お泊まりで生理…彼氏に言う?黙ってるより伝えた方がいいワケ5つ!

otomari-seiri-kareshi

もう少しで彼氏の家にお泊まりデート。

なのに!いきなり生理になっちゃった…。

こんなふうにタイミングが悪い時ってありますよね。

デリケートなことだから言いにくいし、「言ったら引かれるかも…」ってちょっと心配になるかもしれません。

ですが、もしあなたが「それでもお泊まりしたい!」と思うのなら、直前ではなく前もって彼氏に伝えておきましょう。

その方が彼のためであり、あなたのためでもあるからです!今回はその理由、そして気になる伝え方とタイミングも併せてご紹介いたします。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.生理になったことを伝えた方がいい理由

1-1.夜の期待を裏切ることになるから

たとえば当日まで黙っていて、ベッドに入る直前になって「実は今日生理で…」とあなたが切り出したとします。

すると彼氏は絶対に拍子抜けしてしまいます。

なぜなら彼は、「彼女が家にお泊まり=手を出してもOK!」だと考えているからです。

かならず、夜の期待をしているのです。

あなたもきっとそれを承知の上で、彼とお泊まりデートの約束をしたのではないでしょうか?

男女の仲なので当然お互いにその予想はしているはずです。

彼が相当特殊な好みを持っていないかぎり、あなたと事には及べません。

なので彼の期待を裏切らないためにも、前もって伝えておくのがいいでしょう。

1-2.寝具を汚すかもしれないから

いつもと違う環境で寝ると、もしかしたら彼氏の寝具を汚してしまうということもありえます。

なのでもしそうなってしまった場合、この「前もって言っておく」という行為が「まあそう言ってたしな…」と、彼が納得する材料になるのです。

もし生理ということを隠したままお泊まりして布団を汚してしまったら、彼は当然ビックリします。

「なんで言わなかったの?」と思います。

モヤッ…としてイラッ…とした気持ちにさせてしまうかもしれません。

シーツを洗って、干して、つける…って家事のなかでも結構な重労働ですからね。

しかも洗濯できないところ(ベッドマットなど)まで血が染みてしまったら、もう寝具を買い換えるしかありません。

ただ生理は男性にはわからないことなので、ただ「来た」と言うだけでは、「もしかしたら寝具が汚れるかもしれない」という発想にはつながりにくいかもしれません。

なので、それもあわせて伝えておくのがベターではないでしょうか。

1-3.彼が気持ちの準備をできるから

お泊まりになったらゴミの処理などもありますし、隠していても十中八九生理中なのがバレます。

そして当日いきなり知ると、表面上は冷静を装っていても彼は内心慌てます。

なので前もって伝えておいて、彼に気持ちの準備をさせておきましょう。

「慌ててしまう」というのもありますが、「心配になる」というのもあるでしょう。

なぜ心配になるかというと、彼女が生理の時、自分はどうしたらいいのか?どういう対応がはたして正解なのかがわからないからです。

そもそも生理は男性にとってまったく未知なもの。

だからこそ事前に言って、気持ちの準備をさせておくのが女性としての優しさです。

1-4.彼の人間性がわかるから

たとえば女性の扱いになれていて思いやりのある人だったら、生理だと言えば「体調悪くない?別の日にする?」と言ってくれるでしょう。

だから、お泊まり前に彼氏に生理だと伝えることで、あなたの選んだ男性がどれだけできた人間なのかがわかるのです。

これは今後も彼氏と関係を続けたいのなら知っておいて損はないですよね!

あと「じゃあ今日は一緒に寝るだけにしようか」と言ってくるパターンなんてのもあるでしょう。

これも彼の優しさです。

しかし、そう言っておきながら結局ガマンできなくなって事に及んだり、「じゃあせめて手か口でしてよ」なんて言い出す男性も中にはいます。

そのことは承知しておいてください。

1-5.いきなりあなたの体調が悪くなるかもしれないから

生理中の女性はとてもデリケートです。

肉体的にもそうですが、精神的にもですね。

なのでちょっとした環境の変化で、いきなり調子が悪くなることだってあります。

もしそうなったらせっかくのお泊まりデートが台無しですよね。

だから「あの日だから調子が悪くなるかもしれない」、と言っておけば、彼氏もきっと優しくしてくれますし、本当にそうなってしまった場合対応してくれるでしょう。

そう考えると、前もって言っておいたほうが安心できると思いませんか?

また、もしかしたら別日を提案してくれるかもしれません。

どちらにしろ彼氏の優しさに触れることができます。

お泊まりデートはとっても楽しいイベント。

ですが、いつもと違う部屋、布団で寝るのは、知らず知らず肉体的・精神的に結構なストレスを感じているのです。

今までなかったから大丈夫!と油断は禁物です。

2.伝える時はLINEで!理由3つ

2-1.あなたが言いやすいから

電話だったり会って話したりと、直接話すのってどうしても緊張しますよね…。

でもメッセージなら相手の顔が見えないので、言いやすいんじゃないでしょうか?

お泊まりだけど生理になったこと、具合が悪いこと…彼にしてほしいことなど、もしあれば伝えておきましょう。

また、彼氏からの返信が来たら言葉の裏を読もうとせず、そのまま受け取っておきましょう。

たとえば「そうなんだ、わかった」と返って来たのなら彼はもう「わかった」んです。

気にしなくても大丈夫ですよ。

2-2.彼の反応であなたが傷つくかもしれないから

せっかくのお泊まりデート。

なのに彼女が生理で夜は期待できない…それを知って、あからさまにがっかりする男性はたくさんいます。

そんな姿を見たら彼女としては傷つきませんか?またはムカつきませんか?

でもメッセージなら目の前にいないので、その姿を見ないように出来るんですよ。

それはあなたのことを愛していないとかじゃなくて、ただ単に無器用なだけなんです。

「なぜわかってくれないの!?」と思うかもしれませんが、性別が違うので生理のことがそもそもわからないのです。

彼氏に悪意は決してないのです。

でも彼氏のそういう無器用な態度で傷つく時って、女性ならありますよね…。

だからこそ、傷つく前に自ら回避しましょう。

2-3.彼も答えやすいから

彼女に「お泊まりのとき生理なんだ」と言われたら、ぶっちゃけ彼氏としても戸惑います。

なぜなら自分にはない現象なので、どういう対応が正解なのかよくわからないから。

なので直接言われるよりも、文章で伝えられたほうがずっと答えやすいんです。

返事を考える時間がありますし、表情も彼女に伝わりません。

なのでLINEなどのメッセージで伝えるのは、彼氏のためでもあるんですよ。

3.伝えるタイミング

3-1.今すぐ

あなたはきっと今、お泊まりデートに生理が被ってしまうことで悩んでいると思います。

なら、言うなら今です。

早いほうが絶対にいいです。

なぜなら早ければ早いほど、あなたのモヤモヤがすぐ解消できるから。

先延ばしにすればするほどどんどん言いにくくなりますし、ストレスもたまりますよ。

生理中は、ただでさえ精神的にも体調的にもつらいデリケートな時です。

自分を大事にしてください。

今すぐ言って、ストレスを減らしすっきりしましょう。

3-2.お泊まり前日の夜

普段彼氏とLINEしないし、どうしても言えそうにない…。

そんな時は、お泊まりデート前日の夜です。

待ち合わせ時間と場所の確認をしたあと、あくまでもついでな感じで生理だということを伝えましょう。

デート前日の夜に、連絡を取り合うのってぜんぜん不自然じゃないので言いやすいんじゃないでしょうか。

3-3.お泊まり当日の朝

普段彼氏とLINEしない…。

前日に待ち合わせ確認の連絡もしたけど、返信がなかった…。

もしかしたら彼氏は予定があってあわただしく、スマホを見る余裕がなかったのかもしれませんね。

この場合は最終手段として、当日の朝に生理のことを伝えてください。

お泊まりデート当日は、さすがにあなたのこと(今日の予定)中心に考えています。

なのできっとお互い落ち着いてやりとりができるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回はお泊まりの約束をしていて生理になった時、彼氏に言ったほうがいいワケをお伝えしました。

伝えるときは、ご紹介したようにLINEなどメッセージがおすすめですよ。

もしこれも見て「言ったほうがいいかも」と思ったのであれば、彼氏とのお泊まりデートを心から楽しむためにもすぐに彼に言いましょう。

先延ばしにすればするほど言いにくくなりますよ。

(ライター/アマノ)