『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

今の旬顔!猫目メイクの魅力を活かすやり方!簡単5ステップ!

猫目

タレ目が「可愛い系」であるのに対して「美人系」という印象が強いのが猫目です。人気の女優さんやモデルさんにも猫目美人は多く、最近では雑誌でもなにかと話題の猫目女子。

確かに猫目は目ヂカラがあり、キリッとした印象で男女ともにウケのいいメイクでもあります。今日はそんな猫目に簡単になれるメイクのやり方をご紹介します。このメイクを極めてイイ女度を上げてみましょう。

スポンサーリンク

1.アイシャドウはハッキリとしたカラーを使う

ファンデーションなどベースをし終えたらアイシャドウをしましょう。アイシャドウにいろいろな種類がありますが、オススメなのはハッキリとしたカラー配色のパレットです。

猫目メイクでは目元をはっきりさせて目ヂカラを強調させるのがポイントなのでアイシャドウも淡いカラーよりもハッキリとした色の方が適しています。ちなみに筆者の手持ちだとこんなパレットになります。

image1 (2)_logo

どのパレットも締めのカラーが濃い目で目元にのせたときにはっきりとした印象にしてくれます。今回使用したのは左から2つ目のアイシャドウです。ピンク色を涙袋にのせることでハッキリとした中にも可愛らしさを取り入れることができます。

やり方はいたって簡単です。いつもどおり明るい色から順にまぶたにのせていきます。このとき締めのカラーの入れ方が少しポイントになるので詳細は次のステップで説明します。

image1_logo

2.締めのカラーの入れ方がポイント

まず最初のポイントはアイシャドウの締めのカラーです。締めのカラーは普段二重ラインに沿って入れていると思います。

猫目メイクにする場合はこの締めのカラーのやり方にひと工夫します。ひと工夫とは言ってもやり方はとても簡単です!締めのカラーを入れるときに目尻の方をはね上げるように入れるだけです。image2_logo

こうすることでキャッツアイ特有のちょっとつり目がかったイイ女感を演出できます。あまり角度をつけすぎるときつくなってしまうので、目尻からこめかみに向けて緩いカーブを描くようなイメージで入れましょう。

このあとアイラインでも目尻を調整するので、この段階ではっきりとした感じにならなくても大丈夫です。下まぶたに入れる締めのカラーはまぶたの形に沿って入れればOK。ここで角度を入れてしまうと必要以上にきつくなるので気をつけましょう。

3.リキッドアイラインはまつ毛の際に入れる

いつもは先にペンシルアイラインを使いますが、今回はリキッドアイラインを先に使用します。まつ毛の際に入れることでナチュラルな感じにすることができます。ここであまり太目にアイラインを入れてしまうとギャルっぽい感じになるので細めにしましょう。image3_logo

また目尻の方はアイシャドウのやり方と同じように少し角度をつけることがポイントです。角度のつけ方に自信のない人は画像のように指でまぶたを少し引っ張るように押さえて、それに合わせてアイラインを引くと簡単です。

下まぶたのアイラインもアイシャドウと同様に、角度をつけすぎないように気をつけましょう。アイラインを引き終わったら鏡でバランスを確認して、必要に応じて綿棒等で修正してみましょう。

普段アイアラインを綿棒でぼかす人も、うまく細めに引けた場合にはぼかさずそのままにしてみましょう。その方がより猫目っぽくなります。


スポンサーリンク

4.ペンシルアイラインの使い方にひと工夫

さて、お次はペンシルアイラインの使い方です。このペンシルアイラインのやり方が今回簡単に猫目を作る最大のポイントになります。

普段はリキッドアイラインの前の段階でまつ毛の隙間を埋めるように入れるペンシルアイラインですが、今回は使い方が少し異なります。今回はペンシルアイラインを全体に使わず、image1 (1)_logo

画像のように、目尻から1cmほど二重ラインに沿ってペンシルアイラインを入れます。こうすることで目ヂカラがぐっと強くなります。

二重ラインに沿って入れたペンシルアイラインは、はね上げるように入れたリキッドアイラインと合流するくらいの長さに伸ばします。この時2本のアイラインが上手く合流しない場合は、リキッドアイラインを引きなおすなどして少し調整してみましょう。

5.目尻を意識してマスカラを塗る

最後はまつ毛です。アイメイクのやり方に合わせてまつ毛も調整できるとメイクの幅はぐっと広がります。やり方を変えるといってもやり方はとても簡単で、まつ毛のカーブやマスカラの量を調整するだけなんです。

今回は目元をパッチリとさせたいので、できるだけまつ毛のカールをしっかり目につけましょう。ホットビューラーがあればそれを使うことでカルー力がアップします。またマスカラ下地をつけるのもオススメです。

マスカラ下地はマスカラを重ね塗りすることでまつげが重くなりヘタり易くなるのを防いでくれます。目元をしっかりとさせていときは特に目尻のまつ毛を意識しましょう。カールする段階でしっかりと目尻のまつ毛を上げるのがポイントです。

そしてマスカラを塗るときは、目尻の方にいつもより多めにマスカラを使用します。マスカラの先っぽを使うことで目尻の細かいまつ毛までしっかりとマスカラを塗ることができます。目尻のまつ毛が少ない人は目尻だけ付けまつ毛をするのもオススメです。

これで完成!

image3 (1)_logo

image2 (1)_logo

 

おわりに

いかがですか?もとから猫目の人も、そうでない人もメイクのやり方を工夫すれば簡単に猫目を作ることができます。魅惑的なキャッツアイでイイ女度もぐっと上がりますよね。

今日ご紹介した簡単なポイントをおさえて憧れの猫目メイクをしてみてくださいね。使用するコスメアイテムを変えることで、印象も変わるので様々なメイクを簡単に楽しむことができます。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

あなたは大丈夫!?「非モテ女子」のファッションあるある5つ!

自分なりに努力して、お洒落に気を使っているのに何故かモテない…という人は、もしか …

彼氏が家に来る!料理で惚れ直させるための失敗しないレシピ7選

大好きな彼氏とはデートを重ねて、まさに絶好調な関係!これからも、もっともっと愛さ …

「好きな男を落とす」デート3回目で私の虜に!恋の完全必勝法6つ

知っていましたか?たいていの男女の場合、出会って3秒であなたの印象が決まり、デー …

すっぴん美人になるには?即実践!キレイな素顔を作る方法9選!

最近はお化粧品が進化して、誰でもかわいくなれる時代になってきました。でもあまり濃 …

モテ顔になるには!男ゴコロをそそる女の顔の作り方6つ!

顔つきや表情だけで、男を魅了してしまう「モテ顔」・・・!なれるものならなりたいで …