女の色気の正体って?皆が魅了される女の特徴5つ!

onnanoirokenoshoytai

同性でも思わずドキッとしてしまうような色気のある女の人っていますよね。

そういう人はたとえどこにいようとも老若男女の目を引きます。

しかし美人でも、ある程度年齢を重ねていても、色気を感じない人もいます。

そう、色気に顔のつくりと年齢はそこまで関係がないんです!

では女の色気の正体とはいったい何なのでしょうか。

気になりませんか?

今回は皆が魅了される色気を持つ女の特徴をあげていきたいと思います!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.見た目や持ち物にツヤを取り入れている

適度なツヤ(=輝き)は清潔感を思わせます。

不潔なものよりは清潔なものに惹かれますよね。

なのでツヤは女の色気の正体のひとつと言ってもいいでしょう。

まずは髪の毛です。

「髪は女の命」と言います。

平安時代の日本のお姫様はロングヘアーにツヤを出すためクシと油でお手入れしました。

これは婚活のためにするおしゃれです。それくらい髪は女性が大事にすべき要素だったんです!

色気のある女性は髪のお手入れが行き届いてるだけでなく、メイクならクリームやジェル系のファンデを使ったり、ハイライトを入れたりしてツヤ肌を演出しています。

それは「ツヤは美しい」ということを体感しているからです。

エナメル素材のヒールなんかもツヤがあってキレイですよね。

あなたの周りにいる色気のある女性はそういった「ツヤ」を取り入れてませんか?

2.落ち着きがあり余裕を感じさせる

落ち着きがある女性は品があります。

動作、話し方、さまざまな対応など…この「品」も女の色気の正体です。

上品な人は相手を受け入れられる心の余裕があるように見える、つまり包容力があるように感じます。

この包容力というものはいろんな分野で求められる力です。

とくに恋愛だとなおさらですよね。

それに「私が私が」と自分を押し付けてこない控え目な女性は、どこかミステリアスな雰囲気も兼ね備えているもの。

「もっと知りたい」と相手に思わせる姿はとっても色っぽいです。

3.程よく隙を見せてくる

そつがなく、隙のない女性は素敵です。

しかしあまりに完璧すぎる高嶺の花的な存在な女性は周りから「近寄りがたい」と思われます。

逆に、程よく隙のある女性は「近寄ってみたい」と思われます。

このように「近寄ってみたい」と皆に感じさせる…ここに女の色気の正体があります。

人には誰しも欠点があります。

ない人はいません。

お互いの欠点を知ることによって助けたいと思い、助けられたいと思い、そこに信頼関係が生まれるのです。

欠点を隠す人には自分の欠点を見せたくないと思いませんか?

なので程よく隙を見せるという行為は女の色気の正体。

そのテクニックを取り入れている女性は、男女問わず引き寄せます。

4.話していると知性を感じる

知性がある女性は会話のキャッチボールが上手で、傍から聞いていても会話のバランスがとてもいいです。

会話のバランスがいいということは相手の気持ちを考えられる知性があるということ。

外見など目に見える部分だけが女の色気の正体と思いがちですが、こういった内面も色気の重要なポイントです。

そういった女性には自分に自信があります。

それも根拠のある自信です。

その自信に周りの皆は、生命力や自立心などのポジティブな要素を感じ、惹かれます

そして知性のある女性は、知らないことがあれば不勉強を恥ずかしいと思って陰ながら勉強するんです。

こういう素直さも魅力ですよね。

5.曲線美がある

「曲線美は剣よりも強し」というアメリカの女優の言葉を知っていますか?

剣だなんて!と大げさに感じるかもしれませんが、これ、的を射ているんです。

凹凸がしっかりしている女性は皆の目を引きます。

胸が大きい、くびれがある、お尻が大きい…など体にメリハリがある女性です。

わかりやすい女の色気の正体ですよね。

どうしてでしょうか?それはやっぱり、本能的な部分がくすぐられるからでしょう。

人間も動物です。子孫を残したい!という欲望は男ならあるものです。

そこに母性を感じるからです。同性なら「羨ましい」と羨望を感じることでしょう…。

本能ならもう仕方ないと思いませんか?

「まるい」という言葉に「円満」や「おだやか」という意味があるように、曲線は性的な雰囲気だけではなくゆとりや安心を与えるような雰囲気を感じさせます。

それは母性であり、女の色気の正体でもあります。

おわりに

今回は女の色気の正体とはなんなのか?

見た目だけではなく、中身にも焦点をあててご紹介させていただきました。

女の色気の正体は一言では言い表すのはなかなか難しいです。

なぜかというと、色気というものはいろいろな要素が重なり混ざって、はじめて生まれるものだからです。

赤ちゃんの時から色気があるなんて人いませんよね。

ということは人生のどこかで色気が作られたということです。

だから誰でも色気のある女性になれる可能性はあるということ。

そう、望んで努力すれば今日からだって色気のある女性になれるんですよ!

(ライター/アマノ)