『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

婚活で30代女性がおさえておきたい!成功のための意識改革7つ!

konkatu-30dai-josei

婚活に参加する30代女性の声で多いのが、「なかなか条件にあう男性がいない!」「周りはどんどん結婚してるから、自分も焦っちゃう…」という嘆き。

ここでは、婚活中の30代女性を成功に導く意識改革7つをご紹介します。思い当たる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1.30代女性ならではの武器を磨く

一般に婚活で30代女性がなかなか決まらないのは、男性側との需要のミスマッチにあると言われています。

男性は30代でも40代になっても、30代よりは20代と、若い女性を選びたがる生き物なんです。だからといって、若い子に張り合って若作りなメイクをしたり、無理に流行についていこうとするのは逆効果です。

あなたにあって、20代の女性にはないものを武器に磨きましょう。それは、豊富な社会経験、教養、人生経験を経て身についた懐の深さ、大人の女性らしい包容力です。

「この人といっしょに居ると背伸びしなくていいな」「自分の足りない部分を補ってくれる」というのは、結婚相手に求める重要な要素ですよね。男性にそう感じてもらえるよう、30代女性ならではの長所を磨きましょう。

2.仕事や現状からの「逃げ」に結婚を使わない

30代女性が婚活に走る理由の中には、「今の仕事をやめて専業主婦になりたい」、「自分の現状を結婚で変えたい」という声もちらほら。

もしこの意識で相手の男性と接しているのであれば、それは言動に出てしまいますから改めたほうがよいですね。

「仕事をしたくないから」「男性に養ってもらいたいから」という気持ちで望む姿勢は相手に伝わります。もしあなたが男性だとして、家計がピンチの時にも「働きたくない」という女性とずっと生活をともにしたいと思いますか?

さらに、仕事や現実からの「逃げ」として結婚してハッピーになれるかというと、そうではありません。結婚には結婚の乗り越えるべき問題があります。現実逃避のための結婚ではなく、いっしょに幸せになるための「結婚」を目指したいものですね。

3.自分のペースや価値観で結婚時期を決める

30代女性が婚活をスタートする理由として多いのが、「周りの友人がみんな既婚になったから」「親に結婚しろと言われたから」という声です。

確かに30代も半ばになると配偶者のいる友人の割合も増えてくるでしょう。でも、いつどんなタイミングで良縁と巡りあうか、自分にあった男性と結婚するかは人それぞれ。婚活はその出逢いの確率を多くするツールです。

「みんなが結婚したから私も結婚しなくちゃ」「親がうるさいから結婚しなくちゃ」と結婚を焦って、相手をしっかり見ずに結婚すると、あとあと長続きしないことも。

「急がばまわれ」ということわざもありますね。自分が男性に求めるものはなんなのか、自分が一番大切にしたいものはなんなのか、まずはあなたの価値観とペースをしっかり再確認してから、婚活に臨みましょう。


スポンサーリンク

4.相手に求める条件を3つにしぼる

婚活をする30代女性の男性に求める条件は、「普通の人」だったりします。これは一見高望みをしないようでいて、一番ハードルが高い条件。なぜなら、「普通」の男性なんてほとんどいないからです。

あなたの考える「普通の男性」とは何でしょうか?顔はイケメン俳優に似ていて、年収は600万以上で、車をもっていて、優しくて、家事もできて…。そんな男性が30代を過ぎても未婚で残っているでしょうか?

30代女性は人生経験が豊富なだけに、結婚相手に求める条件も知らず知らず上がっていることも多いのです。まずは相手に求める条件をザーッとリストに書き出し、それから「ここだけは譲れない!」という3、4つにしぼりましょう。

結婚相手に求めるハードルを厳選し、それを手帳に書くなどして「視える化」すれば、あなたの結婚対象はかなり広がります。周りへの態度も寛容になって、自然と出逢いも増えるかも?

5.「相手に何をしてあげられるか」を考える

婚活に励む30代女性が罠に陥りがちなのが、「相手が自分に何をしてくれるか」というスペックばかりを求め過ぎになるということ。

たしかに30代を過ぎると、愛や恋よりも資産や収入など現実的な手持ちのカードに目がいきやすくなるでしょう。その流れで相手に優しさ寛容さを求めてしまう気持ちもわかります。

でも、結婚生活は「ギブ&テイク」で成り立ちます。どちらか一方が与えてばかりの関係はいずれ破綻します。

末永く続けられる結婚生活と、それが実現できるパートナーを探したいなら、まずはあなたが「相手に何をしてあげられるか」を考えて動きましょう。

また、相手の男性に対しても、「テイク」ばかりでなく「ギブ」ができる人かどうか見極めると、うまくいきますよ。

6.チャンスは自分から掴みにいく

婚活をしている30代女性の方に覚えていてほしいのは、「婚活は恋を待つ場所ではない」ということです。

20代までの恋愛なら、自然な場所で相手から声をかけられるのをまったり、メールでじらしたりと小悪魔的なテクニックも許されたでしょう。

けれど、出逢いの確率が少なくなった今のあなたは、待ったりじらしたりの小悪魔テクニックを使っている暇はないはず。そんなことをしていたら同じく婚活をしている同性にいい人をさらわれてしまいます。

もし少しでも「いいな」と思う人がいたら、恥ずかしがらず自分から積極的に連絡先を交換したり、食事に誘ったりしてみましょう。チャンスは自分から掴みに行くポジティブ姿勢が、末永い良縁を引き寄せるコツです。

7.「絶対失敗したくない」と意気込みすぎない

婚活をしていて、「絶対失敗したくない」「離婚したくないからじっくり見定めたい」と構えすぎてしまってはいませんか?

女性も30代を過ぎると、離婚などの失敗を恐れるあまり相手に一歩近づくのに臆病になってしまったり、結婚まで進むかどうか身長になってお誘いを断ってしまったりすることもしばしば。

でも、周りを見回してみてください。恋愛結婚でも離婚するのは珍しくない時代です。

「絶対失敗しない結婚」というものはありません。また婚活中だからといって、結婚につながらないお付き合いをしてはいけないというわけでもありません。

お付き合いの中で「こんな人と結婚したいな」というパートナー像を形作ることも必要ですし、「この人となら失敗してもいいかな」と思って結婚するくらいが案外うまくいくものです。肩の力を抜いて婚活に臨んでみてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?婚活をしている30代女性のための意識改革7つをご紹介しました。思い込みや先入観を捨て、あなたらしさを磨けば素敵な出逢いはあちらからやってきますよ!

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

SNSで出会うのはアリ?「真面目な恋をしたい」女子の心得え6つ

SNSで男女が出会うなんて、今どきめずらしくもなんともありません。そう、望みさえ …

今までの私とはさよなら!奥手女子が恋愛上手になる方法4つ!

「好きな人ができてもどうしてもうまく話せない・・・」と恋愛に対して臆病な女子って …

運命の人に出会う方法!「この人!」と思う相手を引き寄せる法則5つ

運命の人ってどこにいるのでしょう。まだ出会っていない?それとも、すでに近くにいる …

アラサーの婚活の現実は厳しい!理想とは違ったリアルな現状6つ!

世間では「アラサーで独身」=「売れ残り」という不名誉な印象を持たれることが多くな …

これじゃ一生独身かも?結婚がますます遠のく人の特徴と対策6つ!

彼氏いない歴が長い、意外に一人でも行動できるし楽しい、そんなあなたはもしかしたら …