『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

70 views 

「自分に自信がない女子」必見!恋愛がうまくいかない理由6つ!

「自分に自信がない」と悩む女子は結構います。多かれ少なかれ、人間なんて皆そんなもの。言ってしまえば、過度に自信満々な人よりも、ずーっとマトモな感覚の持ち主とも言えるのかも。

けれど、もしもあなたが異常なほどに自己評価の低いタイプだとしたら、いますぐ変わらなくてはいけません。なぜって、そのままでは損してしまうことばかりだから。これまでの恋愛だって、あまりうまくいかなかったのでは?ドキッと心当たりのある人、今回のコラム必見です!

スポンサーリンク

1.劣等感が表に出ている

「自分に自信がない」コレはある意味では普通の感覚です。特に、年頃の女性にはよくありがち。外からは見えないけれど、誰しも心の奥には劣等感を抱えています。

しかしそれがいつも表に出ていたり、度を越えているようでは、周りから「鬱陶しいヤツ」「いい加減にしたら?」と避けられてしまいます。

「私なんてブスだもの」「私じゃ、どうせ無理に決まってる」こんなネガティブな言葉を連発する人間とお近づきになりたいと思う人は、男女問わず稀。誰もあなたに深入りしようとはしません。

恋愛のチャンス以前に、親しい同性の友達がいなければ、当然「飲み会」「友人の紹介」「合コン」などの呼び声がかかることもゼロです。

2.周りから「問題アリ」と認定されている

自分に自信がない女子でも、それがあなたの本心ならば仕方ありません。けれど、なるべくならそれを隠して生きていく方が賢明ですよ。

自分に対して「私はこうだから」というラベルを貼ってしまうと、相手のメガネを曇らせます。これはラベリング効果と呼ばれるもの。「そこまで自分に自信がないというのだから、きっと何か訳があるのだろう」→「どこかしらに問題があるとみて間違いない」と相手に認識させてしまうのです。

「問題のありそうな女」と付き合いたい男性が、はたしてどれだけいるでしょうか?「面倒な女だな」「厄介な匂いがする」と避けられるのが普通です。そのため、なかなか恋愛のチャンスにめぐまれることがありません。

3.笑顔が少ない

男性は女性の笑顔が好き。仕事で疲れたときに笑顔を見るとホッと癒されてパワーをもらえるとか、可愛い笑顔にキュンとして恋に落ちるとか。女性が「笑顔」でいてくれるのは、彼らにとってはとても重要なことなのです。

その反面、「自分に自信がない」人はどうかと言うと、やはり笑顔が少ないので、「暗い」「辛気臭い」印象を与えます。コンプレックスの裏返しから、いつも不機嫌だったり、オドオド人の顔色を窺うような振る舞いもNG。(特殊な男性を除いて)モテることはまずありません。


スポンサーリンク

4.好きな人にアプローチできない

自分に自信がない人は、気になる異性にアプローチできないなんていうこともザラです。「私なんて相手にされるハズない」「私みたいな女、彼には釣り合わない」「私が告白したと周囲にバレれば、恥をかかせてしまうかも」頭に浮かぶのはとにかくネガティブな思考ばかり

私なら彼を幸せにしてあげられるとか、もしかしたら自分のことを好いていてくれるかもしれないとか、思い切ってアタックすればデートに漕ぎつけられるかもしれないとか、そんな風には考えられないので、せっかく好きな人ができても発展することがないのです。

5.卑屈

よしんば彼氏ができるようなところまでいっても「自分に自信がない」という残念な思考回路が順風満帆な交際の障害になることも。

基本的に「上から目線」ならぬ「下から目線」なので、男性をうんざりさせてしまいます。ワガママで高飛車な女性は嫌われますが、それと同じくらいに「卑屈さ」も男性にとっては扱いづらいものなのです。

付き合っていても、「手ごたえがない」「つまらない」「見ていてイライラする」という理由ですぐにフラれてしまったりするので、あまりに自分に自信がないというのも考えものです。

6.都合のいい女にしたくなる

自分に自信がない人は、強く主張することができなかったり、何となく一歩引いていることが多いために、男性に軽くみられがち。

「自分に自信がない」というあなたの謙虚さにつけこんで、「コイツなら何をしても怒らない」「俺に惚れていやがる」と男性は必ずつけあがります

結果、本命になれず遊ばれて終わったり、付き合ったとしても「都合のいい女」として扱われることに。自分に自信がないからといって、いつでも相手の要求をのんだり、自分ばかりが我慢したりするのでは、あなたが幸せな恋愛を手にする日は永久にやってきません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?「自分に自信がない」ことの弊害が、おわかりいただけましたか?「幸せになりたければ、まずは自分を好きになりなさい」そんなのはわかりきったこと。それを実践することの難しさが問題なのです。

それでも、幸せな恋愛を望むのならば、頑張る価値は絶対アリ。いますぐ劇的に変わることは無理でも、少しずつ前進できればいいですね!

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

色っぽい女の特徴を掴む“男性悩殺”フェロモン女になる秘訣8つ

色っぽい女の特徴っていったい何でしょう?なんだか妖艶で色っぽいあの人…。「可愛い …

疲れた…友達に嫉妬される…苦しくならないための心の持ち方5つ!

特別なことをしたわけじゃないのに、何かと友達に嫉妬される…。嫌味なことを言われる …

ロールキャベツ男子の特徴は?脈ありサインは?知るべき真実5つ!

ロールキャベツ男子というワードを聞いたことがありますか?普段は草食系のようにおと …

一目惚れさせる女性になるには?常識!?愛されるためのポイント5つ!

突然ですが、「一目惚れした」なんて男性に言われた事はありますか?そんな風に告白さ …

結婚と恋愛は別物?好きだけど“家庭”を築けないと思った瞬間7つ

結婚と恋愛は別物と言いますが、女性の皆さんはどこで別物と思っているのでしょうか? …