決定的!彼氏と旦那の違い!結婚にはあって恋愛にはない大きな差6こ

彼氏と旦那。

どっちも”好きな人”であるはずなのに、恋愛と結婚は違うってどういうこと?

確かに、彼氏と恋愛を楽しんで、そのあと結婚。という流れが一番自然ですよね。

でも、”恋愛を楽しむのに良い相手”と、”結婚するのに良い相手”って実際違うんです!

恋愛と結婚はどこがどう違うのか、あなたも知っておくべし!

今回は彼氏と旦那の違いについて深く掘り下げていこうと思いますよー!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.価値観が合うこと

価値観の違いがあっても恋愛はできますが、結婚は無理です。

価値観というのは、かなり簡単に言うと”考え方の違い”。

自分の中の常識やマナーも含まれますね。

ここに大きな差があると、共同生活は難しいです。

例えば、

『彼氏は片付けられない人で、部屋はいつも散らかっている。

一方あなたは、綺麗好きでいつも部屋を清潔にしておかなければ気が済まないタイプ。

でも、彼の顔がタイプであなたは彼にベタ惚れ。

「彼の部屋は私が片付けてあげれば良いだけ」

と大好きなので喜んでいつも世話をしてあげています。』

ここの価値観の違いは、”あなたが汚いと思う部屋を彼は汚いと思っていない”というところにあります。

しかし、恋愛は好きだから許せるのです。

価値観の合わない部分を見ないように考えないようにして、好きな部分だけ見ようとする

それで成立するのが恋愛です。

しかし、このまま結婚すると絶対にストレスになることは、簡単に想像できますよね?

片付けても片付けてもキリのない生活。

文句を言えば喧嘩になり、それが続くと会話もなくなる。

旦那は家にも帰ってこなくなった。

とまあ、こんな感じに。

例え話で説明しましたが、人間の中身は価値観でできていると言えるくらい価値観は重要な部分です。

そして、そこの違いを我慢ではなく、本当に理解するのはかなり難しい。

というわけで、彼氏と旦那の違いはまず価値観に大きな差がないことです。

2.安心感があること

恋愛は刺激的な方が盛り上がりますよね。

彼氏のことを考えて胸がキュンとなったり、この先も一緒にいられるか不安になったり。

いろんな感情が行ったり来たりすることが、恋愛の刺激であり楽しさです。

例えば、一緒にいる間は安心できるけど、離れていたら誰と何をしてるのか不安。

彼といて楽しいけど、彼のことでよく泣く。

そんな感情の起伏が大きければ大きいほど、

私は彼が本当に好きなんだ」と思ってしまいます。

なぜなら、

「こんなに感情が揺さぶられるなんて、運命の人だからだわ!」という勘違いに陥ってしまっているから。

人間を含め生き物はみんな、痛みから逃げるようにできています。

会うたびに腕をつねってくる人とは、できれば会わないようにしようと思いますよね?

それが普通の反応なのに、恋愛になると自ら痛い方へ進んでしまうんだから不思議です。

心の痛みも体の痛みも同じなのに。

恋愛では苦しさもスパイスになり、美化されるんですよね。

しかし一方で結婚には恋愛のスパイスは必要ありません。

無ければ無いほど幸せな夫婦、と言えます。

なぜなら、結婚はこれから死ぬまで寄り添うパートナーであり、支え合って生きていく一番の味方になることだから。

だから、そこには恋愛のような刺激はいらないんですね。

ハラハラドキドキさせられることで続くやみつきになるような愛情ではなく、そこにいるだけで安心できるような穏やかな愛情が結婚です。

なので、安心感の必要性も彼氏と旦那と大きな違いの一つと言えるでしょう。

3.経済力が安定していること

経済力の安定は心の安定に繋がります。

ただ付き合っているだけなら、彼氏の収入はあまり問題にはなりませんよね。

お金があれば良いに越したことはありませんが、財布が一緒になるわけではないので、直接的には関係のないことと言えます。

しかし、結婚は法律的に財布が一緒になるので、話は180度変わってきます。

彼氏が定職に就かず職場を転々としたり、バイトを掛け持ちしていたりしていて困ることと言えば、デート代とかプレゼント代とかですよね。

そこの部分は彼を好きだからという気持ちでカバーできるでしょう。

嫌だったら別れたら良いだけですから。

その一方で結婚は、家庭を築くことなので経済力の安定は必須になります。

子供が欲しいならなおさら。

よく愛とお金を天秤にかけますが、”愛とお金どっちが大事か”ではなく、上手くバランスを取るためにどちらも大事なのです。

もちろん、愛とお金に対する価値観は人それぞれですから、どちらに重きを置く方が幸せかを考えるのは自由です。

でも、お金があって愛がないのはまだしも、結婚相手である旦那に人並みに生活できる経済力がないと、結婚生活はだんだんと上手くいかなくなります。

なぜなら、お金がないと愛もなくなるから。

最初は「二人の収入を合わせたらなんとかやっていけるよ!」

と意気込んでいても、そこに子供ができ家族が増えたのに収入は増えない…。

そうなると、自分だけでなく子供にも苦労をかけてしまいますよね。

きっと旦那の甲斐性のなさをひしひしと感じるでしょう。

そして、自然と愛は冷めます。

なので、恋愛は好きという気持ちだけで成り立ちますが、結婚するなら旦那の経済力はとても大切だということですね。

そこも彼氏と旦那の大きな違いと言えるでしょう。

4.自然体でいれること

結婚する相手である旦那には、自分がどんな人間かをわかってもらう必要があります。

彼氏彼女の関係だとトキメキが大事ですよね。

彼に可愛いと思って欲しいから外で会う時はいつも着飾り、お泊まりデートの時は可愛いルームウェアにすっぴん風のメイク。

「良い子だな」と思われたいから、猫なんか余裕でかぶっちゃう!

こんな風に、彼といるときの緊張感も恋愛の醍醐味の一つですよね。

しかし、言い方を変えると、本当の自分を見せれないということ。

見せて彼に幻滅されたら嫌だから。

つまり、お互いの良いところだけを見ていればいいのが恋愛です。

でも結婚となるとそれではダメ。

旦那になる人には自分の全てをさらけ出しても、「この人なら受け止めてくれる」という信頼感が必要なのですね。

自然体でいるというのは何も好きな時にオナラする自分をわかってほしい、というようなことではありません。

思ったことや感じたことを我慢するような関係ではなく、二人の今後のために言うべきことは言える関係。

そして、旦那といる時が一番自分らしくいれると感じること。

そこの差が結婚において必要な”彼氏と旦那の違い”なのです。

5.お金の価値観が合うこと

結婚には価値観が合うことが大切。それはお金に関しても同じです。

なぜなら、結婚生活においてお金の問題は喧嘩の理由になりやすいから。

例えば、

「割り勘が好きじゃない彼はデートではいつも奢ってくれ、誕生日には欲しかったブランドのネックレスを買ってくれる。私の彼は気前が良くて男らしい!」

付き合っている人であれば、自慢の彼氏ですよね!

自分に使ってくれるお金が多いほど、「大事にされてる」とか「愛されている」と感じるものです。

でもそんな気前の良い彼氏が旦那になればどうでしょう?

夫婦の財布が一緒になり、家計のことを考えるようになったあなたは、彼のお金の使い方にきっと腹を立てるでしょう。

気前が良いというのは何もお金持ちに限ったことではありません。

自分の収入に対して、人に使うお金が多すぎる人もいるのです。

そうすると、

「なんであなたの給料でそんなに人に奢るのよ!」

「家計のことも考えてよ!」

となってしまいますよね。

気前の良さが好きだったのに、結婚後はただの見栄っ張りにしか見えなくなる。

長所というのは、裏を返せば短所にもなるということですね。

つまり、同じ物を見た時に「この品物にこの金額は妥当だ」と感じる価値観が合わないと、お金の使い道が喧嘩の原因になってしまうのです。

彼氏と旦那の違いは、お金の使い方にも影響するんですね!

6.未来が想像できること

彼氏と旦那の違いには、”願望ではなく自然と未来が想像できるか”というところにもあります。

大好きな彼氏との将来を誰もが想像しますよね!

どんな風に過ごしたいか、という未来の願望を想像し信じることはとても大切ですが、ここでの「未来が想像できるか」というのはそういうことではありません。

例えば、

「彼氏とは一緒にいたら楽しいけど、女関係でよく喧嘩する。正直彼のことは信じてないかな…。

でも、こんなに好きになったのは初めてだから、別れてもこれ以上の人には出会えないと思う」

と、彼氏に対してこんな気持ちを抱いているとしましょう。

付き合っている段階ですでに彼に対する信頼感はないけど、「これ以上の人がいないと思う」から彼にこだわって付き合い続けている、ということですよね。

こんな気持ちを持ちながら、彼との未来を想像できるでしょうか?

きっと幸せな未来を思い浮かべることは難しいと思います。

つまりこの場合は、思い通りに行かない彼氏に執着しているだけで、自分の心は分かってるんです。

二人の未来がないことを。

願望でなく自然と未来を想像できるということは、二人の間にしっかりとがあること。

何か理由や根拠があるわけじゃないけど、信頼していること。

いつもお互いがお互いの一番の味方であること。

存在を当たり前だと思わず、思いやりの気持ちを持ち続けれること。

こういうことが合わさると、自然と未来を想像できます。

「きっと50年後も一緒にいるんだろうな〜」

と、勝手にそんな気がするのです。

一度、今の彼との未来を想像してみてください。

違和感を感じるなら、結婚は考え直した方がいいかも。

もし今の彼氏と幸せな未来しか想像できないのであれば、旦那にするには最高の相手だということですよ!

おわりに

いかがでしたか?

彼氏と旦那の違いについて、お分かり頂けたかなと思います。

結婚するのに良い相手と恋愛するのに良い相手とには、求めるものも必要なものも違います。

恋愛の延長が結婚であることがもちろん理想ですが、「大好きだから」という気持ちだけで結婚相手にするのは危険です。

今回ご紹介した6つの項目に頭の片隅に置いて、恋愛は恋愛で思い切り楽しんでください!

そして、一緒にいて居心地のいい人を結婚相手に選ぶことで、幸せに近付くことができるでしょう!

(ライター/ゆしん)