実は悩み!彼氏が優しすぎるせいでイライラしちゃう原因5つ!

karesi-yasasisugiru-iraira

最初は彼の優しいところに惹かれてた…でも最近は優しすぎるせいでイライラしちゃう。

人からは贅沢な悩みだって怒られそうですが、そういうことってありますよね?

実はイライラや怒りって第二次感情といって、心配や不安、欲求など別の感情から引き起こされるものなんです。

つまり優しすぎる彼氏に対してイライラする原因は別の感情があるということ。

今回は彼氏が優しすぎるせいでイライラしてしまう原因を探ってみましょう!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.彼氏の本心が読めない

いつも話を聞いてくれる、行きたいと言った場所に連れて行ってくれる…言うことなしの優しい彼氏のはずですが、「優しすぎる」と感じてイライラしてしまうことも。

「本当はイヤなのに我慢して隠してるんじゃないの?」「本当は他に行きたいところがあったんじゃないの?」というちょっと不安な気持ちがでてきてしまうからです。

彼の本心が読めないことへの不安がイライラの原因になるんです。

男性は女性よりも言葉数が少ないのが普通ですし、自分の気持ちを表現するのもあまり上手ではありません。

でもあなたの話をいつも聞いてくれたり、あなたの望みを叶えようとしてくれているのは、シンプルにただ自分の彼女を喜ばせたいという気持ちが強いからなんです。

「たまにはあなたの話が聞きたい」「あなたの行きたい場所に行きたい」と伝えることで、それも叶えようとしてくれるはずですよ!

2.罪悪感を感じてしまう

デート中は荷物を持ってくれて、どこにいても迎えに来てくれて、ご飯をおごってくれる優しい彼。

ところがこの優しすぎる行動にもイライラ…。

このどこからともとなく表れるイライラの原因はあなたの罪悪感のせいかもしれません。

「荷物を持たせて申し訳ないな」「こんな遠くまで来てもらってごめんね」「いつもお金使わせて悪いな」という罪悪感があったりしませんか?

でもこの罪悪感によるイライラは優しすぎる彼氏のせいではありません。

あなたの中で「Give and Take」のバランスがとれていないと感じることが原因なんです。

せっかくの彼の好意を「これ以上優しくしないで〜!」とTakeを減らそうとするのではなく、あなたからのGiveを増やしてみては?

いつも荷物を持たせて申し訳ないと感じているなら、たまにはマッサージをしてあげたり、お金を使わせて悪いなと感じているなら、サプライズでプレゼントを用意したりするのがオススメです。

3.自分がワガママになっていく気がする

あらゆる場面であなたを優先してくれる優しすぎる彼氏。

付き合い始めてすぐの頃はその優しさにいちいち感動していたはずなのに、だんだんそれを当たり前と感じるようになっていくこともあります。

当たり前にしてはいけないとは思っているけど、つい…。

そして優しすぎる彼氏の行動に慣れていくと、自分のことをワガママなんじゃないかと不安になってしまうことがあるんですよね。

この不安が、「私をワガママ女にしないでよ!」という不満につながって、腹が立ってしまうわけです。

でも、ワガママになっていくようで不安だと感じているなら、あなたは決してワガママではありません。

本当にワガママな人は、自分がワガママであることに気が付かないものなのです。

優しすぎる彼氏には、イライラを感じた分だけ「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

「当たり前にあるもの」の反対の言葉は「有ることが難しいもの」、つまり「有り難う」という言葉なんです。

4.自分の器が小さく思えてくる

もはや尊敬してしまうくらい優しすぎる彼氏。

気が利くし、頼みごとをしてもイヤな顔一つしないし、何でも笑って許してくれる広い心をもっている、本当に素敵な彼氏。

でも、やっぱりなぜかイライラが…。

その理由は、彼の人としての大きな器を見せつけられて、自分の器が小さく思えてしまうから。

ほんの小さなことにイラついてしまう自分や、何かを頼まれてイヤイヤながらにOKした自分を恥じてしまうんですよね。

でも恥じる必要なんて全くないんです。

自分の器が小さいと感じてしまうのは、「彼のように心の広い優しい人でありたい」と思っているからこそなんですから。

優しさの種類って本当にたくさん。

人に親切にするのも優しさ、人から親切を受け取るのも優しさなんです。

彼氏と同じ優しさを自分に求める必要はありません。

あなたなりの優しさをもっていれば大丈夫なんです。

5.彼のことを頼りなく感じてしまう

「どこ行きたい?」「何食べたい?」「何かほしいものある?」といつもあなたの希望を聞いてくる彼氏。

これは考えるのが面倒だからではなく、あなたの望むことをしてあげたいと願っている証かもしれません。

でも、優しすぎるがゆえの毎回の「希望調査」に腹が立ってしまうこともあります。

「たまにはあなたが決めてよ!」「たまにはデートで私をリードしてほしいのに!」という気持ちになっちゃうんですよね。

彼に引っ張ってほしいという乙女心が満たされずに、イライラに発展してしまうのです。

イライラしないためのコツは、デートは事前におおまかなプランニングをしておくことです。

午前中の行き先、ランチの場所、午後の行き先などをあらかじめ決めておくでデート中のあらゆる場面で「どうしたい?」と聞かれずにすみます。

大まかなプランが決まっていれば、彼もリードしやすくなるはずですからね。

おわりに

いかがでしたか?

優しすぎる彼氏って、ホントに全く悪気がないんですよね。

ただひたすら優しいんです。

だからこそ腹立たしくなっちゃうんですけどね。

解決するためには「イライラ」の原因になっている別の感情を知ることが大切です。

その原因が不安なのか、罪悪感なのか、恥じらいなのか、自分の本当の気持ちを探ってみてくださいね!

(ライター/Tommy.)