『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

年下の彼氏との付き合い方!「彼を夢中にさせる」テクニック6つ

toshishitanokareshi-tsukiaikata

「年下の彼氏と交際中!」今回のコラムは、そんなあなたのためのもの。「彼とずっと仲良くやっていくにはどうしたらいいの?」「女性に求められる役割って、どんなもの?」「私の接し方、間違ってない?」 年の差があると、女性の方でもいろいろ考えますよね。上手な付き合い方、ぜひ知っておきましょう!

スポンサーリンク

1.安定感を与える

一般的に言って、年上の女性と付き合う男性は、女性に「安定感」を求めているもの。どれだけの安定感を与えてあげられるかが、年下の彼氏との付き合い方のポイントとなります。

何があっても動じない、細かいことでギャーギャー騒がない、適度な距離で側にいてくれる…こんな女性は魅力的です。「一緒にいると落ち着く」「彼女ならわかってくれる」年下の彼氏が、いつでもホッとくつろげるような存在でいてあげて。

逆は最悪です。些細なことでヒステリックに怒鳴り散らしたり、いつも情緒不安定気味だったり、仕事が忙しい時期にイライラしていたり。これ、年下の彼女にやられるならまだしも、年上のあなたがやってしまうと本当に悪印象です。気をつけて!

2.大人の余裕を見せる

年下彼氏との付き合い方で、心に留めておきたいのが「大人の余裕」、特に「心の余裕」です。特に、過度な束縛やプレッシャーをかけるのはNGです。「女性を交えたグループで遊びに行きたい?あらそう、いってらっしゃい。事故や怪我には気をつけてね」これくらいの余裕をみせつけて。

「そんな集まりに参加しないで!」とカッカするのは彼よりも下か、同年代の女の子たち。心の中では面白くないと感じても、それを態度には微塵も出さず「楽しんできてね」と送り出すのが年上女性の美学です。

こんな大人な振る舞いに、年下の彼氏だけでなく、彼の周囲からもあなたへの評価はアップ。「あんなに大人な彼女でいいなあ」こんな評判に彼も鼻高々、ますますあなたにのめり込みます。嫉妬するよりも、賢い付き合い方と言えますよね。

3.足りない部分をフォローする

足りない部分をさりげなくフォローしてあげるのも、年下の彼氏との付き合い方のポイントです。知恵もあり、経験もあるのはやはり年上のあなた。年下じゃ、どうしてもかなわないって場面が今後絶対に出てきます。いかにフォローできるかが、あなたの腕の見せどころ。

「そんなことも知らないの?」これは年下の彼氏が一番聞きたくない言葉。それよりも、それとなく教えてあげたり、助け船を出してあげるほうが素敵です。「いま、さりげなく俺を立ててくれた?」「やっぱり彼女は頼りになるな」あなたを手放したくない!と思わせるような付き合い方を心がけて。


スポンサーリンク

4.リードするのは程々に

自分は年上の彼女で、相手は年下の彼氏。こう意識し過ぎるあまり、過剰にリードしていませんか?

あなたばかりが決定権を持ち、実行するばかりでは、男性の気分を害します。「なんだよ、子どもあつかいして…」「どうせ俺じゃ役に立ちませんよ」なんて拗ねられてしまうかも。

男性は本来、自分がリードすることに快感を覚える生き物です。そして、それに対して喜んでくれる女性が大好き。しかも、相手が年上ならば、リードする喜びや達成感は2倍にも3倍にもなるのです。そのチャンスを奪ってはいけません。「うまくリードさせてあげるよう、こっそりリードする」のが賢い付き合い方ですよ!

5.甘やかしすぎない

ときには年下の彼氏にビシッともの申すのも、上手な付き合い方の一つ。理由は、男女問わず、年上と付き合うメリットの一つがまさにそこにあるからです。

年下や同年代に、自分の欠点ややり方を否定されたり、意見されると、誰だってムッときてしまいます。それがたとえ、正論であっても「なんでそんなことを言われなくちゃいけないの?」と、特に男性は強い反発心をみせることも。

これが、年上彼女の心のこもった言葉ならばどうでしょう。「俺のために、言いにくいことを言ってくれた」「俺を導いてくれようとしている」と割かし素直に受け入れられます。自分を甘やかすだけでなく、ブラッシュアップさせてくれる頼もしいパートナーに感じるハズ

6.時にはギャップを見せる

年下の彼氏との上手な付き合い方。忘れてはいけないのが「ギャップも時々見せる」こと。「しっかりしてる」「大人で物分かりがよい」こんなあなたに、涙もろかったり、健気だったり、甘えん坊だったりする一面があれば、彼はその隠された素顔にグッとくるでしょう。

「年上なのに、かわいいところがあるんだな」「自分に心を開いているんだな」というシチュエーション、男性ならば誰でも好きなハズ。ぜひ試してみて。

おわりに

年下の彼氏との上手な付き合い方、参考になりましたか?ただ単に甘えていればいい、彼にすべてを任せていればいい…。こんな風に一筋縄ではいかないのが年下との交際。

けれど、「私の方が上だから」と気負い過ぎる必要なんてありません。肝心要の部分では年上らしく構えるけれど、後の部分は相手を信頼してゆだねてみる。そのメリハリが大事ですよ!

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

遠距離の片思い…!告白のタイミングが大事!恋を成就させる5選!

好きな人と遠距離で、しかも片思いってツラいですよね・・・。 せめて告白を成就させ …

呼び方で分かる心理って?彼が「お前」と呼びたがる理由7 つ

彼はあなたの事を何て呼んでいますか?ちゃん付けや呼び捨てが一般的かもしれません。 …

モヤモヤを吹き飛ばせ!倦怠期の乗り越え方おススメ6パターン!

倦怠期はどんなカップルにもやってきます。お互いに飽きてしまう・会う気がなくなるタ …

女々しい彼氏を直す方法!頼りがいのある男に育てる術5つ!

友達からは優しい彼だと思われているけど、実はとんでもなく女々しい彼氏…。もっと男 …

彼氏と結婚したいかわからない…自分の気持ちを確かめる方法7つ!

結婚するつもりで付き合っていたけど、なんだか最近、彼氏と結婚したいかわからない… …