『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

付き合って半年で妊娠…アナタが幸せになるために考えるべきこと5つ

tukiattehantosi-ninsin.jpg

付き合って半年で妊娠発覚・・・。せっかく授かった命だし産みたい気持ちはるけど・・・。不安なこともたくさんありますよね。

付き合いが浅い状態だと彼のこともよくわかっていなかったり、妊娠となれば結婚という流れになるのも考えなくてはなりません。付き合って半年で妊娠したアナタが幸せになるために考えるべきこと5つ、ご紹介します。

スポンサーリンク

1.お互いのことを理解できているか

付き合って半年であればある程度彼氏のことは理解できてきているとは思います。結婚願望がある女性であれば、結婚を視野に入れ、考えはじめる時期ではないでしょうか?

この人とならこの先ずっと一緒に居たい!そういう想いを抱きはじめていたならば、妊娠したことがきっかけで、結婚へ向けて具体的なアクションをとりやすくなるでしょう。アナタはどうですか?

彼のことを理解し、一緒に生きていく相手とみているでしょうか?彼もあなたのことをちゃんと理解してくれていますか?価値観の不一致で離婚・・・となってしまっては生まれてくる子供にも影響がでます。お互いの理解度を確認してみましょう。

2.母親になる覚悟があるか

付き合って半年で望んでいた妊娠ではない場合、アナタ自身に母親になる覚悟があるか?ということも重要なポイントです。今まで自分中心に考えて行動できたいろんなことが、子供を中心に考えなければならないことも出てきます。

『女』から『母親』となることに抵抗は無いのか?産んで終わり・・・ではなく、赤ちゃんはアナタがいなければ生きていけません。一人の人間を育てていくことは容易なことではありません。今までのような『女』ではいられなくなります。

日々、大きくなるお腹や、自分の体調の変化に母となる自覚が芽生えてくるかもしれませんし、戸惑いをおぼえることもあるかもしれません。自分がどんな状況になっても『この子を育てあげてみせる!』という気持ちは持てていますか?

アナタの幸せのため・・・何よりもお腹の赤ちゃんの幸せのためにも母親になる覚悟があるのか?自分自身に問いかけてみてください。

3.彼氏に経済力があるのか

二人だけの生活であれば、彼に経済力がさほどなくても二人で働けばなんとかなる!ということもあるでしょう。しかし、妊娠、出産となればアナタが働けない期間もあるわけです。そうなると、彼に経済力があることも大事なポイントです。

付き合って半年だと、お給料のことなど詳しくは聞けてはいない状況ではないですか?付き合って半年くらいだと、彼氏の毎月の給料を把握しているという女性の方が少ないと思われます。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、父親となる彼氏がアナタたち二人を養っていくだけの経済力があるか確認しましょう。聞きづらいことだとは思いますが、今後の生活に関わってくる大事なことです。

将来の家計シミュレーションして、どんな生活が送れるか考えておくと良いでしょう。キツイ言い方になってしまいますが、好きという気持ちだけでは、生活は成り立っていきません。


スポンサーリンク

4.親と同居するか別居するか

お互いに若いなど、彼に経済力が無い場合には親と同居する選択肢も考えなくてはなりません。付き合って半年で妊娠となると、相手の両親への挨拶もまだしていない状態だったという可能性もあり得ます。

産みたい、結婚したいのであれば、早めにお互いの両親へ報告し、どちらかの両親と同居するのか別居するのかも話し合うと良いでしょう。彼の両親と同居となると、大変と思う方もいるかもしれません。

でも、子育てを経験した先輩が一緒に住んでくれるのはとても心強いはず。うるさく口出しをされるのは嫌!など思うかもしれませんが、可愛い孫のためを想って言ってくれているのです。

あなたの大好きな彼氏を育ててくれた両親に感謝の気持ちを持っていれば、だいたいのことは受け入れられますよ。真向から同居に反対するのではなく、アナタが楽になるためにも同居も考えてみては?

5.仕事をやめるか続けるか

アナタの仕事のことも考えるべき重要項目ですよね。とてもやりがいがあったり、アナタしか出来ないような特殊なお仕事をされているのであれば、仕事は続けたいと思うでしょう。

会社の規則などを確認し、産休育休がとれるのであればぜひ活用して、また復帰されるのが良いでしょう。ただ、無理だけはしないように。

自分は大丈夫だと思っていても、ストレスが赤ちゃんに与える影響を考えて負荷を軽くしてもらえるか話をしてみましょう。前例がある会社であればスムーズに対応してくれるでしょう。

仕事はどちらでもいいと思う場合でも、彼の経済力が不安な場合は産休、育休はとるべきでしょう。付き合って半年だとお互いのことをよくわからずに最悪離婚となってしまっても、仕事があれば慌てずに済みます。

おわりに

付き合って半年で妊娠した場合にアナタが考えるべきこと5つ、いかがでしたか?自分のなかに授かった大事な命。生まれてくる赤ちゃんと共に幸せになるために、今考えられることはキチンと整理しておきましょう。

付き合って半年であっても何年であっても、幸せに生活している人はたくさんいます。ストレスを溜めないよう、安定した妊娠生活をアナタが送れますように。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

社内恋愛の嫉妬で疲れたアナタへ!明るく前向きに恋する方法5つ

彼氏が自分と同じ職場、いわゆる社内恋愛をしているという人は意外と多いのではないで …

結婚で容姿は妥協すべき?相手に求める条件の整理方法5つ!

女性が結婚相手に求める条件で真っ先に浮かぶのはやっぱり、「経済力がある」「容姿が …

恋多き女が結婚できない理由!ゴールインできない女パターン6つ!

「恋多き女ほど結婚できない」というジンクス。 これまでたくさん恋愛してきて自分で …

もう無理かも…彼氏と別れたいと思うとき!手放すタイミング5つ!

彼氏と別れたいと思うときって一度はありますよね。でも一度は愛し合った仲…別れのふ …

30代独身女性の特徴!まだ貴女は間に合う!幸せな花嫁になる方法5つ

30代独身女性。気づけば、自分も仲間入りしてしまった…なんてあなた!周りもみーん …