『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

272 views 

どうしたらいい?好きだからこそ、彼に嫉妬しない方法5つ!

せっかく彼と両想いになれたのに、なんだか心がもやもやしてしょうがないこと、ありませんか?

特に彼がほかの女の子と仲よさげに話していたりする時、嫉妬してしまって、嫌な思いをしたことがある方、少なくはないと思います。今回は、そんな大好きな彼に嫉妬しない方法を、ご紹介します。さっそくご覧になってみてください。

スポンサーリンク

1.まずは相手の立場になって考えてみよう!

彼に嫉妬してしまうことは、本当に悪いことなのでしょうか?好きなら、嫉妬してしまうことは程度は人により違えど、多少なりともあると思います。

大切なのは、自分のエゴを突き通さないことです。ここでは、嫉妬しない方法として、相手のことを尊重して、エゴを押し付けない、という方法を提案します。

彼だって、何も浮気しようと思って女の子と話しているわけではないのです。彼の立場にたって、彼の気持ちを理解してあげましょう。

「自分が、自分が!」と、自分の都合ばかり考えてはいい恋愛もできません。あなたなりの嫉妬しない方法を見つけることは、すごく大事なことです。

2.友人に相談してみよう!

それでも彼に深い嫉妬をしてしまう方は、あなたや彼のことを知っている友人に相談してみましょう。

単に、あなたの鬱憤やストレスがたまっているから、自分の思い通りにならないことが気に食わなくて、彼に当たってしまっているだけ、という場合もあります。

その時の嫉妬しない方法として有力なのは、その鬱憤やストレスをため込まず、何らかの形で吐き出すことです。友人に話してみれば、少しでもすっきりして晴れ晴れとした気持ちになれるかもしれません。

3.自分に自信を持とう!

嫉妬しない方法を考える時、なぜ嫉妬してしまうかを考えることも大事です。

あなたが嫉妬してしまう時、脳裏にある思いはどんなものですか?「彼があの子と浮気していたらどうしよう・・・?」「私といる時より楽しそう、私が捨てられたらどうしよう・・・?」といった、ネガティブな思いが、あなたの頭を占めてはいませんか?

そんな不安が、あなたを苦しめてしまうのです。ここでは、嫉妬しない方法として「自分に自信を持つ」という方法をご紹介します。

自分に自信がなく、関係が崩れるのが怖いから、それが彼への嫉妬として結果的に自分を苦しめてしまうのです。そこで、自分に自信をもつことで、彼を信じてあげましょう。心にゆとりを持つことが大事です。


スポンサーリンク

4.欲をコントロールしてみよう!

誰にも欲望というものはあります。嫉妬しない方法として、すこし疑問に思う方もいるかもしれませんが、欲望をコントロールする、ということもいい方法です。あなたが彼を大好きだからといって、彼を縛り付けることはできません。

それは、あなたの欲望なのです。そんな欲望をコントロールして、自分を確かに持つということも大事です。あなたがあなた自身の手綱を確かに握っておくことで、それが嫉妬しない方法になり得ます。

5.対象相手と仲よくなってみよう!

彼とよく話す女の子を、憎むだけでは現状は何も変わりません。そこで、そんな子を、あなたが取り込んでしまえばいいのです。

さりげなく仲よくなりたい意志を示して、自分の味方にしてしまいましょう。

嫉妬しない方法として、相手を自分側につけるということは、結構よくある手の一つです。そうすれば、その子が彼に手を出しにくくなりますし、あなたの心配も少し減ることがあります。

まとめ

いかがでしたか?先ほども述べましたが、彼に嫉妬してしまうことは、必ずしも悪いことではありません。まずは冷静になって、自分を見直してみましょう。一番の嫉妬しない方法は、心にゆとりをもって、あなたが恋愛を楽しもうと思うことですよ。


スポンサーリンク


関連記事

罪悪感…愛されてるのに愛せない…彼を今すぐ愛せる方法7つ!

彼氏をどうしても愛せない。彼にはとても愛されてるのに、なんで? 「愛せるようにな …

彼氏が結婚を意識?言動で分かる!プロポーズ前に見せるサイン5つ!

今の彼氏と結婚したい! でも彼はどう思っているのだろう…そんな話されたことないし …

目を合わせない心理とは!彼氏の胸のうちに隠れたホンネ6つ!

最近彼氏が目を合わせない。話しかけても気のない感じでまともに私を見てくれない。い …

ダメ男あるある!彼はクズなの?将来性ナシな男の特徴6つ!

「あっ、この人ダメ男かも」と感じたときって、「これから先この人と一緒に居て幸せに …

彼氏が連絡くれない!別れを考える前にチェックすべき行動6つ!

「メールもLINEも電話も、彼氏が連絡くれない!」と不安に思うこと、ありますよね …