『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

好き避け?嫌い避け?lineで見破る!好意を判断するポイント5つ

好きな人とlineができるのって、とても幸せなことですよね。

でもその内容が、どこか素っ気無かったり…。よそよそしい態度を取られている気がしたり…。そんな返事ばかりだと、「嫌われているのかな?」と不安になると思います。

でも彼があなたに冷たくするのは、嫌われているだけが原因じゃありません。今回は、lineで”好き避け”と”嫌い避け”を判断するポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

1.lineを「無視されても別の日に返事がくる」か「そのまま返事が来ない」

好きな人を意図的に避けていたとしても、実際は”嫌われたくない”これが本音。なので一度はlineを無視されても、次の日~数日後には返事がくる…これは好き避けといえるでしょう。

好き避けの場合は、「返事を返せなくてごめん…」「忙しくて…」と無視したあとのフォローがあります。このような返事をしておけば、あなたに嫌われることはありませんよね。

逆に嫌い避けの場合は、いつまで経っても返事が来ないことが特徴のひとつ。嫌いな人に対して、日を改めて”もう一度lineを再開する”なんてことはありません。

「どう思われてもいい」そう思っているからこそ、無視することに抵抗がないのかも…。嫌い避けなら、返事をしていない状況で“傷つけてしまうかもしれない”という考えすらないのでしょう。

2.既読が「付いているのに返事がない」か「何日も付いていないまま」

既読が付いていると、「何でlineを見ているのに返事してくれないの?」と疑問に思いますよね。でもこれも好き避けのひとつ。わざと既読をつけることによって、あなたの様子を伺っているのかもしれません。

その他にも大好きなあなたとのやり取りだからこそ、必死に返事を考えている可能性もあります。「どう言葉を使ったらいいかな…」「この文章なら”好き”がばれないかな?」など、慎重になっているから返事が遅れてしまうのです。

でも嫌い避けの場合は、既読がつくことすらありません。あなたとのlineのやりとりが面倒くさくて、わざと既読を付けないように削除している…もしくはブロックされている可能性があるでしょう。

既読が付いていないことを”相手にばれる”と分かっていながらも、このような態度をとるのは99%嫌い避け。むしろ「避けていることに気付いてほしい」と、遠回しに気持ちを表現されていることも…。

3.返事を「スタンプだけで返してくることがある」か「うん」

もし彼が女性慣れしていないタイプなら、lineでのやり取りが苦手なはず。スタンプだけで返してくることがある…これは好き避けの可能性が高いといえます。

なぜなら女性慣れしていないということは、“どう返事をしたらいいのか分からない”ということ。ちょっとした一言で「大好きなあなたを傷つけてしまうかも」と、文字にしない無難な手段を選んだのでしょう。

例えば「うん」という返事でも、文字にすると「楽しくなさそう…」とあなたを傷つけてしまう可能性があるもの。好き避けなら、少しでも明るく「うん」を表現できるようにスタンプを使うのです。

もし嫌い避けなら、あなたにどう思われるか…なんて考えていません。むしろ明るい気持ちを出さないように、スタンプなんて使おうとは思わないでしょう。


スポンサーリンク

4.「素っ気無い文章なのに興味を示す内容がある」か「話を早めに終らそうとしてくる」

好きな人に向ける態度って、どれだけ避けようと思っても“好意”が現れてしまうのが現実。淡々とした素っ気無い文章の中に、少しでもあなたに興味を示す内容があれば好き避けでしょう。

例えば好きな食べ物を聞いたときに、「○○だけど。」という返事だけなら嫌い避け。「○○だけど。お前は?」あなたを知りたがっている…これは好き避けだといえます。

その他にも”好きな気持ちがばれてしまっては困る…”と、あえて素っ気無さそうな文章を考えている可能性もありますよ。

もし嫌いな相手なら、”知りたい”や”興味がある”なんてことありませんよね。なのであなたから質問をしても、ただ答えられるだけ…これは嫌い避けだと思っておいたほうがいいでしょう。

5.「たまに絵文字を使ってくる」か「全く使ってこない」

どれだけ素っ気無い態度を取っていても、大好きなあなたから嫌われるようなことはしません。そのため、たまに絵文字を使ってくる…これは好き避けのひとつ。白黒な文章を送り続けることは、好意があるからこそできないのでしょう。

だから何通かに一度絵文字を入れて、”嫌われない努力”をしているのです。好き避けの場合は「あなたに好意がばれるのはイヤ」だけど、「嫌われたくない」ことが大前提だと思っておいてくだいね。

逆に嫌い避けだと、絵文字を使ってくることはありません。これは、そもそもlineのやり取りが楽しいと思っていないからです。もしかしたら、「楽しんでいると思われたくない」そこまでの理由があるかも…。

なので何通やり取りをしても白黒な文章が続いた場合、嫌い避けの可能性が高いもの。あまりしつこく連絡をせず、少し距離を置いてみる…これもひとつの手かもしれませんね。

おわりに

今回は、”好き避け”と”嫌い避け”をlineで見破る方法をご紹介しました。いかがでしたか?

もし彼とのlineが好き避けに当てはまるのなら、「嫌われている」とアプローチを辞めるのはNG。逆に、どんどん自分からアプローチしても大丈夫です。

彼があなたから好意に気付けば、「避けるのではなく自分の気持ちに正直になろう」そう思ってくれるはずですよ!

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

告白されたいアピール!彼から「好き」を引き出すテクニック6選!

「付き合いたい」と思っても、告白してくれない…。大好きな彼から告白されたい! な …

一緒にいて落ち着く人になるには?思わずそばにいたくなる秘訣5つ

好きな人には「そばにいると落ち着くなあ」と思ってもらいたい。一緒にいて落ち着く人 …

素敵なカップルの特徴!「最高の関係」が生み出す憧れポイント5つ!

あなたの周りには素敵なカップルはいますか?「憧れるな~」と思われるようなカップル …

恋愛は引くと気になる!?恋の駆け引きが本当に効く理由5つ!

恋の駆け引きと聞いて、一番に思いつくことは何ですか?「会わない」「連絡しない」「 …

彼氏が夜電話に出ない!浮気と決めつける前に知っておくべき理由8つ

大好きな彼氏とは、デートの時間以外にもつながっていたい、お話していたいと思ってし …