『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

どうしよう?彼氏との連絡の頻度が減ったときの対処法3選!

kareshi-rennraku-hindo

大好きな彼とは頻繁に連絡を取っていたい・・・そう考えるのは至極まっとうな意見です。しかし、そんな想いとは裏腹に、彼氏からの連絡の頻度が減ってしまったら・・・あなたはどうしますか?

そんな状況で、まだ関係を終わらせたくない、という方に、対処法をご紹介します。これで、彼の気持ちを呼び戻してしまいましょう!

スポンサーリンク

1.ネガティブな考えはもたないようにしよう!

彼氏からの連絡の頻度が減った、彼から返事が返ってこない・・・そんなことを思う時、あなたの頭の中は、どんなことを考えていますか?

連絡が減ったことへの怒りが胸を占める方もいるでしょう。しかし、たいていの方は、不安で胸がいっぱいになるのではないでしょうか?

彼といつも深くつながっていたい、と考えるのは、女の子にはよくある心情の一つです。そして、不安になりやすいのも、また女の子の方なのです。

彼氏から連絡の頻度が減れば減るほど、「私に飽きてしまったのかな・・・?」「ほかの女の子と浮気しているんじゃ・・・・?」など、ネガティブな考えに陥りがちになってしまします。

でも、実際は男の子は、女の子より連絡の頻度を重視していない傾向にあるので、彼の方は全然そんなこと思っていない場合が多いです。

要するに、女の子が勝手に思っている、ただの被害妄想に近いのです。そんなものに浸るよりも、恋愛を楽しく感じるために、ネガティブなことを考えるのをやめましょう。

そして、彼氏の連絡の頻度が減ってしまった、と思うのだったら、「彼は今忙しいんだな。」などと、ポジティブに考えるようにしましょう。

2.彼の都合も考えよう!

彼からの連絡が減ったからと言って、彼に何度もメールやラインを送ってしまっている方、いませんか?

女の子は、とにかく連絡することが好きなので、あまり悪びれもなく連絡してしまいがちですが、実はこれ、彼か見るとかなり重い行動と思われてしまうこともあります。

彼氏からの連絡頻度が減ったのではなく、あなたの連絡頻度が増えただけ、ということは考えられませんか?

彼は、あなたを信用して連絡しないだけかもしれないのに、あなたがしつこく「今何してる?」などの意味もないメールを送り続けていたら、彼も疲れてうんざりしてしまうかもしれませんよ。

彼氏の連絡頻度が減ったことを嘆くよりも、まずはあなたの連絡頻度が多すぎないか、あなたのメールやラインの内容が彼にとって重いものではないか、よくよくチェックしてみましょう。

3.彼にありのままを話してみよう!

それでも彼氏からの連絡頻度が減った、と思う方は、彼氏にその旨を伝えてみましょう。

彼は、今のあなたとの関係に安心しきって、気が抜けているということも考えられます。「付き合いたてのころはあんなに連絡していたのに・・・」と、悲しむよりも、彼にその思いをぶつけてみましょう。

彼も、実はあなたからの連絡を待っていただけだった、ということも考えられるので、その場合は、解決に向かうでしょう。彼氏からあなたへの連絡頻度が減ったからと言って、けっしてあなたへの愛情が冷めてしまった、というわけではありません。

寂しければ素直に寂しいということも、長く彼と付き合うためには必要なことですよ。まずは勇気をもって、ありのままのあなたをさらけ出してしまいましょう!


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?彼氏からの連絡頻度は、必ずしも彼からあなたへの愛情のバラメーターではありません。対して、連絡が多いからと言って、安心できるものでもありません。

あなたと彼が、一番互いの関係に安心できる距離を見つけて、それを保っていけるようにすることが一番大事なことですよ。まずは意思疎通を図りましょう。


スポンサーリンク



関連記事

ベストな同棲のタイミングとは?彼氏に自然に切り出す5パターン

彼とずっと一緒にいたい。いっそ一緒に暮らせたらいいのに…。これは自然な感情です。 …

略奪愛結婚は幸せになれる?不倫からうまくいった人終わった人全6例!

略奪愛というと良い響きではありませんが、すべての人が最初から運命の人に巡り会える …

社内恋愛で別れたら!転職を考える前に確認したいコト5つ!

社内恋愛していた相手とお別れすると、その後の付き合い方が大変ですよね。もう顔を合 …

男の嫉妬は恋愛にどう表れる?チェックしたい彼の行動6つ!

彼の男友達を褒めたら急に不機嫌になったり、「昨日はどこで遊んでたの?」と詮索が入 …

彼氏にわがままを言ってしまう?必見!呆れられる前にすべき対処6つ!

彼氏にわがままを言ってしまっている自覚がありますか?彼が優しいと、ついつい甘えて …