『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

元カノに嫉妬!劣等感を抱いて不安にならない考え方5つ

motokano sixtuto rextutoukan

片思い中は好きな人と付き合うことにゴールを定めがちですが、想いが成就し交際が始まってからが本当のスタート。彼女になってからの方が、不安要素がたくさん出てきてしまいますよね。

なかでも、ふとした時にちらつく彼の過去の恋愛遍歴が気になったり、別れた元カノに嫉妬したり…過去にまつわるいざこざやモヤモヤは尽きません。

今回は元カノに嫉妬してしまう時の、劣等感を抱いて不安にならない考え方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.彼に選ばれたのは私

元カノに嫉妬して、劣等感を抱いてしまう時におすすめの考え方はずばり、「彼に選ばれたのは私だ」と自信を持つこと。

過去に付き合っていたといっても、別れて今はあなたと付き合っているということは、その元カノと彼とは実質うまくいかなかったということですよね。その時点で全く気にすることはありません。

どうしても元カノの存在が気になったり、劣等感を抱いて悶々としてしまうのであれば、彼に直接自分を選んだ理由を聞いてみることもおすすめ。

彼の口から、彼の言葉であなたが選ばれたという事実とその理由を聞ければ、自分に自信を取り戻せるはず。自然と、過去に嫉妬することもなくなります。

2.過去は誰にでもある

元カノに嫉妬して劣等感を抱かないためには、「過去は誰にでもある」と考えることもおすすめです。

実際に、あなたにも過去に愛した人や、過去の恋人との思い出が少なからずあるはず。元恋人にたまに会いたくなったり、思い出してしまったりすることもありますよね。

誰にでも過去はある、そんな風に考えて寛大な心で好きな人の過去も受け入れるようにすると、変に勘ぐったり、元カノを意識して勝とうとしたりするよりも穏やかな気持ちで恋愛を続けることができます。

考え方によっては、過去の出来事や過去のいろいろな出会いがあってこその彼です。むしろ今の彼を作ってくれた過去に感謝するくらいの、心の広さを持ちましょう。

3.比較するだけ無駄

元カノに嫉妬して、劣等感を抱かないようにするには、「比較するだけ無駄」と考えるようにしましょう。

当たり前のことですが、ひとりひとり、人はみんな違うので、それぞれの個性があって当たり前です。彼の好みやタイプはあるかもしれませんが、いくら似ていても、似ていなくても、あなたと元カノは別人。比較するだけ無駄なのです。

元カノと過ごした時間が長くて嫉妬するなら、あなたがもっと長く続くように努力すればいいし、容姿の良さ等に劣等感を覚えても、自分が気づいていないだけでそれに勝る、あなたの方が優れている長所が必ずあります。

人はみんな違うので過去の恋人の、自分より優れている部分ばかり見つけて劣等感を抱き、落ち込んでいてはその時間が勿体無いですよね。

彼はあなたを選んだのだから、過去と比較することに頭や時間を使うより、切り替えて今やこれからのことを考えましょう。


スポンサーリンク

4.これからいくらでも思い出を塗り替えられる

彼の過去の恋愛遍歴に嫉妬したり、劣等感を抱いてしまうときには、「これからいくらでも思い出を塗り替えられる」と考えるようにしましょう。

冷静に考えてみればあなたの嫉妬している元カノは彼の過去、あなたは彼の今です。あなたは彼との楽しい未来を想像することができるし、実際にそれを叶えることも、約束もできる。これからいくらでも時間をかけて過去の思い出を塗り替えていくことができます。

今、彼と付き合っているということは、過去の彼女たちにはもうない可能性をあなたが今持っているということ。前向きに考えて、過去に縛られずに楽しい日々を過ごすべきです。

5.それだけ彼が好きだということ

彼の過去が気になったり、付き合っていた人に劣等感を抱いて嫉妬するのは、彼のことが好きだからこそ。あなたが本気で恋愛しているという証です。

「私は過ぎた過去に嫉妬してしまうくらい彼のことが本当に好きなんだな」と自分の気持ちを認めてあげるような考え方をすると、過去を気にして悶々としてしまうのも仕方がないなと思えてくるはず。

嫉妬や劣等感を生むほど真剣に人を好きになることも、そんな風に好きになれる相手と出会うこともそうそうない話。

「こんなに好きな人と出会えて幸せ」「こんなに幸せだからこそ、不安になることもそりゃあるよね」などと気楽に考えて、今の関係性を大切にしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか…?今回は、元カノに嫉妬してしまう時の、劣等感を抱いて不安にならない考え方を5つご紹介しました。

彼の過去が気になってしまうのは、彼のことが本当に好きだからこそ。自分が本気で恋愛できているんだなということにまず、誇りを持っていいはず。

そして、「彼に選ばれたのは私」「彼の今の彼女は私」という考え方を忘れずに、自分自身に自信を持つことも大切。過去の恋人と自分を比べて落ち込むより、せっかく付き合っているのなら彼との楽しい今や、未来のことを考えましょう。

(ライター/)

スポンサーリンク



shigotogaisogashiikareshi
会えない時こそ要注意!仕事が忙しい彼氏との恋愛方法5選!

彼氏となかなか会えない寂しい日々が続いていますか?仕事が忙しい彼氏と付き合う時は …

wakarebanasi-kiridasikata
後味最悪…絶対やっちゃいけない別れ話の切り出し方とは?

元彼との気まずさや未練、新しい恋に前向きになれないもやもやとした気持ち。原因は、 …

kareshi-freeter-kekkon
結婚しても大丈夫?フリーターの彼氏との将来考えたいこと6つ

結婚したいくらい好きな彼氏!でもフリーターでも大丈夫・・・?将来のことを考えると …

ketinakaresi-kaeru
ケチな彼氏を変える!ガチガチなお財布の紐をゆるめさせる方法7つ

デートの会計は1円単位で割り勘、食事といえば安いチェーン店やファミレスばかり、ク …

hayakukekkonshitai-kareshi
早く結婚したいのに!彼氏がプロポーズしてくれない時にやること5つ

友達から幸せな報告を受けるたびに、私も早く結婚したいのに彼氏は一向にプロポーズし …