『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

告白を断る理由!相手を傷つけないための上手な振り方5つ!

kokuhaku kotowaruriyuu

告白を断るとき、あなたはどんな理由でお断りしますか?恋愛対象として好きではなくても、人としてとても大切な存在だった場合、相手を傷つけてしまうことは避けたいですよね。

振った後、今までの関係が壊れて気まずくなってしまうこともあり得るわけですから、言葉選びには慎重になるべき。かといって、期待を持たせるようなことを言うのも無責任。

今回は告白を断る理由、相手を傷つけないための上手な振り方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.他に好きな人がいる

相手を傷つけないように断ろうとするとやんわりと言葉を濁してしまいがちですが、期待を持たせるような振り方をすることが一番、結果的に相手を傷つけることになります。

そのため告白を断る際ははっきりと断る必要がありますし、できるだけ傷つけないためには相当の言い訳を用意しておくべき。

理由としては相手に否があるからではなく、あくまで自分自身の問題にしておくほうが相手を傷つけにくいです。

「他に好きな人がいる」と言われれば、相手も「それなら仕方がない」と納得してくれるだろうし、自分に否があったわけではないという事実にいくらかは救われるはず。

2.今の関係を大切にしたい

人としてとても尊敬していて大切に思っていても、恋愛対象として好きになれるかと言われると、それとこれとは話が別ですよね。

相手のことを恋愛対象としてみることができない場合は、少し言い回しを変えて「今の関係を大切にしたい」と主張するようにしましょう。

これまで築いてきた関係性も、恋愛感情が絡んでくるとそのまま続けていくことは困難です。告白を断る勇気を出せず一度試しに付き合ってみたとしても、やはり無理だと感じた場合、何もなかったかのように友達同士に戻ることは余計に難しくなります。

告白を断る際には、「今の関係を壊したくないからあなたとは付き合えない」ということを理由として述べると、相手も「ちゃんと考えてくれたんだな」「嫌われてるわけではないみたい」などと、いくらか受け入れやすくなるはず。少しは相手の傷が浅く済むかも。

3.◯◯に集中したい

「今は◯◯に集中したい」というのは、「今あなたと付き合えない理由はあくまで自分自身の問題ですよ」ということを遠巻きに感じさせるような振り方なので、直接的にあまり相手にダメージを与えずに済む言い訳になります。

それに相手はあなたのことが好きで告白してきたのだから、好きな人の邪魔になるようなことは避けようと考えてくれるはず

たとえば告白を断る理由として「毎日忙しく、恋愛する余裕がない」「仕事が大変な時期だから集中したい」などと言われると、食い下がるにも食い下がれませんよね。

なるべく相手を傷つけないように断りたいのなら、恋愛以外のことを引き合いに出して断ることが、スムーズで賢い振り方のひとつです。


スポンサーリンク

4.前の恋を引きずっている

過去にトラウマがあったり、前の彼氏がどうしても忘れられなかったり…そういったいかにもありがちな言い訳は、現実味があるため受け入れられやすいです。

前述したように、「付き合えないのは相手のせいではなく自分に問題がある」というのを前面に押し出せる断り方なので、あまり相手にダメージを与えずに断ることができるかも。

ですが過去の傷はいつか癒えるもの。「時間が経てば付き合えるかも?」と相手に期待を持たせてしまう可能性があるので要注意。

「前の恋を引きずっている」という理由で断る際には、「だから今は付き合えない」「今はまだ前の人が好きなんだ」などと「今」を強調した断り方は避けるようにしましょう。

5.あなたとは付き合えない

勇気を出してした告白を断られるわけですから、相手を少しも傷つけない方法は残念ながらないに等しいでしょう。ですができるだけ傷つけないように振りたいのであればやはり、望みがないのならないときっぱり告げることが大切

傷つけたくないからと、「あなたのことは好きだけど、」「今は付き合えないけど、」といったような前置きをして断るのは、相手に期待を持たせてしまい、結果的にもっと傷つけてしまうことに。

相手の立場に立って考えてみると、曖昧な断り方で下手に希望を持たせられる方が辛いということがよくわかるはず。

自分の中でNoという決断が出ているのであれば、それを伝えてあげることが一番の優しさ。告白を断る際には「あなたとは付き合えない」ときっぱり断って、相手を早く前進させてあげましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか…?今回は、相手を傷つけないための告白を断る理由を5つご紹介しました。

告白に踏み切るにはとても勇気がいったはず。曖昧に期待を持たせて結局付き合わないといったような、その勇気を踏みにじるような振り方は避けましょう。

まずは告白してくれたことに対する「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えるところから。そしてそのあとはきっぱりと断って、望みがないのならないと、はっきりさせてあげることが優しさかも。

(ライター/)

スポンサーリンク



kokuhaku-henji-kangaesasete
「考えさせて」の言葉の裏は?告白の返事を保留にする男性の心理5つ

せっかく勇気を持って告白したのに、もし男性の返事が「考えさせて」だったとしたら・ …

kokuhaku-denwa-chokusetsu
告白するなら電話?直接言う?彼に気持ちを伝える時の心得6つ

片思い中の大好きな彼・・・告白するなら電話がいいのか、直接言ったほうがいいのか、 …

dousei-kokuhakusareta
どうしよう!?同性に告白された!女のあなたが取るべき反応5つ!

思いもよらず告白を受けてしまった・・・、それも相手は私と同じ「女の子」・・・! …

kareshigairunonikokuhakusareta
彼氏がいるのに告白されたらどうすべき?みんなの対応ポイント6つ!

「彼氏がいるのに告白された!」「どうしよう、どっちを選べばいいの?」なんてお悩み …

kokuhaku-shippai-sonogo
諦めない!「告白に失敗したその後」彼を振り向かせる心得6つ!

告白して失敗したけど、どうしても諦められない…辛いですよね。それなら、彼を振り向 …