『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

結婚と恋愛は別?最低限知っておきたい6つの相違点!

kekkonntorennai

あなたは結婚を意識してお付き合いしていますか?それとも、深く考えず気持ちのままに行動していますか?

結婚と恋愛というテーマは考え方が分かれる事が前提にありますが、事前に知っておくと役に立つ相違点を6つご紹介します。是非今後の人生プランや彼氏選びの参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.延長線上にあるものor別物

恋愛という原因があって、結婚という結果に結びつくと考える人もいれば、遊びと本気…というように別物とイメージする人もいます。ただし、全ての恋愛が必ずしも結婚へは繋がらないという点はどちらにも共通します。

結婚と恋愛をわりと近いイメージで括る人と、まったく別物と考えている人が交際をした場合、描いているビジョンに大きなズレが生じている事も多々あります。つまり、まずは自分の相手がどちらのタイプに近い考え方をしているのかを知る事が大切です。

2.生涯or瞬間

ただ恋愛をしている段階では、会っている時間が楽しければそれで何の問題もありません。瞬間的に楽しさを共有でき、仮に会いたくない時期があったとしても距離を置けば済む話です。しかし、残りの人生を一緒に過ごすパートナーを選ぶ結婚となれば、話は違います。

これからの生活を共にしていくわけですから、そう簡単にはいきません。生活の癖やリズム、食べ物の好み、金銭感覚、どんな親になりそうか…優先順位はそれぞれあるにしても、少なからず新たな条件を加えて相手をジャッジするはずです。

結婚と恋愛では相手を選ぶ際の基準が微妙に違ってくるのはこのためです。時々、好きという気持ちだけではどうにもならないという言葉を耳にしますが、このような現実的な事情が含まれているからかもしれませんね。

3.運命共同体or個人対個人

恋人関係の時は、付き合っているとはいえあくまで「自分」と「相手」という個人対個人の関係です。乱暴な言い方をすれば、極論的には彼が何をしようと、どうなろうとあなたには関係ありません。好きな相手ではあっても所詮他人。どこかに個対個という概念があるものです。

しかし、婚姻し家庭を築くとなると、離婚という決断をしない限りあなたと彼は運命共同体です。ここに結婚と恋愛の大きな違いがあります。様々な問題を一緒に乗り越えなければいけませんし、これから先幸せも悲しみも二人で共有するのです。

もちろん責任を問われる時も、倒れる時も一緒です。そう考えると、付き合う時よりも結婚の決断をする時の方が慎重になるのも納得がいきますよね。


スポンサーリンク

4.関係修復or別れる

婚姻が成立すれば、法的な権利や責任が生じます。当たり前で単純な違いだと感じるかもしれません。しかし、実際の局面に立たされた時の事を考えると、軽視はできない結婚と恋愛の相違点です。

ただの恋人関係であれば言うまでもなく、合わないと感じた時や嫌になった時は別れてしまえばそれで関係を解消できます。そして過去の人と割り切って、また新たな恋愛相手を探せば良いのです。

しかし、結婚して一度家族になってしまうとそうはいきません。別れるには定められた手続きが必要となり、もし子供がいれば養育権や金銭問題にも発展する可能性があります。さらに世間体や離婚歴にも関わり、もちろん精神的な疲労も多く伴う事は間違いありません。

この辺りが、結婚と恋愛における最もヘビーな違いと言えます。結婚においての関係解消はどうにもならなくなった場合の最終手段ですから、そういう意味では関係維持のためにより多くの努力が必要となるでしょう。

5.安定or刺激

付き合いが長くなれば、結婚と恋愛どちらにしても安心感の割合は増えていくものです。しかし、一般的に彼氏彼女の段階ではドキドキ感や刺激を求め、結婚に対しては安心感や安定を求める人が多いのではないでしょうか。

もちろん恋愛だから安心感はいらない、結婚だから刺激はいらない、というわけではありません。ただ、関係に応じて求める対象の優先度が変わってくる以上、結婚と恋愛それぞれに適した相手像にギャップが生じるのも当然かもしれません。

また女性の場合は、一定の年齢になると家庭を築くために安定や安心感をより重視します。意識的には恋愛というよりも、初めから結婚を前提として相手を探すようになる傾向が多いかもしれませんね。

6.無償の愛or見返りを求める恋

恋は下心、愛は真心という言葉を聞いたことがありませんか?実際に漢字でそう書くように、気持ちの上でも恋と愛は違うもの、という意味合いでよく使われます。結婚と恋愛を語る上でも当てはまるのではないでしょうか。

恋愛は全て下心なのかと言うとそうではありませんが、少なくとも結婚は真心がなくては成立しないでしょう。たとえ見返りがなくとも、互いに無償で愛することのできる人を選べば、きっと間違いのない選択となります。

結婚と恋愛の相違点としてお話ししましたが、もちろん籍を入れる前の状態で無償の愛を注いでくれる人もいれば、変わらず恋をし続ける素敵な夫婦も見られます。結局のところ、相手や相性によるのかもしれませんね。

おわりに

結婚と恋愛の6つの相違点をご紹介しましたが、どんな結論に至りましたか?これらの違いを踏まえて、是非あなたに合った素敵なお相手を見つけてくださいね。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

結婚相手と学歴差があるけど大丈夫?格差婚の不安を和らげる方法5つ

結婚は生涯を共にする規約であり、お互いの親族も親族関係となる誓約でもあります。多 …

お見合い結婚のメリット!意外にたくさん!お見合いのいいとこ6つ!

一昔前までは「お見合い結婚」はかなり数の多いものでしたが、徐々にその数は減ってき …

結婚は焦りで失敗する!素敵な旦那さんを見つける為の心得6カ条

周りが結婚ラッシュを迎えた20代後半のあなた!そろそろ相手を見つけないと、やばい …

結婚を焦る時って?彼氏に入籍を決意させる方法5つ!

そろそろ結婚したいのに、彼が何も言ってくれない・・・なかなか決意してくれなくて困 …

結婚相手を職業で選ぶ!狙って損ナシ!魅力的な男性の仕事5つ

結婚するのならどんな職業の男性が良いですか?職業より愛が大切!なんて言われてしま …