マザコン男の特徴!気になる彼氏の地雷ポイント5つ!

mazakon-otoko-tokutyou

まず、そもそもマザコンの定義ってなんでしょう?

「一緒に買い物や食事をする」「ママと頻繁にメールやライン」…、いえいえ違います!

母親を大事にするママ仲良し男子もたくさんいますので、その特徴があるからといって、マザコンと一言で表すのはナンセンス!

付き合っている時には分かりにくいコトですが、実はある特徴が彼らにはあったのです。

結婚すればいろいろと面倒な問題を起こすマザコン。

もうガマンの限界…なんて手遅れになる前に、地雷ポイントをご紹介しますのでぜひチェックしてください!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

 1.優柔不断

マザコンとは関係ないように思われますが、何かにつけて決断できない特徴をもつ男は可能性が高いといえます。

なぜなら、彼らはいつも母親の意見に従ってきたので、決断する力が育っていないのです。

私たちは、小さい頃から日々、さまざまな選択をしています。

日常の生活から進路・就職に至るまで、決断を迫られる機会を経て大人になっているのです。

もちろん、大事な局面で迷うことは誰でもよくあります。

しかし彼らの場合、どうでもいいところで優柔不断を発揮してくれます

毎日着ていく服、出かける場所、レストランで注文するメニュー…など、何でもないことでいちいち迷います。

「何でもいいから早く決めて」なんてうんざりされることもしばしば。

さらに厄介なのは、自分の優柔不断さを指摘されるとイライラし、自分のことなのに「何で決めてくれないんだよ!」と逆切れしだしたりします。

そうなれば、ほぼマザコン決定といっていいでしょう。

 2.母親の意見で行動する

これはわかりやすい特徴ですね。

ことあるごとにすぐ母親に電話で聞くのは、マザコン男によくある傾向の一つです。

「○○に行きたいけど、どの電車に乗ったらいい?」

「風邪ひいたみたいだけど、どうすればいい?」

「今日、昼ごはんは何食べたらいい?」

など、母親の意見に従って行動するのが習慣になっています。

突然の飲み会の誘いも「母親がご飯を用意しているから」と断るのは当たりまえ。

要注意なのは一見するとわかりにくい、隠れマザコン!飲み会の連絡もしなければ、いちいち尋ねる電話もしません。

しかし、彼が食べたいといえば夜中でも夕飯が用意されますし、病気になれば彼の代わりに病院の手配まで母親がしてしまいます。

付き合っていてもマザコンとは気づきにくい彼ですが、実は面倒なことをすべて母親任せにしていることも。

自分勝手なわがままタイプの彼が結婚すると、これまで母親がしてくれていたことと同じことを妻にさせるため、一番厄介といえます。

母親と同じようにしてくれなければ、機嫌を損ね怒り出すこともあるので見極めることが大切です。

 3.母親と比較する

マザコン男の女性に対する評価の基準はすべて母親です。

付き合う女性を選ぶときは必ず、「母親と比べてどうか?」で決めています。

誰しも母親と彼女を比べることはあるかもしれませんが、厄介なところは「母親と同じことをしてくれるか」が重要になってくるのです。

まさに、第二の母親を求めているのが彼らの特徴。

風邪をひいたときなど、「母親だったら寝ずに頭を冷やしてくれた」とか、「体を拭いてくれた」など、彼女や妻も母親と同じように世話を焼いてくれるのが当たり前だと思い込んでいるところがアウト!

結婚してからはトラブルの元に。

母親と同じことをしてくれる」イコール「愛情」だと信じていますので、話し合っても折り合いが付きにくいことが問題です。

4.母親と同じ味を求める

料理に関しても、母親の味にこだわり過ぎる彼は要注意

母親の料理や味付けが好きになるのは、その味で育ってきたから、多少は仕方がないことです。

ただそれを強要する、もしくは堂々と「母親の料理が一番だ」と言ってしまう無神経さはレッドカードです。

彼女や妻の料理も「この料理もおいしいね」と認めながら、「もっとこういう味付けの方が好きだ」とか「こういうアレンジもいいかもね」と、その「家の味」ができるのはステキだと思います。

しかし、そこで「母親の味」そのものを求めるのは、彼女や妻を尊重できない男の特徴といえます。

もちろん、親しんできたお袋の味を愛する彼の気持ちも当然あります。

しかし、そこで彼女や妻が作った心のこもった料理を受け入れる器のある人こそ、自立した大人の男性ではないでしょうか。

5.生活力が低い

身の周りのあらゆるコトに母親が手や口をだすため、家事はもちろん整理整頓から他者とのコミュニケーションに至るまで、自分一人ではできない典型的なダメ男タイプがいます。

自分の洋服を選べない、彼女とのデートの仕方を母親に聞く、会社への連絡も母親が変わりにやってしまう…なんてことも。

このように分かり易いマザコン男は、予防線を張れるので被害にあうことは少ないですが、要注意なのは、一見女性からモテそうな隠れマザコン。

お母様の教育が行き届いているため、身の周りのことはもちろん、料理や趣味にいたるまで多才にこなし、生活力が高そうな理想の夫に見えます。

母親が子離れしてくれていれば問題ない優良株といえますが、いつまでも息子に口出し、それを当然のように受け入れている彼なら地雷あり。

結局は、母親に従う生活から自立していないため、嫁よりも母親の意見が最優先

嫁と姑が対立した場合、もちろん母親の味方になるでしょう。

6.女性に優しい

マザコンも悪い面ばかりではありません。

基本的に母親に愛されていて、そして彼も母親を大切にする気持ちが強いからこそ、関係が濃密になり過ぎているのかもしれません。

そんな男性は、彼女や妻になった女性に対しても優しい態度をとるプラスの特徴ももっています。

ただ問題なのは、いつも母親が喜ぶことが彼の行動の最優先事項になっている場合です。

母親の話がちらほらと出るのは、愛されて育った男性ならば当然あることです。

ですが、「お母さんがいつも褒めてくれた」「お母さんはこうしていた」と、常に母親の話が出るのは地雷ポイント高めです。

当然、妻は母親の次…なんて、一緒に生活するパートナーとしては、モヤモヤが募りますね。

長年連れ添っている間に、母親より妻への愛情が比重を占めてくることもありますが、いずれにしても母親との関係に悩まされそうです。

おわりに

いかがでしたが?

「男はみんなマザコン」なんて言いますが、親離れしていている自立した男性は、そもそも母親と彼女や妻は比較対象にしていません。

母親は大切にするけれど、妻や家族との関係は別に考えているものです。

彼も母親もマザコンの意識は全くないことが多いので、問題解決が難しいところ。

気になる彼と母親の関係をよく観察して、地雷を踏まないように気をつけてくださいね。

(ライター/niko)