『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

84 views 

告白された!断る理由がない場合どうする?返事の仕方8パターン!

恋愛感情のない相手から告白された。良い人だとは思うし、今恋人もいないということで断る理由がない。でも好きでもないのに付き合うってありなのかな…。

なんとも思っていなかった相手から思いを告げられたら、どうすればいいものか戸惑ってしまいますよね。

相手との関係を壊したくないなら、なおさらです。

今回は、告白されて断る理由がない場合、どんな返事をすれば良いかをご紹介します!

スポンサーリンク

1.本音は隠してOKする

好きでもないのに付き合って良いものか、と悩むのもわかりますが、「断る理由がない」ということは立派な付き合う理由になります

なんとも思ってなかった人にからの告白に対し、本音を隠してOKする人って意外と多いんです。

「好きじゃなかったけど、愛の深さにだんだん惹かれていった」と、そのまま結婚に至るケースも珍しくありません。

何が起こるかわからないのが恋愛というもの。とりあえず付き合ってみると、新しい世界が広がるかもしれませんよ。

2.本音を伝えたうえでOKする

付き合ってみるのは良いけれど、本音を隠すことに抵抗があるという場合もありますよね。

断る理由がないのなら、本音を伝えたうえでOKするのも良いでしょう。

「告白されるまで、正直○○(相手)のことそういう風に見たことがなかった。」

これから好きになれるかもしれないし、傷つけてしまうかもしれない。ずるいかもしれないけど、それでもいいなら…。」

ただ、この返事を飲むかどうかは相手次第です。断られても仕方ないと思って臨んでくださいね。

3.徐々にステップアップすることを提案する

いくら断る理由がないとはいえ、突然お付き合いするのは難しい…。

それならば、徐々にステップアップすることを提案してみてください。「まずはお友達から…。」ということですね。

すでに友達の場合は「告白で初めて○○(相手)の気持ちを知ったから、まずは恋愛対象として意識するところから始めても良い?」と聞いてみましょう。

その中で恋愛感情が芽生えれば、お付き合いにステップアップすればいいですし、どうしても友達の域を脱せないなら、それはもう充分断る理由になりますよ。


スポンサーリンク

4.好きにさせる努力を求める

あなたが恋愛の主導権を握りたいタイプならば、告白の返事を最大限に利用してみるのも良いのではないでしょうか。

好きにさせる努力を求めるのも、選択肢のひとつです。

「断る理由がない」という状態のあなたの心を、どれだけ動かす努力をするかで、相手の本気度を見ることもできます。

ただ「好きにさせてみせてよ。」と、あからさまな上から目線の態度を好む人は少数派です。

「あなたのことを意識するようにするから、いっぱい素敵な所を見せて欲しいな。」と言うと、尽くしてくれるようになりますよ。

5.本音を素直に伝えて相手に委ねる

相手がどれくらいの熱量であなたに告白してきているのかがわからず返事がしづらい、というパターンもありますよね。

そんな場合は、断る理由がないという本音を素直に伝えて相手に委ねること。

「それでも好きな気持ちは変わらないし、絶対好きにさせてみせる!」と言ってくれるのであれば、お付き合いしてみるのもアリです。

「え、じゃあどうして欲しいの?」など不機嫌な態度が返ってくれば、楽しいお付き合いはできそうもありませので、その場でお断りしましょう

6.いい加減な気持ちでは付き合えないと断る

断る理由がないけれどOKする理由もないし、こんな状態では相手に申し訳ない…

そんな気持ちが強いならば、いい加減な気持ちでは付き合えないと断るのが一番です。

告白を断る時に大切なのが、「誠意を見せる」ということ。

「あなたのことが大切だから、いい加減なことはできません!」という姿勢で誠心誠意伝えれば、相手もきっと納得してくれますよ。

7.嘘でも理由を作って断る

告白に対し断る理由がないことが、断りにくい原因になっている…なんてことありませんか?

恋愛は真面目に取り組めば上手くいくとは限りません。嘘でも理由を作って断れば良いんです。

ただ「タイプではないから。」「生理的に無理。」など、相手が原因となるような理由は、傷つけたりこじれたりする可能性が高いため避けましょう。

「今は彼氏を作る気分ではない。」「他に好きな人がいる。」など、あくまでもあなた側に原因があることを協調してくださいね

8.本気で好きになった人としか付き合えないと断る

相手が「断る理由がない」ことをわかったうえで、告白してきているケースもありますよね。

それでもあなたが付き合うことに踏み切れないのであれば、本気で好きになった人としか付き合えないと断るのが自然です。

私は、本気で好きにならないと付き合えないから…。不器用でごめんね。でも告白してくれたのは嬉しかったよ。ありがとう。」

と、断るのはあくまで自分の性格が招いたことであり、決してあなたのせいではないのですよ、ということを伝えましょう。

おわりに

告白されて断る理由がない場合、どんな返事をすれば良いかをご紹介してきましたがいかがでしたか?

残念ながら、付き合うにしても断るにしても、今まで通りというわけにはいきません。相手が関係の発展を望んでいる時点で、関係性は壊れています。

ならば「断る理由がない…」と迷う必要はありませんよね。あなたの望む方法で告白に返事をすればいいんです

ぜひ、自分の気持ちと向き合って、あなたが納得する結論を出してくださいね!

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

絶食系男子が好きっ!恋愛に興味ない彼を攻略する方法7選!

巷で話題の絶食系男子を好きになってしまった!?恋愛にも、ましてや女性にも興味ゼロ …

彼氏と初キスの仕方って?たまらず彼がしたくなる秘密テク5選!

デートを重ね仲良くなったのに、いつまでも彼氏がキスしてくれない…。付き合ってから …

男性が結婚を考える彼女って?嫁にしたいと思わせる女性の特徴9個!

私もそろそろ、真剣に将来を考える時期かな…。でも、いつも結婚までいかないで終わる …

気が強い女性が好きな男性!彼らを見極める特徴7つ!

「仕切りたがりで、いつもでしゃばっちゃう。しっかりし過ぎで、女として可愛げのない …

束縛彼氏を安心させる!不安な彼の気持ちを優しく包み込む方法5つ!

「大好きな彼氏。でも嫉妬深くて束縛が激しい…。」 彼のことは大好きだしとても大切 …