『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

美肌はお手入れでなれる!スキンケアの基本のやり方6ステップ!

skincare-kihon-yarikata

あなたは普段のスキンケアをどのようにしていますか?5分程度で簡単に終わしてしまう人も多いと思います。とは言っても基本的なやり方自体がよくわからないという人もいると思います。

実はスキンケアのやり方次第で美肌は手に入れることができるんです。今回はスキンケアの基本的なやり方とポイントをご紹介します。今までのスキンケアに自身がない人は、日頃のお手入れに役立てて見てくださいね。

スポンサーリンク

1.メイク落としはこすりすぎない

スキンケアというのは肌のお手入れのことですが、化粧水や乳液のやり方だけが大切なのではありません。メイク落としをしっかりと毛穴をクリアにしなければ、どんなにいい化粧水を使っていても無意味です。

まずはメイク落としをしっかりとして毛穴の汚れを落とすことを心がけましょう。とはいってもこすり過ぎはいけません。肌にとっての一番のダメージは摩擦です。メイク落としの時にゴシゴシとしすぎると肌へダメージを与えてしまいます。

それだけでなく肌に本来必要な油分まで落としてしまうので、クレンジグ剤を顔に塗ったら変にマッサージはせずに1分ほどクルクルと小さな円を書くように優しく洗いましょう。

小鼻や眉間、顎などは汚れが落ちにくいので丁寧に洗いましょう。その後水かぬるま湯でしっかりとすすぎます。ここでしっかりとすすぐことで毛穴をクリアにできます。このときもゴシゴシは厳禁です!

2.洗顔は優しく

洗顔ではメイク落としで取りきれなかった汚れを取り除きます。また洗顔することで古い角質を除去して肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促します。

洗顔のやり方がしっかりと出来ていないと肌もうまく再生できないので肌荒れの原因になります。基本的には洗顔料はなんでも大丈夫です。敏感肌の人は石鹸タイプがオススメです。

洗顔の基本の流れは次のようになります。1)洗顔料を泡立てる。2)額、頬、その他の順に洗う。3)水かぬるま湯でしっかりとすすぐ。

細かい泡ほど毛穴に入り込み汚れを落としてくれるので、出来る限り泡立てて小鼻や顎、髪の生え際などは特に丁寧に洗いましょう。泡立てネットなど100均で売っているようなものを使うと簡単に泡立てられます。

3.化粧水はしっかりと染み込ませる

化粧水はいろいろなタイプがありますが肌質に合わせて選びましょう。少しでも刺激を感じたら肌にあっていない証拠なのですぐに使用を控えてください。

化粧水を浸透させるポイントはコットンを使用することです。コットンは画像のように指で挟んで使用します。ここに適量の化粧水を浸して優しく肌をパッティングしましょう。image1 (1)_logo

顔一面を一通りパッティングしたら、目元や口元、眉間などシワになりやすい箇所を再び優しく押さえ込むように化粧水を浸透させます。

その後コットンを裏返し同様に持ち、肌全体をそっとなぞるようにすれば化粧水はしっかりと浸透します。化粧水後に手の平で顔を包み込むようにすると更に浸透力が増します。


スポンサーリンク

4.乳液で化粧水の成分に蓋をする

スキンケアの基本は化粧水で肌に水分と栄養分を与えたあとに、乳液でそれらが外に出ないように蓋をする流れが一般的です。ただしメーカーや商品によってはやり方が変わるのでその点はしっかりと確認しましょう。

やり方の順番が違うと効果もなくなってしまうので注意が必要です。乳液は保湿と化粧水の成分に蓋をする目的があります。化粧水と同様、乳液もコットンで使用するのがオススメです。

乳液は肌を保湿してバリアー機能を高めるためにもしっかりと適量を使用するようにしましょう。オイリー肌の方で量を少なくする方がいますがそれは逆効果です。ベタつきが気になる場合は乳液の種類そのものを変えてみましょう。

特にかさつきが気になる部分には多めに乳液を使用しましょう。目元や頬、顎などは乾燥しやすい部分なのでたっぷりと保湿を心がけましょう。

5.美容液やクリームの使い方

スキンケアを調べていると美容液やクリームといった基本アイテム以外のオプションアイテムも気になると思います。このオプションアイテムは絶対に使うべきなのでしょうか?

それはお肌の悩みによって変わってきます。デパートや化粧品カウンターなどでスキンケアの相談をすると必ずと言っていいほど薦められますが、それは相手も商売なので仕方がないことです。

もし今使用している基本のスキンケア用品で満足しているのであれば無理に使う必要はありません。今使用しているアイテムでは満足できない人は気になるポイントに応じて使用してみましょう。

ただしスキンケア用品は使用してすぐに実感を得られるものではないのでその点に注意が必要です。筆者の場合は冬の乾燥のひどい時期に美容液やクリームをその時の肌の状態に合わせて使用するようにしています。

6.週一で取り入れたいお手入れ

ここまでは毎日の基本的なお手入れ方法をご紹介してきましたが、最後はたまにしたいお手入れについてご紹介します。毎日はする必用はないで週に1回や余力があるとき、気分が向いたときにオススメのケアです。

筆者のオススメは蒸しタオルです。蒸しタオルを顔に当てることで毛穴をしかりと開かせて汚れを取り除きます。蒸しタオルの効果はそれだけではありません。顔の血行をよくして、老廃物の排出を促してくれる効果もあるんです。

やり方は簡単です。手持ちのフェイスタオルを濡らし、ラップに包みます。その後レンジで40秒ほど温めるだけです。自宅にあるもので簡単にできるのでコスパも最高です。

その後いつものお手入れをしながら乳液で首元のリンパマッサージを取り入ればむくみ防止にもなります。筆者の場合はすっぴんで過ごした休日のお風呂上がりに実践しています。

おわりに

いかがですか?美肌になればメイクが今まで以上に楽しくなること間違いなし!まずは様々なアイテムを使用するよりも、基本のやり方を覚え手持ちのアイテムをしっかりと使いこなせるようになりましょう。

スキンケア次第で美肌は手に入れることができますよ。美肌になってナチュラルビューティーを手に入れましょう。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

男性にモテる女性の特徴 “モテ女”はみんな知っている!ポイント5つ

男性にモテる女性は、モテない女性と何が違うのでしょう??モテる女たちは共通して、 …

素敵女子になる!みんなの憧れの的になる為の自分磨きの方法7つ!

いつもキラキラ輝いていてみんなの憧れの的・・・そんな女性っていませんか?あんなハ …

性格ブスを直したい!今日から実践できるいい女になる方法7つ

女性は自分の様々な面や部分が気になってしまうもの。他人から見れば大差ない事でも、 …

なんで彼氏ができないの?!可愛いのにもてない女の特徴7つ!

あなたの周りに、可愛いのにモテない女の人っていませんか?「あたし、まあまあ可愛い …

思わず見惚れる!美人顏の条件とは?気になる特徴7パターン!

女性の顔を大まかに分けると可愛いと美人の2パターンですよね。可愛いは比較的多くて …