『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

年の差婚「女性が年上」でも後悔しない!関係がうまくいくコツ5つ

toshinosakon-joseigatoshiue

世の中には男性が年上の年の差婚は珍しくありませんが、その逆で女性が年上というパターンは少ないようです。

その理由はずばり、残念ですが女性が年上だと生活がうまくいかなかったり、家族が反対する場合があるということ。ですが著名人では姉さん女房で旦那が出世してうまくいっている夫婦も少なくありません。

女性が年上でも後悔しない、年の差婚がうまくいくコツをまとめてみました。

スポンサーリンク

1.お互いの家族と信頼関係を築く

結婚は二人だけの問題ではなく、お互いの家族も巻き込むこと。ですが先述のとおり、女性が年上の年の差婚ですと、相手方の家族が反対する場合が多いようです。

結婚後も義理の家族との関係がなんとなくぎくしゃくしたり・・・。普段そこまで関わりがないのであればそれでもいいのかもしれませんが、やはり関係が良好にこしたことはありません。

ピンチの時に頼るのはやはりお互いの肉親、普段から義両親ともいい関係を築いていれば、夫婦仲に危機が訪れても何かと相談に乗ってくれるかもしれませんよ。

最初は義理の両親とのお付き合いが気まずい!と思ってしまうかもしれませんが、それでも積極的にこちらから働きかけていくことで、相手の心が開けてくるものです。大げさな行動でなくてはいいから、ちょっとした機会に電話をしたりお宅に寄ってみたり、ちょっとした贈り物をしてみてはいかがでしょうか?

2.「男は浮気するもの」と覚悟しておく

女性が年上の年の差婚だと、「いつか旦那が若い女性に目がいってしまったらどうしよう」と心配になることはありませんか?それでも最終的に選ばれたのはあなたですから、彼を信頼しましょう。

とは言え、いくら信頼できる旦那だとしても絶対とは言えないのが世の常です。特に男性の場合、動物レベルでは「若い女性たちと子孫を増やしたい」という本能を持っています。それを理性によってコントロールして社会生活を営んでいるのが、人間だと言えます。

結婚したら女性問題に限らずいろいろな障害がふたりの間に現れることでしょう。「この人なら幸せにしてくれる!」と信じることではなく、「この人とならたとえ不幸な境遇に陥ってもふたりで乗り越えられる」と覚悟するのがよりよい結婚のあり方ではないでしょうか。

「若い娘に目が眩んでも、そのうち私の元に帰ってくる!」くらいな気持ちで堂々としていましょう。

3.何があっても動じない「姉さん女房」でいる

女性が年上の年の差婚においては、女性がどんと構えて旦那を支えるというかたちがうまくいくようです。年上のあなたを選んだ彼ですから、きっとどこかで女性に母性や包容力を求めているはず。若い女性にはない魅力を発揮することで、年の差婚がうまくいきますよ。

よくよく考えてみると、活躍しているスポーツ選手で女性が年上の姉さん女房というパターンが少なくありません。プレッシャーの多いスポーツ界で日々戦っているからこそ、家庭にはほっとできる癒しの場所を求めるのかもしれませんね。

スポーツ選手に限らず働く男性には日々ストレスやプレッシャーが少なくありません。女性が年上ならば、彼を癒しつつ時に喝を入れたり、優しくも強い女性でありましょう。年の差婚においては彼の居場所であり一番の理解者でいられたらいいですね。


スポンサーリンク

4.家族計画はきちんと練ろう

女性が年上の年の差婚で一番シビアな問題が、女性の出産問題です。今は医療も発達していて高齢出産も少なくないですが、リスクを考えると後悔しないようにやはり早めに産んでおきたいもの。

夫婦のかたちも様々なので、二人で「子供はいらない」と考えているのならば問題はありません。もし片方がほしいのに片方は作りたくないという考えであれば、これは夫婦の重大な危機になりえます。

実際にあるのは奥様は子供がほしいのに旦那様は望んでいなく、長年の説得を経て旦那様が乗り気になった頃には奥様は高齢で、結局赤ちゃんには恵まれなかったというケース。ことによってはきっと一生後悔してしまいますよね。

年齢の問題はどうにもできないので、産むにしても産まないにしても、後悔しないようにふたりの納得できる結論を出すべきです。不妊治療にかかるお金のことも考えておいたほうがよいでしょう。養子をとるという選択肢だってありますよ。

5.時には年齢を気にしない

年の差婚ではいろいろと考慮しておくべき問題もありますが、なんだかんだ言って最終的に大切になるのは当人同士の関係性です。女性が年上の夫婦やカップルに話を聞いてみると、「あまり年齢差を意識したことがない」という意見も多いです。

女性は元来男性よりも精神年齢が高くなりがちな一方、柔軟性がありいくつになっても好奇心旺盛な方が多いです。女性が年上の場合、年下の夫に「男なんだから!」と過度な期待をしないですむ一方、案外年齢のギャップを感じずに過ごせるのかもしれません。

時に年上の利点を使いつつも、たまには彼に甘えてみたりして、年の差をうまく利用してしまいましょう。

おわりに

女性が年上で年の差婚だとなにかと障害が多いと思われがちで、当人たちも不安になることもありますよね。ですが、せっかく出会って結ばれた二人なのだから、ぜひ末長く仲良くしていたいもの!後さき後悔しないように、二人にとってなにが障害になるのか、ある程度覚悟と予測をしておくことが大切です。

人生にはなにかとリスクがつきものです!二人の力を合わせて乗り越えていってくださいね。


スポンサーリンク



関連記事

不安な遠距離恋愛…秘訣を押さえればむしろ楽しめるってほんと?

遠距離恋愛というと、寂しい、辛い、続かないなどのマイナスイメージが蔓延していると …

彼氏と倦怠期?必見!別れたい時にチェックするべきポイント5つ!

彼氏と付き合ってどれくらいになりますか?一般的には、3ヶ月、半年、3年など、3の …

遠距離恋愛から結婚するタイミング!男性が決意する時5パターン

遠距離恋愛は時につらく、もどかしいもの。「会えても月に数回。お互いのタイミングが …

アスパラベーコン男子の特徴は?肉食系女子にオススメ!見分け方5つ

アスパラベーコン男子ってご存知ですか? 簡単に説明すると「見た目は肉食系(ベーコ …

年下男子のデートの誘い方!OKがもらえる年上女の魅力満載な方法5つ

年下男子に恋をしたけれど、どうやってデートに誘って良いのか分からない。大人の女性 …