『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

痛い女はLINEでもイタい…!男性がドン引きする彼女の特徴5つ

相手との距離感がおかしかったり、言動がまわりとは明らかにズレている「痛い女」。

なんとなく他人事のように感じていたけれど、恋愛や人間関係につまずくことが増えると「もしかして私も…?」なんて不安になってしまいますよね。

そんなあなたへ、今回は痛い女がやっているLINEでの特徴をご紹介していきます。

LINEからなかなかデートに発展しないなあ、なんて悩んでいるあなたはぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

1.自分の話ばかりをする

痛い女にはとにかく自分の話ばかりをするタイプが多いのです。それはLINEのやりとりでもおなじ。

それも、まるで自分の容姿や性格を自慢するかのような自分アピールの連続です。はっきりいって、そんな内容ばかりを読んでいても相手にとってはなんの面白みもありません。

自分の話ばかりをされると、だんだん返信する内容を考えるのも億劫になりますよね。

しかし聞き上手な男性ほど一生懸命に返事を打ってくれるので、結果的には良い人であればあるほどに疲れ果ててしまいます。とんでもない悪循環です。

痛い女はそのことにまったく気づきません。相手の男性が前向きな反応を返してくれると、自分の話はさらにエスカレートします。

疲れ切った相手がいよいよLINEの返事を返さなくなるので、そこで関係が終わってしまうのです。

2.一方的に何通も送ってくる

相手からの返事を待てずに、次から次へとLINEを送りつけるのも痛い女の特徴です。

相手の男性からするとそんなに何通も送りつけられるとまず読むのも大変ですし、正直「めんどくさいな」と感じられてしまいますよね。

もちろん、彼女に「送りつけている」という自覚はありません。既読すらついていないのに、実況中継でもするかのようにどんどんどんどん送ってきます。

内容がひとつの話題であればまだいいほうで、場合によっては話の内容もコロコロと変わります。

相手の男性がスマホを手に取ったときには彼女からのLINEだけで未読が10通以上なんてことも日常茶飯事。

どこから返事を打てばいいのかわからなかったり、毎回そんな調子で送られてくるとさすがに疲れてしまいます。

彼女にとっては普通のことでも、相手には負担になって終わってしまうという悲しいパターンなのです。

3.病んでるアピールがすごい

いわゆるメンヘラと呼ばれる痛い女に多いのが「病んでるアピール」のLINEです。

「お腹いたい」「だるいと思ったら微熱だった~」というように体調不良を細かく報告してくるタイプもいれば、コンプレックスや長年の悩みをとんでもない長文で語るタイプもいます。

かなり重いタイプになると、飲んでいる薬や自傷行為の画像を送ってくることも。

痛い女にとっては自分のそういう一面を見せることで「心を許せる相手」や「親密な関係」としてLINEのやりとりをしているつもりなのです。

内容は基本的にかなり暗くてネガティブなので、相手の男性からするとけして楽しめるものではありません。最初のうちは心配する気持ちがあったとしても、ゆくゆくはただの重荷です。

大半の男性は「やりとりが楽しい相手」を選びますから、このようなタイプはおのずと返事を返してもらえなくなってしまうのです。


スポンサーリンク

4.自撮りをたくさん送ってくる

痛い女からのLINEでは自撮りの画像が頻繁に送られてきます。

美容室に行ったときや特別な状況にいるときだけでなく、聞かれてもいないのにその日のメイクや服装を報告するために送ってきたりするのです。

たまに写真つきでやりとりをするのは「かわいい」と好感をもってもらえることが多いものですが、あまりにも頻繁に送られてくると相手もうんざりしてしまいますよね。

「どれだけ自分が好きなんだろう…」なんて呆れられてしまっても無理はありません。

おまけに、画像は加工アプリなどで別人のように加工されていることがほとんど。作り込まれた自撮りは男性からの好感を得にくく、あまり価値を感じてもらえません。

痛い女としては自己アピールのひとつなのですが、やりすぎて逆効果になっているという悲しいパターンです。

5.束縛してくる

付き合っているわけでもないのにLINEで勝手に束縛してくるというのが痛い女のよくある特徴です。

このタイプの痛い女はちょっと仲良くなると一気に独占欲や嫉妬心を抱くようになります。自分が仲良くしている相手のことは、まるで自分のもののように感じてしまうのです。

彼からLINEの返事が遅れると「なにしてたの?」「だれかと一緒なの?」などなど、彼女のように機嫌を悪くして詰め寄ってきます。

恋人同士であっても束縛はなるべく避けたいところですが、そもそも付き合ってすらいないので相手の男性からするとまったく筋合いがありません。

「え、なんで俺が束縛されなきゃいけないの?」という気持ちでいっぱいです。

女性側が勝手に暴走している状態なので、彼は一気に引いてしまうという結果に繋がっていくのです。

おわりに

いかがでしたか?LINEというほとんど文字だけのやりとりでも、痛い女はほんとうに扱いにくい存在です。

おまけに「あなたのそういうところがイタいよ。」なんて教えてくれるような人はまずいません。

最近、あなたがもしLINEからなかなか関係が進まずに悩んでいたのなら、今回の記事を参考に自分のトークを一度振り返ってみてくださいね。

あなたのこれからがうまくいきますように、応援しています!

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

no image
徹底検証!恋愛できない理由を診断!チャンスを逃し続ける原因7つ!

もう何年も恋愛してない。好きな人がなかなかできない。いざできても、どうすればいい …

鈍感な男に「好き」って気づかせたい!彼に想いが伝わる接し方5つ

大好きな彼にアピールをしたいけれど、なんだかいまいち伝わっていない気がする…。 …

キャリアウーマンの結婚相手!ふさわしい男性のチェックポイント5つ

仕事が好きだし、これまで積み重ねてきたキャリアを結婚で捨てたくない!キャリアウー …

そのモテテクは痛い!「必死過ぎてコワい…」男に引かれてる6選

見た目もそこそこカワイイうえに、カタイ仕事に就いていて、ノリだって悪くない。そん …

彼氏ができないアラフォーはもう無理?素敵な彼をゲットする方法5つ

「アラフォーなのに結婚どころか彼氏もできない…」 恋愛経験が少ないまま年をとると …