『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

別れたくない!彼との倦怠期を乗り越える方法5選!

keitaiki-norikoeru

最近彼のことが気に障ってしょうがない・・・ドキドキすることが減った・・・などの悩みを抱えている方は少なくありません。

彼のことは嫌いではないのにどうして・・・?などと、真剣に悩んでしまう方もいるでしょう。長い期間付き合っているからこそ、倦怠期は訪れるものです。

そんな倦怠期が来たからといって、焦らないでください。ここでは、辛い倦怠期を乗り越える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

1.過去を振り返ってみよう!

彼との間に倦怠期が来たからといって、すぐに嫌になって別れてしまう方もいますが、まずは過去を振り返ってみることをおすすめします。

彼のことがなんだか悪く思えてしまったり、一緒にいて嫌な気分になってしまうことは、最初からそうでしたか?最初は、ドキドキして何をするにも楽しかったのではないですか?

倦怠期を乗り越えるためには、まずは彼との楽しい思い出を思い出してみてください。

想いがつながった日や初めてのデートの日、ケンカしたとき、仲直りしたとき・・・。たくさんの思い出が、あなたの嫌な気持ちを安らげてくれることでしょう。

2.自分だけの時間を作ってみよう!

彼と一緒にいることが、あなたを嫌な気持ちにさせている場合は、彼との倦怠期を乗り越える方法として、自分の時間を作ることをおすすめします。

彼と一緒にいることが嫌なのか、一人の時間がないからイライラしてしまうのかを、はっきりさせることが大切です。

特に半同棲や同棲しているカップルは、一人になれないからイライラしてしまっている場合が多いです。思い切って、倦怠期を乗り越えるためと思って、別々の生活をしてみたらいかがでしょうか?

気分もリフレッシュできるし、自分の新しい趣味ができたりと、他に発散できる場所ができるかもしれませんよ。

3.彼と話しあってみよう!

倦怠期は、あなただけが辛く嫌な思いをしているわけではありません。あなたに冷たくされた彼も、辛い思いを味わっているのです。

倦怠期を乗り越えるために、彼と腹を割って話してみたらいかがですか?案外、彼に対して言葉に出してみたらすっきりできることもあります。そうすれば、互いの絆がまた一層深まることでしょう。


スポンサーリンク

4彼と一時的に連絡を絶ってみよう!

それでも互いの気持ちがおさまらず、ヒートアップしてしまったときは、一時的に距離を置くことをおすすめします。

もちろん、そのまま別れにつながらせないために、倦怠期を乗り越える方法を自分なりに探す必要はあります。それが、彼を見つめなおすことにつながるのです。

彼もあなたも一時的にイライラしてしまっていて、相手のことがよく見えていない場合があります。

そこで、連絡を一切立つことで、彼の存在の大きさを再確認することができます。それが、倦怠期を乗り越えるために必要な期間となるのです。

5.新鮮さを加えてみよう!

あと考えられることは、彼との関係にマンネリ化してしまっている、ということです。長年付き合っているからこそ起こってしまうのが、このマンネリ化です。

デートもいつの間にか気合の入った服装をせずに、場所もお部屋だけだという方、いらっしゃいませんか?

そこで、倦怠期を乗り越えるために、彼との関係に新鮮さを加えてみましょう。すごくおしゃれして出かけたり、行ったことない場所に出かけることもいいでしょう。

また、二人で旅行に行ってみるのもいいと思います。彼との間に新しい発見があるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?大好きだった彼との倦怠期はつらいものです。それで別れを切り出してしまう方も多くいます。しかしそんな倦怠期を乗り越えるために、互いを見直すことができれば、また一層深いきずなで結ばれることでしょう。


スポンサーリンク



関連記事

長く付き合うと別れられない…キッパリ関係を断ち切れない原因6つ!

長く付き合うと「このまま一緒にいて意味があるのかな?」「ズルズル続いている二人の …

後悔しない?遠距離恋愛「辛いから別れたい」ときの対処法5つ!

大好きな彼だからこそ、離れていても頑張る!と決めて始まる遠距離恋愛。お互い好き同 …

告白された…好きでも嫌いでもない男!妥協で付き合うデメリット6つ

告白してきた相手が「好きでも嫌いでもない」という人の場合。正直、付き合うかどうか …

理想の彼と30日で恋に落ちる方法

今の恋人と結婚を考えていますか? あなたには彼がいますか? それとも、充電期間中 …

食事、デート、キス?どこからが浮気?男が考えるNGライン7つ!

あなたの持論ではどこからが浮気と感じるでしょうか?デートしたら?手を繋いだら?や …