好きな人のことを考えると苦しい…思いが溢れて辛い時の対処法8選!

好きな人のことを考えると、胸が苦しい…。

このままだと日常生活や仕事に支障が出る。この気持ちと、どう向き合えば良いの…?

寝ても覚めても大好きな彼のことを考えてしまうと、ウキウキした気分を通り越して、辛くなってしますよね。

それならまずは、苦しくなる原因を突き止めて、溢れる思いとの付き合い方を考えましょう。

今回は、好きな人のことを考えると苦しい理由と、思いが溢れて辛い時の対処法をご紹介します。

アドセンス広告(PC&モバイル)

スポンサーリンク

1.好きな人のことを考えると苦しい理由

1-1.誰かにとられたくないという焦り

「自分が告白する前に、彼に彼女ができてしまったらどうしよう…。」

恋をしている時は、つい良くない想像をしてしまいがちです。

好きな人のことを考えると胸が苦しいのは、誰かにとられたくないという焦りからでしょう。

まだあまりアプローチができておらず、彼と仲良が深まっていない時期に陥りやすい状況と言えます。

まだ告白する勇気はないけれど、今こうしてモタモタしている間にも、彼の心にとまる女性が現れるかもしれない。

早く何とかしないと…!という焦燥感で胸が締め付けられるんですね。

1-2.他の女性への嫉妬

ある程度好きな人と仲良くなってくると、彼の交友関係も見えてきます。

彼のことを考える時に、頻繁に登場する女性がいるのではないでしょうか。

この場合、苦しいと感じてしまう理由は、他の女性への嫉妬。

「私の好きな人に近づかないで。私の方が彼のことを好きなんだから!」

なんて言葉は、なかなか直接言えるものではありませんから、ひとりでモヤモヤしてしまい苦しいんです。

ただ、まだ彼女がライバルと決まったわけではありません。

あれこれ考えるのは、もう少し情報を集めてからでも良いでしょう。

1-3.上手くアプローチできない自己嫌悪

「なんで私は好きな人を前にして、気の利いた言葉ひとつ出てこないんだろ…。」

彼のことを考えれば考える程自分が嫌いになってしまって苦しい、なんて時もありますよね。

上手くアプローチできない自己嫌悪が、恋が辛くなる原因になることも。

「好きな人に近づきたい」「彼にもっと自分をみてもらいたい」

という願望を、全く自分自身で叶えられないことへの情けなさが溢れてしまうんです。

とはいえ、否定的に考えることは苦しいだけで実りがありません。

自分を責めるのは、ほどほどに!

1-4.自分の行動に対する後悔

好きな人に対する、今日の行動の失敗を考えると、眠れなくなるという日もあるのではないでしょうか。

自分の行動に対する後悔も、恋をすると苦しい原因のひとつです。

「なんで、あんなこと言っちゃったんだろう…。」「もっとこうすれば、距離が縮まったのかな…。」

自分の振る舞いは、好きな人の気持ちと違って、自分自身でコントロールできるはずなので、余計に悔しいもの。

でも、その苦しい気持ちは次に活かすことができます。

後悔だけで終わらせないようにしてくださいね。

1-5.思いが伝わらない悲しみ

「こんなにも好きなのに、どうして彼は私を見てくれないんだろう…。」

好きな人のことを考える時間が増える度に、思いが伝わらない悲しみも増していきますよね。

なかなか気持ちをわかってもらえなかったり、思いに応えてもらえなかったりで、心は少しずつ傷ついていきます。

いつまで経っても幸せになれない苦しい恋に、心が折れそうになる瞬間もあるでしょう。

ただ、悲しみに暮れるだけでは、思いは伝わらないまま。

悲しむのは、完全に恋が終わってからでも遅くはありませんよ。

1-6.振り向いてもらえない怒り

好きな人のことを考えるうちに、自分を苦しい気持ちにさせる相手に対し、憤りを感じるようになるケースも。

振り向いてもらえない怒りは、恋が辛いと感じてしまう理由になるんですよ。

特に彼が他の女性と仲良くしているのを見たときなど

私はあなたの事を考える度にこんなにも苦しいのに、何でヘラヘラ別の女性と楽しげにできるの?!」

なんて思ってしまっていませんか?

なかなか振り向いてくれない好きな人に対し、怒りたくなる気持ちもわかりますが、今の状態では完全な逆恨み。

一度、冷静になってみてくださいね。

1-7.相手の気持ちがわからない不安

「彼は私のこと、どう思ってるんだろう…。今、好きな人とかいるのかな…。」

そんな事をずっと考えると、だんだん苦しい気持ちになってきますよね。

辛くなるほど思いが溢れてくるのは、相手の気持ちがわからない不安から。

好きな人の心の中を知る事ができれば良いのですが、それは容易なことではありません。

また、わからない事を楽観的な方向に考えるのは難しいですから、どうしても悪い方向に考え、心が落ち着かない状態に。

こうして抱えきれなくなった不安が、胸が苦しい原因になるんですよ。

1-8.思い通りにならない苛立ち

好きな人へのアプローチが上手くいかなかったり、思わぬ所からライバルが出現したり…。

そんな想定外のアクシデントが起こることもあるでしょう。

そんな時に、彼のことを考えると苦しいのは、思い通りにならなくて苛立っているから。

何をしても上手くいかない状態では、好きな人の事を考える程にイライラしてしまいます。

イライラすると単純にストレスがたまり、精神的に辛くなってくるもの。

最終的に「なんでこんなにも好きなのに苦しいんだろう…。」という状態に陥ってしまうんですね。

2.思いが溢れて辛い時の対処法

2-1.没頭できるものを見つける

今あなたは、考える事が好きな人のことばかりになってしまっているから苦しいんです。

そのため、彼以外に没頭できるものを見つけると良いでしょう。

今まで気になっていたけれど、なんとなく後回しになっていたチャレンジしたい事ってありませんか?

趣味でも勉強でも、のめり込める事を探し、彼のことを一瞬でも忘れる時間を作ることが大切。

思い切って習い事を始めたり、サークルなどに入ってみたりするのもオススメですよ。

2-2.思いの丈を書き出してみる

好きな人のことを一生懸命考えるうちに、相手の気持ちどころか自分の気持ちすらわからなくなってしまい、苦しい瞬間ってありますよね。

一度、思いの丈を書き出してみると、頭の中が整理できてスッキリするんです。

今、自分はどんな思いを抱えているのか。その思いは誰に対しての物なのか。

そして、これからの目標やそのための作戦などを書き込んでいってください。

文章でも良いですし、相関図などを描いてみてもわかりやすいかもしれません。

誰に見せるわけでもないので、できる限り素直な気持ちを書き出してみてくださいね。

2-3.人に話を聞いてもらう

どんな悩み事も、ひとりで悶々と考えると解決の糸口が掴みにくいものです。

好きな人への思いが溢れて苦しい時は、人に話を聞いてもらうのも対処法のひとつ。

聞いてもらうために、自分の心の中を順序立てて説明することで、気持ちの整理が付くんです。

お友達に話をただ聞いてもらうだけでもかなりスッキリしますし、思いも寄らなかった有益なアドバイスをもらえる事もあります。

また、これを機会にと、あなたの恋に積極的に協力してくれる人もいるかもしれません。

強力な味方を手に入れるためにも、ひとりで考え込まず、気持ちを外に出す意識をしましょう。

2-4.運動をする

部屋の中でひとり、鬱々と考え事をしていると苦しいのは当たり前です。

身体が縮こまっていると、好きな人のことを考える時もネガティブな思考に陥りやすいもの。

気分転換に運動をするのって、思っている以上に効果的なんですよ。

外でランニングやウォーキングをするのも良いでしょうし、部屋の中で筋トレやストレッチから始めてもOK。

好きな音楽を聴きながら、一度頭を空っぽにして、呼吸を整えることで落ち着きを取り戻すことができます。

ダイエットにもなって、一石二鳥ですよ。

2-5.自分磨きをする

苦しいと感じる程に思いが溢れている時は、頭で考えるより行動に移してしまった方が良いでしょう。

恋が良い方向に向かう行動と言えば、自分磨きです。

より素敵な女性になる努力をすることで自信がつきますから、彼への思いにも余裕が出てくるんです。

「私が綺麗じゃないから振り向いてもらえないんだ…。」

と、自分を傷つけて辛い思いをする前に、まずはしっかり自分を磨いて、好きな人からアプローチしてもらえるような女性になりましょうね!

2-6.物事をポジティブに考える

好きな人のことを考えると苦しいのは基本的に苛立ちや悲しみ、嫉妬などのネガティブな感情が原因です。

そのため、物事をポジティブに考えるようにすると、気持ちが楽になります。

たとえばアプローチが上手くいかなかった時は、後悔して苦しむだけで終わらず、失敗を基に上手くいく作戦を考えることだってできます。

それに常に前向きな気持ちで過ごすと、魅力的な明るい雰囲気の女性になる事ができますよ。

2-7.相手と積極的にコミュニケーションをとる

好きな人の気持ちがわからなくて不安だったり、他の女性が彼に近づくことに嫉妬したり。

片思い中は考えると苦しい事ばかりですが、相手と積極的にコミュニケーションをとると、解決することができます。

好きな人と接する時間が多ければ多いほど、相手の情報が手に入ります。

また、結果的に側にいる時間も長くなりますから、ライバルへの牽制に。

きちんとアプローチできたことは自信にも繋がりますし、結果的に余裕が生まれるんです。

ただ、油断して告白のタイミングを逃してはいけませんよ!

2-8.思いを相手に伝える

「好きな人のことを考えると、あまりにも苦しい。このままでは何も手に付かない…。」

ここまでこじらせてしまった場合は、いっそのこと相手に思いを伝えてしまうのもひとつの手です。

男性のストライクゾーンは思いの外、広いもの。

あなたが彼の許容範囲に当てはまっていて、好きな人がいない状態ならば、すんなりOKがもらえる事だってあるんですよ。

もし今回は断られたとしても、諦める必要はありません。

理由を聞いて、今後の作戦に活かしましょう。

方針が決まれば、後は努力あるのみですよ!

3.おわりに

いかがでしたか?

好きな人のことを考えると苦しい理由と、思いが溢れて辛い時の対処法をご紹介してました。

大好きな彼のこと思うと苦しい理由は、恋に関する様々なネガティブ思考が原因になっているんです。

自分の考えが、どのネガティブ思考に当てはまるのかをしっかり自覚して、打ち消すことができそうな対処法を実践してみてください。

複数を同時進行できますので、どんどん挑戦しましょう

上手に対処法を利用して、辛い恋から卒業してくださいね。

(ライター/sayuki)