『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

一重美人になれるメイク術!魅力ある目元をつくるコツ6つ!

hitoebijin-make
一重まぶたがコンプレックスだけどプチ整形にはちょっと抵抗がある。そんなあなたのために、今回は一重美人になれるメイク方法をご紹介します。ぱっちり二重まぶたに引け目を感じる必要はもうありませんよ。

一重には一重ならではの良さがあります。それをメイクで引き出して一重美人になれるのなら、もう恐いものなしですね。それではさっそく、そのコツを見ていきましょう!

スポンサーリンク

1.アイラインは太めに

まずアイメイクの手順を確認しましょう。アイライン、アイシャドウ、ビューラー、マスカラという順番が一般的ですね。まず最初のアイラインについてです。アイライナーはペンシルタイプでもリキッドタイプでも、使いやすい方でかまいません。

一重美人を目指すなら、アイラインは太めに引きましょう。2ミリ幅を目安に。黒目の上をさらに太めにすると、目を大きく見せることができます。目尻まで少し長く引くのもポイント。猫の目を意識して、目尻を少しハネ上げるようにして描くと良いでしょう。

猫には独特の「目ヂカラ」がありますよね。まん丸くて、ちょっとつり上がった目。それをメイクに取り入れることで一重美人にぐっと近づけます。ただしアイラインを濃く塗りすぎないように気をつけて。目を閉じた時にパンダ目になってしまいます。

2.アイシャドウはブラウン系で

お次はアイシャドウです。アイメイクで一重美人になるには、カラーはブラウン系がおすすめです。ブラウンでは目立たないのでは、と思われるかもしれませんが、実はメリハリを出しやすい色の一つです。

アイラインでもそうだったように、黒目の上を強調する感じで濃い色を重ねるのがポイントです、一番濃いメインカラーは、目を閉じていても少し見えるぐらいのところまで引きましょう。

3.まぶたの薄い一重なら、派手なカラーにも挑戦

ひと口に一重まぶたといっても、実はタイプがあります。大きく分けると、まぶたの薄いすっきり一重と、まぶたの厚いふっくらタイプの一重に分けられます。あなたが前者のタイプなら、ブラウン系だけでなくレッドなど派手めなカラーを使用するのもおすすめです。

目尻にアクセントを置く感覚で、目を閉じてもはっきり見えるように派手なカラーを思い切って乗せるのがポイントです。カラーの境界をぼかしてグラデーションを作れば、不自然さはありません。いわゆる切れ長の一重美人を、メイクで実現することができます。

派手なカラーはぱっちり二重の人が使うと重たくなってしまいがちです。一重だからこそ使えるのが強めのカラー、ぜひ使いこなせるようになりたいですね。ただしふっくらタイプのまぶたの人が使うと腫れぼったく見えてしまいますので避けた方が良いでしょう。


スポンサーリンク

4.目を閉じていても開けていても大丈夫かチェック

一重まぶたの人に多いメイクの失敗例として、アイシャドウやアイラインを塗りすぎるあまり目を閉じた際にパンダ目になることが挙げられます。また逆に塗った幅が足りず、せっかく強めのカラーを入れても目を開けていると隠れてしまうというパターンもあります。

そういったわけで、一重美人なんて無理だ、とさじを投げそうになっている方も多いのでは?でも諦める必要はありません。ポイントを押さえてチェックすればもう大丈夫です。

アイシャドウは黒目の上に濃い色を乗せ、その上にちょっとずつ重ねていくようにしてグラデーションを作るのがコツです。目を開けていてもカラーが見えるように、鏡で何度も見てあらかじめ塗る位置を確認しましょう。

5.上がりにくいまつ毛はホットビューラーで

一重美人をメイクで表現するのに忘れてはいけないのが、まつ毛にボリュームを出すことです。目をより大きく、存在感あるものに見せてくれます。が、ビューラーではまつ毛が上がりにくい、時間が経つと下がってしまう、と悩んでいる方も多いのでは?

それなら、ホットビューラーを使用するのがおすすめです。熱でくせ付けをすることで、時間が経ってもまつ毛のカールを維持することができます。ホットビューラーがなければ、いつものビューラーをドライヤーで温めても代用できますよ。

温度が高いとまつ毛が傷んでしまうので、触っても問題ないくらいの温度で使用しましょう。根本から毛先に向かって半円を描くように順番に当てていくのが、きれいなカールを作るコツです。

6.ボリュームが出しにくいならつけまつ毛で

まつ毛が短く、マスカラではボリュームが足りないという方はつけまつ毛が大活躍します。慣れればそれほどメイクに時間を取られるということもありませんよ。

一重美人になるにはやはり目尻へのアクセントです。中央から目尻にかけてボリュームのあるタイプがおすすめです。まつ毛の生え際から2ミリほど離れたところにつけて、アイライナーを塗ってそのすき間を埋めます。ビューラーで自まつ毛となじませたら完成です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。メイクで一重美人になるなんて難しい、と思っていたかもしれませんが、ポイントさえ押さえれば誰でも近づけるものです。

二重だったら良かったのに、と羨ましがる必要はもうありませんね。メイクであなたにしかない魅力を再発見し、すてきな一重美人になって下さいね。


スポンサーリンク



関連記事

彼氏ができたことがない!コンプレックスを捨てて前に進む方法5つ!

彼氏ができたことがない自分にコンプレックスを抱えるあまり「彼氏いない歴=年齢…こ …

基本が大切!ベースメイクの方法でナチュラルを作るポイント6つ!

あなたはベースメイクをしているときシミやくすみが気になって、それを隠そうとついつ …

スタイル悪い女子必見!悩み別「スタイルアップ」コーデ術6選

「私って、なんてスタイルが悪いの…イヤになっちゃう」誰しも一度はこう悩んだことが …

これが性格ブス特徴!たとえ美人でもやってはいけない言動8つ!

たとえ美人でも、性格の悪さが目立ってしまう女性は性格ブスです。あなたの身近にも、 …

男ウケ抜群の香水で!「いい匂いだね!」って言われる香り8つ

いい香りがする女の人って女性でも「あっ!この人いい凝りがする!」って思いますよね …