・。

この場合、あなたの恋ゴコロは、最初から錯覚だったと言えるかも知れません。

2.不満を言えない弱い自分がいないか

あなたは彼氏に対して、普段からハッキリ物事を言えずにいるのではないでしょうか?

「嫌だなぁ」と思うところがあってもガマンしたり、言わなくてもわかってくれるのではと暗に期待していたり。

「言うほどのことじゃないし」と自分を誤魔化して過ごしていると、知らずのうちにそれが溜まって「不満」という爆弾に変わってしまうことがあります。

そして彼がちょっとイヤな行動をとると、その不満が爆発し「うざい」「きもい」という感情が出るのです。

もしかすると、普段からちょっとした不満を吐き出して「ねぇ私ソレ嫌い」「イヤだから直して」そう言えていたら、爆弾に変わることはなかったのかも。

言われた彼も「そぉ?ゴメンゴメン」とあっさり直してくれる程度のことだったかも知れませんよ。

3.彼の優しさに甘えて傲慢になっていないか

人間、傲慢になると他人のちょっとした態度にも不平不満を持つようになります。

あなたは彼氏に対して傲慢になっているということはありませんか?

彼が優しくてなんでも許してくれるから、ちょっと気が大きくなっているとか。彼がワガママを聞いてくれるから、つい自己中心に考えてしまっているとか。

自分を女王様のように思っていると、相手に対して思いやりが持てなくなります。

その結果、相手の小さな欠点にも「うざい」「きもい」なんて思ってしまうのです。

彼の優しさに甘えて、自分がつけあがった態度になってしまっていないか、自分自身をよく省みてみましょう。


スポンサーリンク

4.彼の愛情不足への反動ではないか

あなたは彼氏に対して愛情不足と感じている状態なのではないでしょうか。

「忙しくて会ってくれない」とか「誕生日なのに放っておかれた」とか。

そういう不満が別にあるから、その反動で彼に対して攻撃的な気持ちになっているのでは?

たとえば、忙しさを理由に私の誕生日は会えなかったのに「あ、来週俺の誕生日だ!」とか「休み取れたから明日は友達と遊び行く」とか言われたら「うざ!知るか!」なんて思いますよね。

要するに、彼の事が好きだからこそ「求めるキモチ」があって、でもそれが満たされていないから反動で「うざい」「きもい」なんて悪態をつきたくなるのでは。

ならば、悪態をつく前に「じゃ、ちょっとくらい私と会う時間も作ってよ」と素直に口にしてみましょう。

彼は「わかってるよ、ごめんてば!」そう言って抱きしめてくれるかも知れませんよ。

5.ただ別れる勇気がないだけではないか

もう既にあなたの気持ちが冷めてしまっている可能性がありますよね。

「うざい」「きもい」なんて悪態を付くのは、ただ別れる勇気がなくてズルズル付き合ってしまっているからではないですか?

そんなに彼氏を疎く思うのであれば、さっさと別れてしまえばいいだけのことです。

なのに愛せないような男性と繋がっているのは、ただ「独りになるのが怖い」という身勝手な理由からではありませんか?

愛情や尊敬を注げないような男性に悪態をついてまで一緒にいようとするのは、ただの執着であり彼にも失礼です。

さっさと手放してあげた方がお互いのためかも知れません。

おわりに

いかがでしたか?

「うざい」「きもい」というコトバはつい軽い気持ちで使ってしまいますが、よく考えたらヒドイ言葉ですよね。

愛すべき彼氏に対してまでそう思ってしまうのは、自分の心がすさんでいる証拠かも。

心に余裕がないからそんなコトバが出てきてしまうのだとしたら、その原因を自分でよく考えてみましょう。

彼氏というのは大好きで尊敬できる存在でいて欲しいですからね。

(ライター/)

スポンサーリンク



sukidakedowakaretahougaii
「好きだけど別れた方がいい」のはどんな時?うまくいかない関係6つ

「好きだけど別れた方がいい」という場合があります。そう、彼のことが大好きでたまら …

kareshi turiawanai huan
彼氏と釣り合わないのが不安!女として自信を持つ方法6つ

意中の男性とついに恋愛関係に発展!恋愛が成就してハッピーエンドと言いたいところで …

dousei-wakare-genin
こんなハズじゃなかった…カップルが同棲して別れる原因6つ!

大好きな相手と毎日一緒に暮らせる夢のように幸せな「同棲」。しかし、同棲を経て結婚 …

sshizenshoumetu-shinri
自然消滅したがる心理とは?音信不通になる男の本音6つ!

「彼から最近連絡がない…」「もしかして、自然消滅しようとしてる!?」なんて不安に …

kareshi-jikka-aisatsu
彼氏の実家の挨拶はこれで好印象!絶対押さえたいマナー5つ

大切な彼氏の実家へ挨拶に行く時・・・絶対失敗できないと思うと緊張してしまいますよ …