諦めないで!喪女でも結婚できた!彼女たちが幸せを掴んだ方法12個

いままでモテたことがないし、彼氏いない歴は年齢と同じ…。このままじゃ、どう考えても結婚できる気がしない!

周りはどんどん結婚していく中、自分だけ男性経験すらない状態だと、このまま喪女で一生独身なのかなと不安になりますよね。

でも諦めないでください!一念発起して頑張ることで、素敵な人と出会い、結婚できた喪女も大勢いるんです

今回は、彼女達が幸せを掴んだ方法をご紹介します!

アドセンス広告(PC&モバイル)

スポンサーリンク

1.自分の市場価値が高くなる婚活パーティに参加した

結婚したい人がすることといえば婚活ですよね。

ここで重要なのが「どんな婚活方法を選ぶか」ということです。

結婚できた喪女の意見で多かったのが、自分の市場価値が高くなる婚活パーティに参加して、やっと良い相手に巡り会うことができたというパターン。

自分に合った婚活方法を見つけることが、自分に合った男性を見つけることにつながるのです。

「今までは若い子に負けてしまっていたけど、年齢制限のある婚活パーティーに参加したらすごくモテて、その中からいい人を見つけた。」

「オタク専門の婚活サイトに登録したら、気の合う人がすぐに見つかり結婚できた。」

先輩喪女たちも最初からうまくいっていたわけではありません。数々の婚活に挑戦し、失敗を繰り返すことで、より自分に合った婚活方法を見つけていったのです。

失敗から学び戦略を立てると、比較的早く、自分にはどんな婚活が良いのかがわかります。

あなたもぜひ、自分に合った婚活方法を見つけてくださいね!

2.とにかく自分を磨いた

結婚できた喪女の中には「あなた、モテなかったって本当ですか?」と聞きたくなるようなキラキラした人達がいます。

彼女たちは「このままの自分では結婚できない…。」と危機感を覚え、必死に努力をしたタイプ。

自分を磨くことで、男性からの反応が劇的に変わり、結婚につながったのです。

「デブでブスのままではいけないと思い立ち、痩せて化粧を覚えたら、男性にモテるように。」

「コミュ障だという自覚があったので、できるだけ笑顔で、ポジティブに人と接するように意識したら、今の夫が気に入ってくれた。」

外見にしても、内面にしても、磨いた方が結婚できる確率はグンと上がります。

自分は喪女だから…と何も努力をせず卑屈になっている女性は、思っている以上に男性から嫌われるのです。

結婚できた女性たちは、努力しているんですよ!

3.積極的に出会いの場に参加した

「とにかく数をこなしたら、物好きがいて結婚できた!」ということも多いのが既婚喪女の特徴です。

どうしていいかわからないから、とりあえず何度も何度も挑戦する。

ハートの強さがかなり重要になってきますが、こうして積極的に出会いの場に参加しているうちに、男性にも慣れてきます。

コミュニケーション能力が上がるため、成功率も上がるという自然な流れです。

自分は筋金入りのコミュ障だから無理…!というあなた。

「みんなが楽しそうにしている婚活パーティーで、ひとりぽつんと突っ立っていたら、それが気になったらしく声をかけられ、それが縁で結婚できた。」なんてパターンもあるんです!

世の中にはいろんな男性がいるものです。あなたのことを好きになる男性も絶対にいます。

幸せを掴んだ喪女たちは、その男性を自ら探しに行ったのです。

どんどん出会いの場に参加することも、運命の人を見つける方法のひとつなんですよ。

4.開き直って趣味に打ち込んだ

幸せを掴んだ喪女の中には、一度結婚を諦めたら、逆に結婚できたという人も。

「結婚は、もういい!私はひとりでも人生を楽しく生きる!!」と開き直ると、今まで抱えていた「結婚しなきゃ…」という不安や焦りが消え、心に余裕ができますよね。

さらに趣味に打ち込み、やりたかったことをどんどん達成することで自信がつきますし、楽しむことで魅力が増します。

自立心があり、人生を楽しむ女性に惹かれる男性は多いもの。

結婚を意識しなくなり人生を楽しみはじめた途端、結婚できる喪女が多いのもこのためです。

「どうせ一生ひとり者なのだから、一生できる趣味をみつけてやろう!と意気込んで入ったサークルで今の夫と出会い結婚できた。」と、趣味を通じて出会いを見つけたという女性も。

案外こういうのも結婚への近道なのかもしれませんね。

5.周りの人々に紹介を頼んだ

周りに婚活宣言をしたら、良い相手を紹介してもらえて結婚できたという喪女も。

婚活していることが恥ずかしくて、つい隠してしまうという人も多いのですが、孤独な戦いは辛いため、諦めにつながりがち。

幸せを掴んだ喪女たちは、ひとりで抱え込まず、周りに頼ることができたから結婚できたのです

また、同僚や自分の友達など、信頼できる人から紹介してもらった相手は、全く知らない相手より安心できるので、お互いに心を許しやすくなります。

さらに、紹介してくれる人は「この子には、こんな男性が合うんじゃないかな…。」とある程度考えてくれているもの。

その結果、相性が良いと感じる男性に巡り会いやすくなるのです。

「男性の知り合いが多い同僚に、たくさん紹介してもらった中から、相性のいい人を見つけた。」

「友達に、たまたま紹介してもらった人と、とても気が合った。」

そんな意見が多いのにも納得できますね。

6.ゲームを通じてネットで知り合った

ネットを使えば世界中の人と交流が出来る時代とは言え、出会い系のサイトやアプリって、なかなかハードルが高く感じますよね。

まずは、ハードルの低いネット上で男性と楽しく遊ぶ事から始めてみてはいかがでしょうか。

ゲームを通じてネットで知り合った男性と結婚できた、という喪女は意外と多いんですよ。

「友達もいないし、趣味と言えば当時熱中していたネットゲームだけ。でも、その中で意気投合した人と、勇気を出して会ってみたら、最終的に結婚できた。」

そんなこと本当にあるの?!と思うかもしれませんが、実は、パソコンが一般家庭に普及し始めた頃から、喪女には良くあるパターン。

ただ、やはり良く知らない男性に会う事は、ある程度の危険を伴います。

最初から彼の話の全てを信じ込んだり、すぐに関係を進展させたりといった軽はずみな行動は避けましょう。

ゆっくりとお互いの事を知っていくことが出来れば、ネトゲは非常に有効な手段と言えますよ!

7.お見合いをした

喪女で男性が苦手だから、男性が大勢いる場所に参加するような婚活を選ぶ勇気がない。

それでも結婚したい!と言うのであれば、お見合いをして結婚できた女性を参考にすると良いですよ。

お見合いは、プロがあなたに合いそうな男性を紹介してくれる訳ですし、男性側も真剣度が高いので、必然的に成婚率が上がります。

「自分で探しに行く肯定を考えると面倒過ぎたので、お見合いにした。何人かの男性と会ってみて、反応が良かった男性と結婚できた。」なんて人も。

お見合いという形式は、恋愛において積極的に動くことが苦手な喪女にとってぴったりなんです。

調べれば、お見合いの場はたくさんあります。まずは結婚相談所を探して、登録してみましょう。

8.元々知り合いだった人と仲を深めた

結婚できた全ての喪女が、結婚のために新しい出会いを探したわけではありません。

元々知り合いだった人と仲を深めた、というケースも多いんですよ。

「久しぶりに会った男友達と話が弾み、頻繁に連絡をとるようになり、恋愛に発展した。」というのが王道パターン。

「元々仲が良かった既婚者の男性が、離婚してフリーになってたから。お互いちょうどいいかなと思って。」なんて人も。

相手や理由は様々ですが、このケースで結婚できた喪女に共通しているのは、タイミングを上手く掴んだということです。

運命の人は、意外と身近な場所にもいるもの。

なんだかこの人と縁があるな…と感じた場合は、交流を増やしてみると良いかもしれませんね。

9.自分と似たタイプの男性と仲良くなった

喪女という言葉は使わないまでも、「付き合うならば恋愛経験のない女性が良いな…。」と考える男性は一定数います。

特に、恋愛経験のない男性の中には、経験豊富な女性を敬遠する人も。

自分と似たタイプの男性と仲良くなって結婚できた、という喪女が多いのはそのためです。

「職場に、今まで一度も恋愛経験がないという男性が多くて、その中のひとりに告白された。」

「恋愛経験がほとんどないと言う男性と、とても話が合った。特に恋愛に関する考え方がとても似ていたため、すんなり付き合え、結婚できた。」

といったように、お互いに恋愛経験のなさを気にせず、スムーズに進展するんです。

ただ、恋愛経験のない男性と喪女の恋愛は、手探りな部分が多いのも事実。

理想とは少々違う部分も多くなりますが、そこはお互い様であることを忘れず、一緒に成長していくといった気持ちでいてくださいね。

10.好きな人に猛アプローチした

喪女は男性とお付き合いをしたことがないというだけであって、好きな人が出来ないというわけではありませんよね。

もし、今好きな人がいるのであれば、その気持ちは大切にしましょう。

好きな人に猛アプローチした末に、結婚できたという喪女は確実に存在するんです。

「喪女である自分が生半可なアピールを繰り返していては、いつまで経っても結婚できないと考え、手を替え品を替えひたすらアプローチし続けた。」

何度振られても諦めずにアピールし続け、結婚を勝ち取ったパターンですね。

「好きな人に喪女であることを馬鹿にされたのが悔しくて、彼好みの容姿に自分を磨き、堂々と行動する姿を定期的に見せたら、むこうから告白してきた。」

なんて強者も。

アプローチの仕方は様々ですが、結婚できた女性は、どこかで一念発起した瞬間があります。

結婚したい!と思った今が、あなたの決断の時かもしれませんよ。

11.利害関係が一致する人を見つけた

結婚できたけれど、実は相手を愛しているわけではなかったという喪女も。

彼女達は、結婚のために利害関係が一致する人を見つけたんです。

「恋愛をしたいわけではない。でも子供は欲しいし、一生独り身でいたくない。だから、同じような考え方の人を探して結婚した。」

結婚できたという結果に、恋愛は必ずしも必要ではないと言うことですね。

あなたが、恋愛が苦痛で喪女でいる事を選択しているのならば、非常にオススメな方法と言えます。

ただ、恋愛をしないにしても、相手選びが適当すぎると後悔する事に。

「今でも旦那のことを恋愛的に好きとは言えないけど、大事な存在ではある。」

と言えるように、お互いを尊重出来る相手を選ぶのが重要ですよ。

12.リア充っぽい行動を研究し実践した

何かを始める時に、形から入るという人がいますが、喪女卒業も形から入ると上手くいくかもしれませんよ。

リア充っぽい行動を研究し実践したら、結婚できたという女性の意見を参考に、行動から変えてみましょう。

「容姿が変わったわけではないのに、リア充っぽい行動をすると、まず友達が増えた。そこから、出会いが広がった。」

付き合う仲間が増えると、恋愛の幅も広がるというのは良くある話。

「リア充の研究をしてみてわかったことは、リア充にはリア充が寄ってくるということ。その中のひとりが今の夫。」

というように、行動ひとつで、結婚に近づくことができるものなんです。

「表面だけ変えたところで…。」と、変化を嫌うのが喪女の悪い癖。

結婚できた女性はみんな、失敗を恐れず行動だけでも変えようと頑張ったんですよ。

おわりに

結婚できた喪女たちが幸せを掴んだ方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

どの方法にも共通するのは、結婚するためには行動あるのみ!ということです。

運やタイミングが良かったという意見も多いのですが、それを活かせたのは、自分から積極的に行動したからこそ。

「どうせ私が何をしたってうまくいかないよ…。」というネガティブさが、幸せを阻む最大の敵なんです!

先輩たちの経験を参考に、あなたもぜひ幸せを掴んでくださいね!

(ライター/sayuki)