『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

もうイヤ!嫉妬深い男を治すには?彼のジェラシーに効くクスリ6つ!

shittobukai-otoko-naosu

普段は優しいのになぜか妙に嫉妬深い、そんな彼がもうイヤ!なんて、ストレスを溜めていませんか?我慢しすぎるとさらにストレスになってしまいます。あなたが限界を迎える前に、嫉妬深い彼をなんとかしてみましょう!

でもそもそも嫉妬深さってどうやって直したらいいのでしょうか?彼のジェラシーを治す方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

1.まずはあなたが冷静でいる

嫉妬という感情はかなり熱を持った感情で、きっと彼は冷静になれずにジェラシーの炎に燃えているはず。そこであなたもエキサイトしてしまっては火に油です。

男性が嫉妬深いのには何かしら原因があるはずです。彼が激情していても恐れずに、「なんでこの人はこんなに嫉妬するのかなー」と観察してみましょう。

それに、少しの嫉妬深さなら誰しもありますが、あまりに度が過ぎた束縛をしてくるような男は危険です。彼が嫉妬の炎にめらめらしていても、あなたは一歩引いた目線で、彼の嫉妬の正体を見極める姿勢をとりましょう。

2.好きだという気持ちを伝え続ける

嫉妬深い男性は自分が好かれている自信がない場合が多いです。だからあなたの気持ちが他の人のところにいくのが不安で仕方なく、その心の弱さが嫉妬というかたちに現れているのです。

それならば、彼が嫉妬に狂い出す度に「あなたが一番好きだから安心して」と伝えてあげましょう。何を言っても嫉妬深い彼はぷりぷり怒っているかもしれませんが、そこにはめげずに伝え続ける忍耐を持ってください。

また、うっかり彼以外の男性を「かっこいい」と褒めて怒り出したら、嘘でも「あなたが一番かっこいい」と断言するような心の広さが必要です。

「彼は愛に飢えている赤ちゃんなんだ」くらいに大きな目で見てあげることで、あなたの心にも余裕が生まれるはずです。

3.彼の前で他の男性の話はしない

嫉妬深い彼としては、極力あなたが他の男性と接触してほしくないと思っています。ですが仕事や学校など、社会で全く彼以外の男性と関わらずにいるのはまず無理です。

余計なことを言って彼の嫉妬を買うよりも、彼の話で他の男性の話を出さないようにしましょう。男性の嫉妬心をくすぐりそうなポイントを押さえて、そこを避けることで彼の嫉妬から回避することができます。

誰しも「その話はしてほしくない!」「そう言われるのは嫌い!」というポイントがあると思います。例えば、褒め言葉のつもりで「痩せてるね」と言ってもそう言われるのが嫌いな人もいます。

なんでそんなに嫉妬するの?と理解できないこともあるとは思いますが、彼の嫌がるポイントには触れないという気遣いも彼の嫉妬を治すのには必要かもしれませんね。


スポンサーリンク

4.彼を同僚や知人に紹介してみる

この方法は彼を安心させて嫉妬を治すか、逆に燃え上がらせるか、賭けでもあるので、やってみるときは彼の性格を見極めてやってみてくださいね。

先述のようにもし彼が「自分は愛されていないかもしれない」という不安で嫉妬してしまうなら、職場などのみんなに紹介することで、「俺はみんなに紹介できる彼氏なんだ」と感じることができ、彼の安心につながります。

それに仮想の嫉妬の対象であったあなたの同僚や友人に会って話してみることで、彼があなたのまわりには思ったほどイケメンもいないしいい人が多いと気づくかもしれません。彼とあなたの知り合いの男性が仲良くなれれば嫉妬も治るでしょう。

ですがもしあなたの彼が「男とは一言もしゃべるな!」というような病的に嫉妬深い人物であれば、火に油を注ぐことになりますのでお気をつけくださいませ。

5.あなたも嫉妬してみる

嫉妬深い彼を治すために、あなたも嫉妬深い彼女を演じてみるのはいかがでしょうか?彼の言動に関して、演技でもいいから大げさに嫉妬してみましょう。

自分がされて嫌なことは人にするなとは言いますが、意外に自分のふるまいを客観的に判断するのは難しいもの。自分の彼女に嫉妬されて初めて「嫉妬されると鬱陶しいものなんだ」と気づくかもしれません。

でも、もし彼が「嫉妬されて嬉しい」というふうに喜んでしまったら?きっと嫉妬深いのが彼の愛情表現なのかもしれません。そこはもう価値観の違いを受け入れられるかどうかですね。

6.なぜ嫉妬してしまうのか?腹を割って話す

面と向かって「なんでそんなに嫉妬深いの!」と聞くことは気がひけるかもしれませんが、彼の嫉妬を治すためには徹底的に彼と話してみることが必要です。

というのも、嫉妬深いのにはもしかしたら彼になんらかのトラウマがあるのかも?恋愛関係には本人の家族環境が色濃く反映されます。

例えば、子どもの頃彼の両親が彼の兄弟ばかり可愛がったなど、子どもの頃のつらい思い出が彼の嫉妬深さに影響しているのかもしれません。

過去を変えることはできませんが、話してみることで彼も自分を客観的に見ることができ、解決につながります。

おわりに

参考になりましたでしょうか?人の性格を変えることは、他人には不可能です。ですので嫉妬深い彼を完全に変えるのは難しいかもしれませんね。それも含めて彼の個性と言えます。

ですが二人の行動や気遣い次第で、彼の嫉妬を回避したり、喧嘩の回数を減らすことができます。彼の個性を受け入れつつ、彼を安心させてあげる努力をしてみましょう。


スポンサーリンク



関連記事

本命の彼女への態度!私への愛は本物?浮気相手にはしない事6つ

付き合って年月が経っていれば、愛されている実感がある方も多い事ともいますが、付き …

自分に自信がない彼氏!ネガティブな彼とうまく付き合うコツ7つ

自分に自信がない彼氏。「どうせ俺なんか」とか「俺ってホントにダメだよな」なんてセ …

先手必勝!後悔させる別れ方で彼の気持ちを離れさせない!

別れたいけど、このまま別れたら私が損してる気がする!「惜しい子を手放したな…」と …

カギは言葉より態度!気になる人に男性が無意識にしてしまう事!

男性の気になる人への態度って、どんなものがあるのでしょうか? あれこれ考えて出て …

年下の彼氏と結婚するのが不安!?自信をもつための心得6つ!

付き合っている彼氏が自分よりも年下であると将来のことを考えると不安になってしまう …