『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

ケバ子は卒業!アイラインの引き方でナチュラル顔を作る方法6つ!

eyeline-hikikata-naturalあなたのメイクはケバくなっていませんか?ケバいの基準はいろいろありますが、目元の印象が一番影響している場合が多いようです。要はケバい印象の人=アイメイクが濃いということです。

逆に言えばアイメイク次第でケバいメイクは卒業できます。中でもアイラインの引き方をちょっと意識するだけでナチュラルメイクにすることが出来ます。今回はアイラインの引き方でナチュラルメイクにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

用意するもの

image1 (5)_logo

・アイシャドウ

・ペンシルアイライン

・リキッドアイライン

・綿棒

1.ペンシルアイラインを引く

今回はアイラインの引き方について説明するので、アイシャドウまでの工程は省きます。アイシャドウをせずにいきなりアイラインをすると、馴染みが悪くなりナチュラルに仕上がらなくなるのでアイシャドウは必ずしてください。

image2 (1)_logo

初めはペンシルタイプの方を使用します。ペンシルタイプの物は鏡を下から覗き込むようにして粘膜のところに引いていきます。上まぶたを指で持ち上げてまつ毛の内側に引きましょう。image3 (3)_logo

まつ毛の内側に引くラインをインラインと言いますが、インラインの基本の引き方は目の形に沿って引くことです。目尻も伸ばさずに引くことがナチュラルメイクのポイントです。

また忘れがちな目頭の方にもしっかりとインラインを引くことでナチュラルながらも印象的な目元に仕上げることができます。目頭は特にまぶたをしっかりと持ち上げて引くことがインラインの引き方のポイントです。

2.指を土台にすれば下ラインも簡単

ナチュラルメイクにするためにはあまり下のラインをガッツリと引かないことがポイントです。なので下ラインはペンシルラインだけにします。

下ラインの引き方次第で印象が大きく変わってしまうので丁寧に引きましょう。でも下ラインって慣れない人にとっては不安だし、難易度高めに感じますよね。そんな時は自分の指を土台にしてみましょう。

image1 (6)_logo

利き手と反対の指でまぶたを下げながら、その指上にペンシルアイラインを乗せて安定させた状態で粘膜にラインを入れます。こうすればラインがブレることなく引けますよ。下ラインの引き方に自信のない人はぜひお試しください。


スポンサーリンク

3.リキッドアイラインを引く

次はリキッドタイプを使用します。リキッドタイプを使用することでペンシルタイプだけではちょっと物足りない目元の印象をしっかりとすることが出来ます。できる限りナチュラルに仕上げたい人はリキッドラインはなくても大丈夫です。

リキッドラインを入れてもナチュラルに見せる引き方のポイントは、できる限りラインをまつ毛の際に引くことです。ラインの太さに応じて目元の印象に繋がりますが「細くしなきゃ」とあまり力む必要はありません。

腕の力を抜いて楽にラインを引きましょう。太さは気にしなくても大丈夫ですが、できる限りまつ毛の生え際にまつげの隙間を埋めるように引くことがポイントです。

image2 (3)_logo

力が入りすぎたり、ラインが太くなってしまう人は画像のようにリキッドライナーを持っている指の小指をクッションにして支える方法がオススメです。こうすることで引き方がずっと楽になります。

4.目尻の長さは2mm程度にする

目尻のラインを調整することで目元の印象に変化をつけることができます。ラインを上向きにすることで猫目っぽいシャープな印象に、下向きにすることでタレ目っぽい柔らかな印象に仕上がります。

どんな印象にしたいか自分のイメージに合わせて目尻のラインを調整してみましょう。ただしどんなラインにするにしても長すぎるとナチュラル感がなくなるので2mm程度にするのがポイントです。

鏡を正面から見ながら引いてもいいのですが、少し横の角度から見て引くのもオススメです。こうすることで正面の印象だけでなく、横顔の印象も確認しやすくなります。

image3 (4)_logo

ラインの終わりは習字で言う「はらい」のように抜く感じで終わらせるのがポイントです。ブツっと切れたようになってしまった場合もごまかすことはできるので安心してください。利き手と反対の手でこめかみを少し押さえながら引くとキレイに引けます。

5.綿棒でぼかす

リキッドラインを引き終わったら綿棒でぼかしましょう。リキッドラインを引きっぱなしにしてしまうとはっきりとしすぎてしまうのでぼかすことでナチュラル感が生まれます。

image1 (7)_logo

リキッドラインが太くなってしまった人もここで修正を入れれば大丈夫です。またラインの終わりがキレイにできなかった人もここで上手く調整することで問題解決です。

下ラインもちょっと失敗してしまった場合は同時に修正を入れます。メイクは失敗しても上手くごまかすことで、いくらでも修正ができるので焦らずにやるのがポイントです。

 6.アイシャドウの濃い色を重ねる

仕上げにアイラインの上にアイシャドウの一番濃色を入れれば完成です。なぜこれをするかというと、アイラインとアイシャドウをしっかりと馴染ませるためです。

アイシャドウとラインをブラウンならばブラウンというように同系色であればこの工程はなくても大丈夫です。アイシャドウがブラウンでラインが黒というように違う色を使用した場合はこの工程をすることでぐっとナチュラルメイクに仕上がります。

image2 (4)_logo

image3 (5)_logo

おわりに

いかがですか?今回はナチュラルに見せるためのラインメイク術をご紹介しました。引き方になれない人も綿棒で上手くごまかすことで自然な仕上がりのメイクにすることが出来ます。

慣れてしまえばなんてことはない工程ばかりです。自然なアイメイクで上品な美人を目指しましょう。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

どんな人のことを言うの?男を惑わす魔性の女の特徴5選!

あなたから見て、「なんでこの人すごく美人でもすごくスタイルがいいわけでもないのに …

男性にモテる女性の特徴 “モテ女”はみんな知っている!ポイント5つ

男性にモテる女性は、モテない女性と何が違うのでしょう??モテる女たちは共通して、 …

すっぴん美人になりたい人必見!ノーメイクに自信を持つための掟5つ!

すっぴん力、すっぴん風…よく聞く言葉ですよね。メイク時はもちろん、すっぴん時も綺 …

基本が大切!ベースメイクの方法でナチュラルを作るポイント6つ!

あなたはベースメイクをしているときシミやくすみが気になって、それを隠そうとついつ …

雰囲気美人になる方法!モテオーラを醸し出すコツ7つ!

「美しい人」ってどんな人?生まれつきの顔立ちが整っていること?うん、それも大事。 …