既婚者のデートの誘い方!男性が思わず「YES」と言ってしまう方法5つ

kikonsya-date-sasoikata

好きな人が既婚者だった!

不倫はダメと分かっていても、自然なデートの誘い方で、魅力的な彼を振り向かせたいってことありませんか?

彼の立場を考えると断られるかもしれないし…。

ウワサがたてばお互いに立場が悪くなり、リスクを背負うことも。

しかし!

誘い方のコツさえ押さえれば、男性が思わず「YES」と言ってしまうのです。

そこで、既婚者を誘うとき、これだけは押さえたい誘い方のポイントをご紹介します。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.デートを匂わせてはいけない

デートに誘うことが目的ですが、「デート」であることを匂わせてしまっては、予防線を張られてしまいます。

既婚者が妻以外とのデートへ踏み出すには、心のハードルを越えなくてはいけないのです。

心のハードルをできるだけ低くすることが、断られにくい誘い方です。

異性としての好意を匂わせるような会話は警戒されがち。

普段から、尊敬している上司や信頼しているお兄さん、親しい男友達として意識している会話を心がけ、男女の関係を匂わせないラフな会話からデートにつなげる誘い方へ。

「実はあなたのことがずっと気になっていて…」なんてストレートに言ってしまうと、既婚者は重く感じて心のバリアを張ってしまいます。

まずは、気軽に会話できる関係になることが、自然に誘うための第一歩です。

2.趣味や好みを理由に誘う

「二人でお食事に…」なんて思い詰めた誘い方だと、完全にガードを張られ重荷に思われてしまいます。

ここは、男性の趣味や好みをさりげなく聞き出して、「自分も興味があるから行きたい」ことを建前にしましょう。

二人でデートしたいから誘っているわけではないことをさりげなく装って、既婚者に罪悪感を感じさせないようにすることがポイント。

「すごく美味しい○○の店があるから、一緒にいきませんか?」とか、「最近話題の○○の店が新しくオープンしたみたいですよ」など、二人で会うことが目的ではない理由をつける誘い方がベスト。

妻以外の人とのデートを思わせる行動は、既婚者なら慎重になりがち。

趣味を楽しむ」「美味しい店に行く」という建前があれば、男性も「いいね」と受け入れやすいといえます。

3.相談にのってもらう

常識ある既婚者ならば、家庭を壊したくない社会的な立場を守りたいと思っています。

よほど女性関係にだらしない人でない限り、女性と二人で飲みにいくなど、疑われるような行動はしないものです。

ましてや、恋愛関係を匂わせるデートのお誘いに軽くのってくることもありません。

そんな堅実で責任感のある男性には「相談したい」という理由をつける誘い方が効果的。

「尊敬できる」「信頼できる」あなただから相談したい!という気持ちを伝えましょう。

責任感の強い男性は頼られることに弱く、思わず「いいよ」と言ってしまいます。

「仕事のこと」まはた、「異性(父や兄、甥など)へのプレゼント選び」などで相談にのって欲しいとお願いして、デートに持ち込んでみて。

「お礼をしたい」という口実もできますので、2回目、3回目も誘いやすくなります。

4.「弱さ」を見せる

最後の手段は、既婚者の男性に「何とかしてあげたい」と思わせる誘い方です。

男性は頼られることに弱い生き物。

女性の弱さやスキをみせ「俺を頼ってくれている」「自分が教えてあげたい」と思わせたら勝ちです。

例えば「仕事で悩んでいる」とか、「落ち込んでいる」ことをさりげなく伝える

または、「○○の店に行きたいけどデートする相手がいないのです」など可愛く言ってみる。

女性の弱い姿を見て、「じゃあ、俺で良かったら一緒に行こうよ」と男性は思わず言ってしまいます。

頼られるとなかなか断れない男の性を利用して、既婚者の心にスルリと入り込みましょう。

5.デートの時間に気をつける

既婚者の彼なので、もちろん妻や子供が家で待っています。

家族と過ごす時間を持っているはずです。

その時間を犠牲にしてまでもデートを優先してもらうとなると、非常にハードルが高くなります。

既婚者を誘う場合、家族にわざわざ断りを入れなくていい時間を選ぶことがスマートな誘い方。

例えば、平日のランチや仕事が早めに終わりそうな夜など。

何かの「ついで」に軽く食事して話ができるくらいのノリが、受け入れてもらえやすいといえます。

休日や夜遅くに約束するのは、既婚者にとって非常に負担になりがち。

妻からだけでなく、会社の人からも不適切な関係を疑われてしまいます。

相手の負担になりにくい時間を選ぶことが、OKの返事をもらいやすい誘い方です。

おわりに

既婚者が思わずうなずく誘い方をご紹介しましたが、いかがでしたか?

好きな気持ちを止められない時、せめてデートだけでもしたいと思い悩むこともありますよね。

ただ、その後の関係がどうなるか、冷静に判断することも必要!

不倫という抜けられない泥沼にはまり、大切な時間やお金、キャリアなどすべてを失い、取返しがつかなくなることもあります。まずは自分を大切に!

(ライター/niko)