『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

なぜ?恋愛が気持ち悪い心理!好意を向けられるとイヤになる理由6つ

rennai-kimotiwarui-sinnri

人並みに恋したい気持ちはある。彼氏も欲しいし結婚もしたいと思う。

だけど、どうして?いざ男の人と2人きりになって恋愛対象として見られると、気持ち悪いと感じてしまう・・・。

「恋がしたい」と頭では思っているのに、いざ恋を目の前にすると心が拒否してしまうのはナゼなのでしょう。

今回は、好意を向けられると恋愛を気持ち悪いと思ってしまう心理を6つご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.相手のことを好きじゃない

恋愛を気持ち悪いと感じてしまう心理として、第一に考えられるのは「相手のことを好きじゃない」ということです。

「恋をすること」や「彼氏がいること」に憧れて、男性と交際すること自体を恋愛の目的にしてしまっていませんか?

始めにはまず「好き」という気持ちがあって、だから「一緒にいたい」と交際が始まるのが本来の恋のカタチです。

だけど、単に「彼氏が欲しい」という目的で男性と向き合ってしまうと、いざ相手の好意を感じた時に違和感が生じます。

自分の頭の中だけで空想していた恋と違って、目の前の男性は生々しくてそのギャップに気持ち悪くなるのです。

「恋はしたいのに…」と思うなら、それは恋に恋してるだけなのかも知れません。

2.相手に「男」の魅力を感じていない

いい人だと思って付き合い始めたのに、いざ彼の好意を感じると気持ち悪いと感じてしまう…という場合もあるでしょう。

その場合、恋愛が気持ち悪いという心理の裏には「彼をオスとして受け入れたくない」あなたがいるのかも知れません。

相手の男性はいい人だけど恋愛対象ではなかったということです。

人として尊敬すべき対象であるということと、オスとして魅力的であるということは別物ですよね。

いくら相手が人格的に素晴らしい人であっても「キスできるか」どうかはまったく次元の違うハナシです。

「彼を人間的に好き」なのを勘違いして恋の相手として付き合ってしまうと、相手に好意を向けられた時に「気持ち悪い」という心理に陥る可能性があります。

3.自分のことが嫌い

相手に好意を向けられた時に「恋愛が気持ち悪い」と感じるなら、そこには自分のことが嫌いという心理が隠れている場合もあります。

自分で自分のことを嫌いだから「なんでこんな私なんかを好きなのか理解できない」と相手の感覚に違和感を持ってしまうのです。

そしてそれは「この人いったい私の何を見てるの」という相手への嫌悪に変わります。「私を好きだなんて、この人バカなんじゃない?」ってカンジです。

こんな心理が働いてしまうのは、「今の自分は理想の自分でない」という意識があなたの中にあるのでしょう。

あなたには充分魅力があって相手はそこに惚れ込んでいるのに、あなた自身がその魅力に気付いていないのかも知れませんね。


スポンサーリンク

4.自分を「女」と感じたくない

男性に好意を向けられるのを気持ち悪いと感じる心理の背景には、何かトラウマのようなものがある可能性があります。

恋愛を気持ち悪いと感じるのは、あなたが自分を「女」だと感じたくないという心理が働いているのかも知れません。

過去に痴漢などの性的な犯罪の被害に遭ったとか、男性に性的な目で見られることに恐怖を感じた経験があるとか・・・。

自分が女であること」によって何かしらの恐怖を感じてしまった場合、無意識に「自分を女だと感じるのが怖い」という感情が湧き上がってしまいます。

恋愛において自分を女だという目で見られると、それが過去の恐怖を思い出させてしまい「気持ち悪い」という嫌悪に変わってしまうのです。

この場合トラウマを払拭するのは容易ではありませんが、相手が理解のある男性であれば、時間をかけてゆっくり心を癒やしていくこともできるでしょう。

5.自分に踏み込まれたくない

あなたの中に、無意識に「私に興味を持たないで!」という心理が働いている可能性もあります。

恋愛を気持ち悪いと感じるのは、自分に踏み込まれたくないという思いがあなたの中にあるからではないでしょうか?

心のどこかに劣等感を感じていたり、人には知られたくない秘密や孤独を抱えていたりすると、誰かに興味を持たれること自体を拒絶したくなるのです。

「やだ、見ないで」って感じですね。

恋はしたいけれど、自分の内面をさらけ出すのは怖いのでしょう。

だけど、相手の弱さを理解できるからこそ好きになるし、情けなさやみっともなさを許すのが愛するということです。

「恋する勇気」を持つことで、恋愛を楽しめるようになるかも知れません。

6.相手を信用していない

恋愛を気持ち悪いと思ってしまうのは、基本的に相手のことを信用していないからかも知れません。

好意を向けられても「カラダ目当てなんじゃないの?」と疑ってしまっているとか。

もしくは「恋愛ごっこしてるだけでしょ?」と相手の気持ちを軽んじていたりとか。

相手の気持ちを本物だと思えていないから、その好意を気持ち悪く感じるのです。

信用できない理由はわかりませんが、相手への不信感を払拭しない限り、心を許した恋はできないでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

恋愛を気持ち悪いと感じる心理の背景をご紹介しましたが、当てはまりそうなものはありましたでしょうか。

「相手が違った」のかも知れないし「自分が心を開けていない」のかも知れません。

いずれにせよ、あなたの中に「恋したい」気持ちがあるのなら、改善の余地はいくらでもあります。

自分の気持ちをゆっくり見つめ直しましょう。そして恋を楽しめるあなたになれるといいですね。

(ライター/)

スポンサーリンク



puraidogatakaiotoko-rennai
追う?追わせる?好きなタイプは?プライドが高い男の恋愛傾向5つ!

好きになった相手のプライドが高いと、対応に困る事ってありますよね。また、時々理解 …

kamaxtutehosiiotoko-koudou
かまってほしい男の行動!男性が寂しい時に見せる素振り5パターン

何かと感情を伝えるのが下手で、恋愛に関して不器用な人っていますよね。そんな恋愛下 …

konominotaipu
好きなタイプが分からない…「自分好みの男性」を知る方法5つ

「好きなタイプってどんな人?」と聞かれた時に、あなたはちゃんと答えることが出来ま …

mudamote
無駄モテ注意!!意中の相手だけに好きになってもらう方法

無駄にモテる人っていますよね。肝心の好きな人には好きになってもらえないタイプ。「 …

hitomebore-shinri
一目惚れの心理とは!初対面からのアプローチ、乗ってもいいの?

特に付き合いがなかった男性から、急にアプローチを受けたことってありますか?一度会 …