男性の思う「いい女の条件」は?見た目からモテ子になるポイント7つ!

iionnanojouken-mitame

雑誌やネットと睨めっこして、「どうすれば、いい女に見えるんだろう…?」と試行錯誤したこと、ありませんか?

実は、女性の考える「いい女の条件」と、男性の考える「いい女の条件」は全然違うものなんです。

それが「見た目」になると、さらに違いが大きくなります。

今回は、男性が「見た目」でいい女だと思うポイントを、いくつかご紹介したいと思います。

チェックして、あなたも見た目から「モテ子」になっちゃいましょう!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.ネイルは「シンプルで上品」に仕上げる!

季節やイベントによってイメージを変えて楽しめるネイルアートは、雑誌でも常に特集が組まれ、キラキラした見た目の装飾は女性のテンションを上げてくれます。

でも、その可愛いはずのネイルアートが、あなたを「いい女」から遠ざけている原因かもしれません!

女性が綺麗だと思って頑張っているネイルアートは、残念ながら男性から見ると「料理や掃除ができない女に見える」「長くて尖った爪は凶器にしか見えない」「ギラギラしてて下品」と厳しい意見が上がるほど、評判が悪いんです。

ネイルアートで男性の思う「いい女の条件」は、「シンプル・イズ・ベスト」なこと。

綺麗に整えられた長すぎない爪に、薄いピンク色のマニキュアが塗られているくらいが理想だという男性が多数派のようです。

結婚式に出席する時など、どうしてもストーンなどの華やかな装飾が必要な時は、「小さいものをポイント程度に少しだけ」がオススメです。

2.服装は露出よりも「チラリズム」を心かげる!

大胆に開いた胸元や、惜しげもなく出された生脚は、多くの男性の視線を集めることができますが、その視線の多くは下心からくるものがほとんど。

これでは、見た目で「軽そうな女」や「頭が悪そうな女」と判断されてしまいます。

服装で男性の思う「いい女の条件」は、胸の谷間よりも「鎖骨」、生脚よりも「足首」、さり気なく見える「手首」や「うなじ」など、“チラリズムを上手に利用すること”です。

最初から見えている胸元よりも、「見えそうで見えない…」と男性を期待でドキドキさせるような見た目の服装が最も効果的。

「いい女に見える」チラリズムを活用してみましょう!

3.綺麗に手入れされた「ツヤサラな髪」を保つ!

ヘアカラーやパーマは、イメチェンのために欠かせないアイテム。

こだわりのカラーや、毎日の巻き髪でお洒落に気合を入れている女性は、数多くいますよね。

その気合と一緒に必ず付いてくるのが「髪へのダメージ」ですが、男性はこれを見逃してはくれません。

男性にとって、女性の髪は見た目にも「ツヤツヤ」「サラサラ」だと分かる髪が理想的なもの。

頭を撫でた時にゴワついていたり、指を通した時にギシギシしていたりすると、ガッカリされてしまいます。

女性の綺麗な髪は、男性の思う「いい女の条件」の重要なポイントとなります。

トリートメントでキューティクルを整え、綺麗に手入れされた髪をキープすることで見た目から「モテ子」に近付くことができます。

また、派手な髪色よりブラウンなどの控えめな色のほうがグッとくる男性が多く、ぐるぐると巻き過ぎた髪よりもフワフワと柔らかく揺れる髪のほうが男心をくすぐるのもポイントです。

4.ブランド物は「さりげなく」を使う!

ハイブランドのバッグや小物を使いこなす女性は、同性から見ると恰好いい女に見えるものですよね。

でも、多くの男性がこの「ブランド物」に対してシビアな考え方を持っているんです。

「いい女」や「大人の女」の雰囲気で、ブランド物を使いこなしているつもりでも、バッグも小物もアクセサリーもブランド物だらけでは、男性から見ると「逆に安っぽい女に見える」というのが本音のようです。

ブランド物について男性の思う「いい女の条件」は、ブランド物だと分からないようなさり気ない見た目の物をチョイスしたり、ブランド物のアイテムは1つに絞ったりと、 “使い過ぎないこと”です。

5.すっぴんでも「本人だとわかる」メイクにする!

メイクは女性を可愛く、綺麗に見せてくれる魔法のようなもの。

すっぴんとメイクした顔では、誰でも少しは変化があるものですが、その変化があまりにも大きいと、男性を幻滅させてしまう原因になってしまいます。

メイクについて男性の思う「いい女の条件」は、「すっぴんを想像できる」くらいのメイクを心がけること。

空も飛べそうな「つけまつげ」や、本当の目はどこからどこなのかわからない「アイライン」では、すっぴんとの差が激しいことが一目瞭然です。

つけまつげをナチュラルに見えるタイプに変えたり、アイラインを細くしたりすると、自然な目元になります。

「いい女」に近付くために、しっかりメイクしていても、ナチュラルに見える工夫をしてみましょう。

6.いつも「背筋をピン」と伸ばしている!

自分に自信がない女性は、いつも下を向いていて、男性に「暗い子だな…」と思われてしまいますし、下を向いていると、せっかくの可愛い顔も重力に負けて、台無しになってしまいます。

男性の思う「いい女の条件」には、いつも背筋が綺麗にピンと伸びていて、前向きな女性であることも含まれています。

街中を歩く時も、椅子に座っている時でも、背筋をピンと伸ばすことを意識するだけでスタイルも良く見えますし、綺麗な姿勢を保つことで身体に余計な脂肪が付くことも防げて、見た目から「いい女」に近付くことができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

女性が綺麗になりたくて頑張っていることが「男性には逆効果」だなんてとても悔しいです。

ですが、「モテ子」になるためには、男性の思う「いい女の条件」を満たすことが大切です。

今回ご紹介したポイントは、すぐに実践できるものばかりなので、是非トライして見た目から「モテ子」を目指してみてくださいね!

(ライター/kotoha*)