彼氏がわがまますぎる!子供な彼…疲れないで付き合ってく方法5個!

 もう!なんでそんなにお子様なの!?

彼氏があんまりにもわがまますぎると一緒にいて楽しくないことが増えますよね。

イライラするし、ぐったりしてしまうと思います…。

でも…それでもこれからもなんとか彼と上手くやっていきたい…どうすればいいの?

って悩んでいるあなた。

今後疲れないで付き合ってく方法があります。

それはわがまますぎる彼の心が満たされるような対応をすればいいのです。

今回はそれを5つご紹介いたします。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.lineする回数を増やす

なぜ彼氏があなたに対してわがまますぎるのかというと、かまってちゃんで甘えん坊な性格だからです。

なのであなたの方から積極的にかまえばいいのです。

そうすれば彼のかまってちゃん欲は満たされます。

すると要求は少しずつ減っていくでしょう。

lineの内容はそこまで重要じゃありません。

かまって欲しい人は「自分のことをどれだけ思ってくれてるか」をlineの内容よりも回数で計るからです。

なので挨拶のみや、スタンプだけなんかでもいいです。

これくらいだったらそこまで疲れないんじゃないでしょうか。

彼はあなたに気にかけて欲しいのです。

「かまってもらえてる!」「気にかけてもらえてる!」と彼が喜ぶlineをたくさんしてみましょう。

2.毎日電話する

彼氏はきっと寂しいのです。

その気持ちが満たされていないからわがまますぎる態度を取ってしまうのです。

一分でもいいので、毎日電話する時間を作るといいでしょう。

あなたの声を毎日聞ければ今より彼氏の寂しさは埋まるはず。

寂しさが原因だった場合、それが埋まることによってわがままはそれ以上ヒートアップしません。

むしろ心が満たされるので、和らいでいくでしょう。

「毎日会う」とかになると体力的にもキツイですが、「一分電話する」くらいならそこまで疲れませんよね。

おすすめは朝の出勤前か夜の帰宅途中です。

なぜなら出勤前だったら「じゃあ電車乗るね」、帰宅途中だったら「家についたからお風呂入るね」と都合をつけて切りやすいからです。

寝る前でもいいですが、これは「まだ切りたくない(寝ないで)」ってダラダラと引き延ばされちゃう可能性が高いですよ。

わがまますぎる彼と電話するならぐったりしないためにも、するタイミングも重要なのです。

3.わがまますぎるところに共感する

たとえば彼氏が「○○だ!」っていつもみたいにわがまますぎることを言ってきたとします。

そしたら「そっか、○○なんだね」と言ってきたわがままを繰り返しください。

簡単に言えばおうむ返しにしちゃうのです。

そうされることによってあっちは「自分のわがままに共感してくれてる。自分のことをわかってくれてる」と感じるのです。

あなたは「わがまますぎる…」と彼氏に感じているくらいですから、ついあっちの言い分を否定してしまったり怒ったりしていませんか?

これはわがままをヒートアップさせるだけです。

なぜなら「わかってもらえない」と感じると、同時に「愛されていない」と感じやすいからです。

わがままに応じてもらえなくても、ただそこの気持ちに共感してもらえるそれだけで彼は愛を実感して安心します。

なのでわがままも少なくなっていくでしょう。

4.毎日ほめる

彼氏が「わがまますぎる!」とあなたがうんざりするような態度をとってくるのは、「自分に自信がなくて不安だから」って可能性が高いです。

なのでlineでも電話でも直接でもいいので、毎日ほめるようにしてください。

すると彼氏は自尊心が満たされるし、あなたからの愛も感じられるので心が満たされます。

結果、縦横無尽なふるまいも減るでしょう。

「今日の服かっこいい!」「仕事がんばってるんだね~」など簡単なほめ方でいいのです。

彼氏の好きなところを毎日見つけるって考え方をするとほめ要素はいっぱい発見できます。

楽しみながら探してみてくださいね。

5.怒るのはたまににする

わがまますぎる人と疲れず付き合っていくには、受け入れたり流したりすることが大重要になってきます。

でも《ときどき怒る》これも大切なのです。

だってあなたも絶対に許せないことってありますよね?

それをムリに許容する必要はありません。たまには怒って反省させましょう。

人は慣れる生き物です。

たまに怒られるからこそビビるし反省しやすいのです

怒るという最終手段は本当の、本当に許せないことが起きるまでとっておきましょう。

たとえば彼氏のわがままによって、あなた以外の誰かに迷惑がかかった…なんてときは怒ってもいいんじゃないでしょうか?

甘やかしてばかりだと、そのうち調子に乗りはじめます。

だからこんな感じでアメとムチを使い分けてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したことを実行にうつすと、もしかしたら最初は疲れてしまうかもしれません。

でも根気よく続けていくと彼のわがまますぎる態度に少しずつ変化があらわれてくるはず。

すると、あなたはもう彼と一緒にいても疲れなくなります。

うまく付き合っていけば手のひらで転がすこともできちゃいますよ。

(ライター/アマノ)