『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

過去が…恋愛恐怖症を克服!不安な気持ちを乗り越える方法5つ!

rennaikyouhusyou-kokuhuku

恋愛という言葉を聞いて「幸せ」や「充実」をイメージする人がいる一方、「怖い」とか「不安」というイメージを持っている人もいますよね。

恋愛に対して幸せなイメージができない、不安を拭えないという人の多くは過去の恋愛で心にダメージを受けたことによって恋愛恐怖症になってしまっているのです。

「恋愛しよう」と頭では思うけど心がついていかない…という恋愛恐怖症のあなたに、恋愛恐怖症を克服する方法をご紹介します!

スポンサーリンク

1.原因の追及をやめる

「恋愛したいけど怖くて踏み出せない」という状態でいるのは、周りが思う以上に苦しいことですよね。

そしてそういうネガティブな気持ちになってしまう自分に対して「どうしてこうなっちゃんたんだろう?」と原因を追及しようとします。

すると当然、自分が傷ついた過去の恋愛が頭に浮かびます。恋愛恐怖症の原因になっている過去の出来事ですから、それを思い出すことで幸せな気持ちになることはできません

むしろ恋愛に対する恐怖心はどんどん増してしまい克服どころか悪化してしまいます。

恋愛恐怖症を克服するために「どうしてこうなったのか」という原因を探そうとすると、どうしても、イヤな過去を思い出すことになり、結果としてさらに勇気を失ってしまうのです。

克服するためには、まず「どうして?」と考えないことです。

原因を考えそうになったときは、「これからどんな恋愛がしたいか」という理想をイメージするようにしましょう。

2.新しく出会った男性に過去の男性を重ねない

恋愛恐怖症を克服できない理由の一つに「男性はみな同じ」という錯覚があります。

新しく出会った男性に対して、「この人も過去に自分を傷つけた男性と同じことをするんじゃないか」と感じてしまうのです。

でもそれは違いますよね。

彼女の浮気が原因で傷ついたという男性がいたとして、その人があなたに対して「女性はみな浮気するものでしょ?あなたもそうなのでは?」と思っていたとしたらどうでしょう。全力で否定しますよね。

「そんなことない!女はみな同じなんてひとくくりにしないで!」と言いたくなるはず。

恐怖症を克服するためには、「男」と「女」というおおざっぱな括り方はやめて「個人」として見ることが大切なのです。

「あの人とこの人は違う」と新しい男性に出会う度に自分に言い聞かせてあげましょう

3.男友達に話を聞いてもらう

恋愛恐怖症を克服するのに男友達の力が大いに役立ちます。

女子会の話題を思い浮かべてみてください。けっこう「男の悪口」で盛り上がることってありますよね。

女性は愚痴を言って、「わかる〜!」と共感し合って…というのを楽しむものなんです。

一方、男性はこの女子トークに対して「ばからしい」と思っているところがあります。女性からすれば男性のお下品な話題の方がよほど「ばからしい」のですが…。

「愚痴ったところで始まらない」「同じことで悩み続けるのは時間のムダ」というのが男性のシンプルな思考なのです。

女友達に共感してもらえれば、たしかにその時は気持ちが楽になりますよね。でも「何も怖がることなんかないじゃん」と笑い飛ばしてくれる男性のシンプルさも時には必要なのです。

それに「彼女を大事にする男の方が多いよ」という言葉も、男性から聞くと説得力がありますよね。


スポンサーリンク

4.怖くても一歩踏み出す勇気をもつ

恋愛恐怖症がなかなか克服できないのは、「順番」を間違えているからかもしれません。

「恋愛に対して不安がなくなる→新しい恋ができる→克服」だと思っていませんか?

だとしたら、克服するのはかなり先になってしまいます。

実は「怖いけど踏み出す→不安が少しずつ減る」という順番が恐怖症の克服には大切なのです。

確かに「心が変わるから行動が変わる」のが当たり前かもしれません。

でも「行動を変えると心も変わる」というのも真実なのです。

たとえば、早起きするという行動によって清々しい心になれたり、人に親切にするという行動によって心が満たされたりしますよね。

「怖い」という気持ちから変えるのではなく、行動を変えることによって自然と心が変わるのを待つのです。

いきなり恋愛を始める必要はありません。異性2人で飲みに行ってみる、合コンに参加してみるなど、男性と過ごす時間を少し増やすだけでもOKです。

5.傷ついた過去は「成長に必要なこと」だと考える

すべての道具は使い方次第で「便利」にも「危険」にもなります。たとえば、ナイフは正しい使い方をすればものすごく便利なものですよね。生活に欠かせないアイテムです。しかし間違った使い方をすれば人や自分を傷つける事もあるのです。

ナイフだけでなく、「知識」や「経験」といった目に見えないものも同じで、大事なのはその使い方。

「過去に傷ついた経験」、これは一つの道具にすぎません。

「自分を成長させるために必要なもの」にするか「トラウマの原因」にするかは、あなた次第なのです。

「恋愛恐怖症になっている自分」から「恋愛恐怖症を乗り越えた自分」になるために、過去の捉え方を変えてみましょう。

おわりに

いかがでしたか?恋愛恐怖症の人の多くは、恋愛に対してとても真剣です。だからこそ傷つき今は立ち止まっている状態なのかもしれません。

恋愛に真剣なのは素晴らしいことなのですが、少し肩の力を抜いてみてはいかがでしょうか。

結婚の場合は「嫌なら別れよう」くらいの覚悟では困りますが、恋愛ならば「嫌なら別れればいい」という軽い気持ちも大切なのです。

(ライター/)

スポンサーリンク



toriaezutukiau-dekinai
「とりあえず付き合う」ができない!?交際を試してみるべき理由5つ

男性と付き合うからには、心から「大好き!」と思える相手と付き合いたい。 まだ好き …

tsunnderejoshi-tokucho
男心を掴むツンデレ女子の特徴とは?男性に人気の魅力6つ!

メジャーな言葉になりつつある「ツンデレ女子」。あなたの周りに当てはまる特徴を持っ …

shigotogatsudukanaiotoko-tokuchou
仕事が続かない男の特徴とは?交際前に見極めたいポイント5つ

付き合う男性を選ぶ条件として、1つの仕事を長く続けていける「責任感の強い人」であ …

atarashiikoi
彼氏作りに最適?夏こそ新しい恋に踏み出すべき理由4つ!

外を歩いていると汗を拭いている人や日傘の人を多く見かけるようになりました。多くの …

kareshinotsukurikata
絶対成功する「彼氏の作り方」!シングル卒業に一番大切なのは!?

「そんなに悪くないはずなのに、なぜか彼氏ができない」こんなお悩みを抱えていません …