田舎で身近にいい男がいない!皆が羨むオトコと出会える方法6選!

私もみんなが羨むようないい男と、キラキラした恋愛したいなぁ!

でも田舎だから、肝心の出会いが無い!

そもそも若い人すらいないし、職場と家の往復の毎日を過ごしているだけ…。

「都会に行きなよ、出会いなんてゴロゴロ転がっているよ」とか言われても、転職や引っ越しなんてそう簡単にできないし…だから悩んでるんですよね。

だけど地元を離れなくても素敵な男性と出会う方法はあります!

田舎だからと諦めるのはまだ早い!

この6選を積極的に実行すれば、間違いなく出会いを広げる事ができますよ。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.地元より少しでも栄えてる街まで遊びに出る

飲食街や、おしゃれスポットがあるところまで行って遊ぶようにすると、他から遊びに来ている都会の垢抜けたかっこいい男や、意外と同じ田舎出身のいい男との出会いがあります。

たとえば、良さげな飲み屋をハシゴしてみる。

やっぱりお酒の場って、気が緩むことで見知らぬ人にもフレンドリーになる人が多いです。

そしてオススメなのはカウンター飲み。

店主を介して隣の人とも自然と会話が始まったり、仲良くなりやすいです。

それに違うなと思ったらサクッと次のお店に行けますしね。

あとはおしゃれスポットで写真撮影のお願いを口実に声を掛けてみる。

そしてお願いだけで終了せず、「旅行で来てるんですか〜?」とかちょっとした会話は必須です。

そこから話が弾んで仲良くなる可能性だってあります!どんな小さいことも取り逃がさないようにしてください!

もちろん迷惑そうにしてる人には控えるとか、そこは見極めてくださいね。

女友達と行くなら2〜3人の少人数がベスト。

大人数でワイワイ女子会しているよりも、男性グループも声を掛けやすいからです。

田舎にいい男はいないし、いい出会いスポットもない!と思うなら、無理のない範囲で、まずは1番近い街から徐々に行動範囲を広げてみましょう。

2.地域活性化活動に積極的に参加する

他県や他の地域から田舎の活性化を任され、出張で来ている人との出会いも期待できます。

好みじゃなかったとしても、繋がりは持っておくべきです。

その人と知り合いになっておけば、その後、まさに田舎にはいないような洗練されたいい男を紹介してくれるかもしれないからです。

もちろん実行委員のメンバーが地元の人だけだったとしても、その中にいい男がいることもあります。

いないと決めつけずに交流を持ってみると、知らない一面を発見したり、一緒に活動しているうちに恋愛に発展することもあります。

仕事とは別に、活性化活動に一生懸命取り組んでいる男性は「心優しく粘り強いところが魅力的ないい男」といえるのでは?

もしあなたの町が地域活性化活動を行っているのであれば、これはまさに田舎にいながらもいい男と出会うチャンスです!

もしくは、あなたがPRとして都会に行く機会ができるかもしれませんよ。

3.友人に紹介してもらう

まず相手の身元がハッキリしていますし、あなたの好みや条件を伝えやすいですよね。

友人が大手の会社勤めで支社がたくさんあれば、もっと出会いは広がりますよ。

田舎だとほとんどが顔見知りという状況が多いなか、皆が知らない人とも出会う事ができます。

すでにカップルになっている友人や、男性社員が多い職場に勤めている友人がいるなら「いい人いない?もし誰かいたら紹介してね」と伝えておきましょう。

田舎だけに限らず、友人の紹介は、あなたに合いそうかどうか判断してもらえたり、あなたの負担も少なく、気軽に出会う方法です。

ちょっとした集まり飲み会などのお誘いがきたら、なるべく断らずに参加してください。

気が乗らない時があっても、もしその中にいい出会いがあったら?あなたがときめくいい男がいたら?

あとで後悔したくないですよね?

出会いの取りこぼしは絶対しない!くらいの気持ちでいきましょう!

4.一人旅をする

旅行中はツアーに参加している人や、そこの地元民だったり、必ずたくさんの人との出会いがあります。

そして旅行先での出会いは非日常なので、お互いにとって印象的になることが多いです。

そのまま連絡を取り合って、お付き合いに発展する可能性は大いにあります!

「私たちの出会いは一人旅の最中に…!」なんて、そんな誰もが羨むドラマのような出会い方ができちゃいます。

初めての場所であれば、道を聞いたり、どこかおすすめのスポットを聞いたりするうちに、旅行先での人々との交流にも抵抗が少なくなっていきます。

見知らぬお店にフラっと入って飲食をしていたら、そこにいい男が登場!なんて事があっても、一人旅は何から何まで自由に行動できることから、もしいい出会いがあった場合も逃しにくいですよね。

また、田舎暮らしで行き詰まった自分の気持ちも開放的になるメリットもあります。

行き先は都会でも他の田舎でもどっちでもお好きな方でいいです。

少しハードルが高いと思うかもしれませんが、あなたの日常にいい男がいないなら自らの手で出会いをつかみにいきましょう。

5.SNSやオンラインゲームで交流を広げる

田舎すぎて身近で見つけるのは無理と思ったら、あなたの趣味や好きなことへ目を向けてみると、案外そこにいい出会いがあることもあります。

SNSでなら興味がある投稿をしている人にDMを送ってみたり、オンラインゲームが好きならそこで一緒にプレイしながら交流をしていくうちに、そのコミュニティ内のメンバーで会ってみよう!となる場合もあります。

カメラを使えば顔を合わせることだって出来るので、自分好みのいい男かどうか確認することも可能ですしね。

それに会うことに抵抗があっても、複数人いればまだ参加しやすいですよね。

それでもやっぱりちょっと怖かったり心配になってしまうなら、友人など信用できる人に付き添ってもらいましょう。

もしもの時の保険として、「この日は予定があるので数時間だけなら参加できます」とか言っておくのもアリですね。

それでも田舎にいようが、全世界と繋がれるツールは魅力的です。

インターネット上にいい人なんかいないと思っているなら、それは時代遅れの考え方。

そして共通の話題で盛り上がることは、恋愛に発展させるのに1番効果的ですよ。

6.マッチングアプリを利用する

友人の紹介でも全然いい人いないし、でも安心安全な出会いが欲しい!

そう思うならマッチングアプリはおすすめです。

ちゃんとした企業のアプリであれば、登録者数も膨大で、誰でも確実に出会うことができます。

田舎なら尚更、出会いの数を一気に増やすには手っ取り早いです。

お見合いや婚活パーティーより気軽な感じで登録できるので、ハードルも低く、友人としてのお付き合い目的の出会いも可能です。

でも「いい男なんかいるの?」「おじさんとか、変な人しかいないんじゃない?」そんなイメージもあるでしょう。

だけど中にはあなたと同じように、田舎で出会いがなくて困って登録している人もいます。

もし見た目がイマイチでもオシャレができない環境なだけで、本当はハイスペックで将来性のあるいい男が潜んでいる可能性もかなりあります!

まずは登録だけでもしてみて、どんな感じか体験してみるのはどうですか?

今やマッチングアプリを利用するのは珍しくありません。

おわりに

田舎は人口も少ないし、顔見知りばっかりで新しい出会いは難しいですよね。

あなたのように出会いが少ないことに悩んでる方はとても多いです。

でも身近にいい男がいないと感じるなら、休日の過ごし方や、空き時間の使い方をちょっとだけ変えてみましょう。

今すぐ出来ることから取り入れてみてくださいね。