好きな人の幸せを喜べない…素直に祝福できない時の解決法8選!

私以外の人を選んだ好きな人の幸せを喜べない…。

どうすれば彼を素直に祝福してあげられるのかな…。

彼にとってはおめでたいことなのに、心から祝ってあげられないと、なんだか自分が心の狭い人間になってしまったようで自己嫌悪に陥ってしまいますよね。

その辛い状況を乗りこえましょう。

今回は好きな人の幸せを喜べない時の解決法をご紹介します。

アドセンス広告(PC&モバイル)

スポンサーリンク

1.劣等感と向き合う

「どうして、私は選んでもらえなかったんだろう…。私が何の魅力もないダメな人間だからかな…。」

好きな人の幸せを喜べないのは、こんな悲しい気持ちが渦巻いているからではありませんか?

これを機に、一度とことん劣等感と向き合ってみましょう。

今のあなたは、好きな人に選ばれなかったということが引き金になり、様々な劣等感があふれ出している状態。

ひとつひとつとしっかり向き合い、解決したり折り合いをつけたりすることで心を軽くできます。

そうすれば祝福できる時が必ずきますよ。

2.嫉妬心を受け入れる

「なんで私じゃなくて、彼女が選ばれたの?私の方が彼女より、いい女のはずなのに!!」

こんな嫉妬は醜くも思えますが、心を整理するには重要なものなんです。

好きな人の幸せを喜べない時は、大人でいようとするのではなく、素直に嫉妬心を受け入れること。

嫉妬をする中で、なぜ彼が自分ではなく別の人との幸せを選んだのかを真剣に考えましょう。

理由が分かって受け入れられたら、スッキリして祝福できるもの。

そして嫉妬から得た知識は、しっかり次の恋愛に活かしてくださいね。

3.自分が幸せになる方法を考え実行する

自分に近しい人が幸せになる時って、取り残されたような気持ちになってしまい、不安になりますよね。

それが好きな人なら、なおさらです。

彼と幸せになるルートにすがっても不安が増すだけ。

なので自分が幸せになる方法を考え実行するのが、素直に祝福できるようになるための最短のルートと言えます。

新しい恋を探すなど、とにかく自分の幸せに繋がることをして、少しずつ不安を期待に変えるんです。

好きな人の幸せを喜べない時こそ、自分の幸せのために積極的に行動しましょう!

4.相手に気持ちを伝える

あなたが、一度も彼に気持ちを伝えていない場合。

好きな人の幸せを喜べないのは、思いを消化できていないからかもしれません。

相手に気持ちを伝えることで、きちんと恋を終わらせると、すっきりして祝福する気持ちに切り替えることができます。

ただ伝える時は「幸せの邪魔をしたいわけではない。」と、彼にしっかり分かってもらえるよう細心の注意を払いましょう。

また、予想外に彼があなたを受け入れようとした場合、間違っても遊びの女になってはいけませんよ!

5.好きなことを楽しむ

忙しかったりイライラしていたりという時に、好きな人の幸せを喜べないのは当たり前のこと。

そもそも、人が自分以外の人の幸せを祝えるのって、満たされている時だけなんです。

好きなことを楽しめば、心に余裕を持つことができます。

趣味があるなら没頭するのも良いですし、お疲れ気味ならばスパなどで心ゆくまでのんびりするのもオススメ。

失恋と自己嫌悪で、あなたの心は大きなダメージを負っているはず。

好きな人の幸せを喜べない時は、しっかり自分を甘やかす時ですよ。

6.距離をおく

相手との距離が近すぎると、聞きたくない情報までどんどん入ってきてしまいますよね。

好きな人の幸せを喜べない時は、できれば好きな人と距離をおくことをオススメします。

やっぱり好きな人の惚気話を聞くのって、精神的に辛いですからね。

いったん情報をシャットアウトすれば、自分の気持ちを整理できますよ

中には、あなたの気持ちを知っていて、わざわざ絡んでくる男性もいます。

一度離れて、彼のことを客観視することも忘れないでください。

7.時間をおく

実は、あなたが素直に彼を祝福できないのは、いたって普通のこと。

好きな人の幸せを喜べないと落ち込む必要はありません。

別に、今すぐ喜ばなくても良いんです。時間をおくと、不思議と気持ちは変化していくもの。

今は、表面上だけでも祝ってあげて、心の中はゆっくり時間をかけて変えていってください。

新しい恋をしたり、日々を忙しく過ごしたりしているうち、彼への気持ちが薄らいで来る日がきます。

その時にふと、「幸せになってると良いな…。」と思えるくらいで良いんですよ。

8.「無理に喜ぶ必要はない」と割り切る

好きな人が自分以外の相手と幸せになるということは、心に相当なダメージを負うことです。

よほど出来た人間じゃない限り、幸せを喜ぶなんて無理な話。

そのため、好きな人の幸せを喜べないなら、無理に喜ぶ必要はありません。

寧ろ弄ばれていた場合などは、ずっと許せなくても良いくらいです。

でも、そんな相手に長い時間ネガティブな感情を注ぐのは、時間がもったいない!

「私を選ばなかったことを後悔すれば良い!」

くらいの気持ちで、自分が幸せになるための糧にしてしまいましょう。

おわりに

いかがでしたか?

好きな人の幸せを喜べない時の解決法をご紹介してきました。

素直に祝福出来ない時は、心の中のネガティブな感情と向き合ってみてください。

それらを解消することが、解決に繋がります。

ただ、好きな人の幸せを喜べないのは、自然なことです。自己嫌悪に陥る必要は全くありません。

いい女になるためのチャンス、くらいに思っておきましょう。

焦らずゆっくりと気持ちを落ち着かせて、好きな人の幸せを喜べる日が来るのを待ちましょうね。

(ライター/sayuki)