『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

初心者さんは必見!メイクの基本のやり方7ステップ!

画像

メイクは女子にとって身だしなみの一部であり、大切なものですよね。メイク次第でイメージも変わりますし、様々なシーンに合わせたメイクができるのも女性としての嗜みの一つといっても過言ではありません。

でもメイクのやり方がわからない。メイクの基本的なやり方ってどんな感じ?そんな基本的なやり方に悩んでいる初心者さんは必見です!今回はメイクの基本的なやり方をご紹介します。今までメイクに自信がなかった人はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1.日焼け止め・下地

一番最初にするのは化粧下地です。もしも日焼け止めを使用する場合は化粧下地の前に使用しましょう。化粧下地を使用することで化粧崩れを防ぐとともに、ファンデーションのノリをよくしてナチュラルに仕上げることができます。

化粧下地はクリーム状なのでそれを指先に取り、額・両頬・顎・鼻にのせます。その後指先やスポンジで均等に伸ばします。下地をしたあとに肌を触ると潤い感が出ることがわかると思います。これが化粧崩れ防止の鍵になります。

もしも余力がある場合は、化粧下地を使用する前にデイリーケアとは別に化粧水で肌を潤すことで化粧下地の効果を高めることができます。乾燥が気になる箇所にはぜひ試してみてください。

2.ファンデーション

下地を塗り終わったら次はファンデーションです。ファンデーションには大きく分けて3種類あります。パウダータイプ、クリームタイプ、リキッドタイプの3種類です。

マットでしっかりと仕上げたい人はパウダー、軽いノリでナチュラルに仕上げたい人はリキッドタイプがオススメです。クリームタイプはちょうどパウダーとリキッドの間くらいの効果があり、初心者さんでも比較的使用しやすいタイプになっています。

ファンデーションは顔の面積の箇所から順番にのせていくのが基本です。下地をのせた5箇所にファンデーションをのせスポンジで均等に伸ばしましょう。この時あまりたくさんファンデーションを塗り過ぎると化粧崩れの原因になるので要注意です。

3.フェイスパウダー

ファンデーションができたらその上からフェイスパウダーをのせます。フェイスパウダーの働きは、ファンデーションと肌の密着度を高めると同時に、汗や皮脂を吸収しファンデーションが脂浮きをするのを防ぐことです。

よく夕方になると小鼻がテカってしまうことがありますよね。あれは小鼻の皮脂が出過ぎたことでおきますが、そういったことを防ぐのがフェースパウダーの役目です。

またフェイスパウダーをのでることでハイライト効果もあり、顔全体の透明感を出してくれます。こういった意味でもフェイスパウダーはぜひ使用しましょう。

やり方は簡単です。パフにとったフェイスパウダーを顔全体にのせるだけです。皮脂の多いTゾーンは特に丁寧にのせましょう。


スポンサーリンク

4.アイシャドウ

ベースメイクが完了したらアイメイクに入ります。一番最初にするのはアイシャドウです。アイシャドウはご自身のお好みのカラーを使用しましょう。初心者さんはブラウン系の4色程度のパレットがオススメです。

まず眉下までの範囲に一番明るいカラーをのせます。ここでラメ感のあるものを使用すると目元にツヤ感と明るさが出て女性らしく仕上がります。

その後アイホール全体に2番目に明るい色をのせます。アイホールとは眼球がある骨の穴の部分(眼窩部)になります。目を閉じて盛り上がっている箇所になるので鏡を見ながら確認しましょう。

その次に濃い色を二重ラインに入れます。一重の人や奥二重の人はまつげの際から3mm程度が目安になります。そして最後にまつげの生え際に一番濃いカラーをのせます。このカラーの長さや幅で目元の演出も変わるので好みを見つけましょう。

5.アイライン

アイシャドウが完了したらアイラインです。アイラインはまつ毛の際に引くのがポイントです。様々なアレンジがありますが初心者さんはまず基本的なやり方であるまつ毛の際に引くことをマスターしましょう。

リキッドタイプはよりはっきりとした目元になりますが、なれないうちは基本ペンシルタイプを使用しましょう。鏡を下から覗きまつ毛の生え際にアイラインを入れていくと引きやすいです。

やり方のポイントは、無理に一筆書きにしようとせず細かく引いていくことです。下まぶたにアイラインを入れる場合は目尻から3mm程度、粘膜に入れるのが基本です。長く入れすぎるとギャルメイクになってしまいます。

アイラインを入れたら綿棒やアイシャドウでぼかすのも忘れずにしましょう。やり方は入れたアイラインの上を綿棒などでなぞるだけです。

6.マスカラ

マスカラをすることでさらにハッキリとした目元にすることができます。まずビューラーでまつ毛を根元からしっかりと持ち上げましょう。この時にまつ毛を無理に引っ張るとダメージになり抜けたり、切れたりしてしまうので気をつけてください。

まつ毛をあげたらマスカラを塗っていきます。ブラシをまつ毛に対してジグザグにこすりつけて塗ることでマスカラ液をたっぷりと付けることができますよ。

基本的にマスカラは一度塗でも大丈夫ですが、ボリュームなどが物足りない人は二度塗りするのがオススメです。二度目に塗るマスカラは一度目とタイプを変えるというやり方もオススメです。

やり方になれない人はドラッグストアなどに売っているマスカラガードを使用するのがオススメです。これはまつげ以外の部分にマスカラがつくのを防いでくれる便利アイテムです。

7.眉・チーク・リップメイク

眉とチークとリップを入れれば完成です。眉は顔全体の印象にとって大切なパーツになるので面倒だからといって描かないということはやめましょう。初心者さんはパウダータイプが使いやすくてオススメです。

チークのやり方で悩む人も多いかと思いますが、チークは基本的に頬骨のあたりに入れましょう。丸く入れることでふんわりとした印象に、横に流すように入れることでシャープな仕上がりになります。

リップメイクに関しては苦手な人は無理しなくても大丈夫です。最近では濃い目の赤色が流行っています。ナチュラルに仕上げたい場合はピンクベージュやオレンジ系がオススメです。リップとチークの色を統一するとまとまりが出て上品に仕上がります。

 おわりに

いかがですか?メイクの基本のやり方をマスターすれば自己流のアレンジも自由自在です。今まで基本のやり方に自信がなかった人は、まずは基本のステップをしっかりと覚えましょう。

それから使用する色や、アイテムの幅を少しずつ増やすことでオリジナルのメイクができるようになります。女性の嗜みとしても大切なことなのでしっかりと身につけて女子力アップを目指しましょう。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

一重美人になれるメイク術!魅力ある目元をつくるコツ6つ!

一重まぶたがコンプレックスだけどプチ整形にはちょっと抵抗がある。そんなあなたのた …

彼氏が家に来る!料理で惚れ直させるための失敗しないレシピ7選

大好きな彼氏とはデートを重ねて、まさに絶好調な関係!これからも、もっともっと愛さ …

今の旬顔!猫目メイクの魅力を活かすやり方!簡単5ステップ!

タレ目が「可愛い系」であるのに対して「美人系」という印象が強いのが猫目です。人気 …

判明!やっぱり男性は大きい胸が好き!小さい胸の卒業方法は?

「男性ってやっぱり大きい胸が好きなのかな?」 私の胸は小さい・・・。もっと大きか …

ズボラ女子を改善したい!女子力アップさせるためにすべき事7つ!

職場でもきちんとしていて、自宅でもオシャレな女性を見ると、なんだか毎日キラキラと …