彼女にしたい女のライン!「ずっと一緒に居たい」と思わせる内容5つ

好きな人からの連絡って、返事が来るたびに舞い上がっちゃいますよね。

「いつかは落としたい」とは思っても、なかなか気持ちを表現できないし…。

できればラインをしているうちに、好きになってくれるきっかけを掴みたいですよね

恋人になる前のやりとりってとても大切で、一歩間違えれば恋愛対象外にされてしまうかも。

今回は最悪の結果にならないために、彼女にしたい女のラインについてご紹介します!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.「私はいつでも味方だよ!」

辛いことや嫌なことがあったとき、側にいてくれる人って特別になりませんか?

自分を支えてくれる存在って、「いつまでも隣にいてほしい」そう思いますよね。

なので彼が何かあったとき、「私はいつでも味方だよ!」という内容が彼女にしたい女のライン。

彼の支えになることで、彼はあなたを必要としてくれるはずですよ。

しかも自分を理解しようとしてくれる人って、好感を持てるもの。

あなたのラインは彼にとって癒しになり、「この子と一緒になれば幸せになれるかもしれない」と思ってもらえるのです。

それに「なんでこんなに俺のこと、気にかけてくれるのだろう…」と、"好き"を言葉にしなくても好意に気付いてくれるでしょう。

2.「無理に返信しなくていいからね!」

恋をしたら、“好きな人と繋がっていたい"と思うのは当然。

あなたは今彼のことが好きで、「毎日何通もラインをしたい」これが本音ですよね。

でもあなたに興味があるか分からないときに、頻繁にラインを送るのはNG。

彼を気遣って「無理に返信しなくていいからね!」と優しさを見せることが、彼女にしたい女の条件なのです。

例えば彼の仕事が忙しいとき。

「忙しかったら返信しなくても大丈夫だよ」。

体調が悪そうなとき、「疲れてるだろうからゆっくり休んでね」。など、自分の気持ちより彼を優先することが大切。

このような内容は、“付き合ったら支えになってくれそう"だと思ってもらえるでしょう。

しかもあなたの優しさは、絶対に返事をもらえることにも繋がるもの。

「あんなに俺のこと気遣ってくれていたし…」と、彼は簡単に連絡を無視できなくなるのです。

3.「ありがとう」

「ありがとう」とこまめに感謝の気持ちを伝えることが、彼女にしたい女のライン。

いつまでも謙虚な姿勢を持っている女性は、とても印象が良くなります。

なので彼とデートを楽しんだあと…何かをしてもらったとき…、言葉ではもちろんですがラインでも伝えるようにしましょう。

ばいばいした後すぐに、「今日は本当にありがとう!楽しかったよ!」と連絡が来たら男性はキュンとするはずです。

この内容なら「またどこかへ連れて行ってあげよう」と、次のデートにも繋がるかも。

彼のモチベーションを上げることができれば、今回より楽しいプランを考えてくれるかもしれません。

何に対しても感謝の気持ちを持ち続けている姿は、「いい子だな…」と彼女にしたい女になります。

してもらって当たり前だと考えている女性は、残念ながらモテませんよ!

4.「今日もお疲れさま」

毎日仕事や勉強を頑張っている彼にとって、癒しになってくれる女性は特別な存在。

なので「今日もお疲れさま」という内容が、彼女にしたい女のラインなのです。

この一言って些細なものですが、言われた側はホッとする言葉でもあります。

職場の人以外に言われることって少ないので、「今日も頑張って良かったな~」「明日も頑張ろう!」と彼の励みになるでしょう。

でも毎日欠かさず送り続けていては、ちょっと面倒くさいと思われてしまうかも…。

ラインを始めたいときや、している最中に送るようにしてくださいね。

このとき彼が仕事を終える時間より前に、送っておくことがポイント。

職場から出てスマホを開いたとき、「お疲れさま」という一言は癒されること間違いなしです。

「あまり無理しないでね」と彼の体調を気遣う文章も添えておくと、さらに彼女にしたい女になれるでしょう。

5.「○○してみたかったの!嬉しい!」

何かをしたとき、必要以上に喜んでくれる女性は「可愛い」と思ってもらえます。

例えば彼が「○○に連れて行ってあげる」と言ったとき、「ありがとう!」だけならどこか素っ気無く感じるもの。

それが「そこ行ってみたかったの!嬉しい!ありがとう!」なら、喜びが倍伝わってきませんか?

なので「○○してみたかったの!嬉しい!」と大きなリアクションをすることが、彼女にしたい女の条件のひとつ。

このような内容は、“こんなに喜んでくれるなんて…"と男心をくすぐります。

それと同時に「こんな子が恋人だったら何しても楽しいだろうな…」と、彼女にしたい女にもなれるのです。

ラインって顔が見えないぶん、文章だけで感情を判断されがち…。

オーバーすぎるリアクションをしないと、間違えたとらえ方をされてしまうので注意してくださいね!

おわりに

今回は、彼女にしたい女のラインを5つご紹介しました。

いかがでしたか?

片思いのときは、好きだからといってぐいぐいアプローチしすぎるのはNG。

興味のない相手からのしつこい連絡は、正直「うざい」と思われてしまうだけです。

なので適度な距離感を保ちつつ、良い印象を持ってもらいましょう。

そうすればきっと彼女にしたいと思ってもらえますよ。

ご紹介したことを参考に、彼を恋に落としてくださいね!

(ライター/u-tam)