好きなのに冷たくしてしまう…好き避けの原因と素直になる方法!

好きな人に対して変に意識してしまって、いつもそっけない態度になる。

に好きなのになんで冷たくしてしまうんだろう…。

意中の相手を前にすると妙に構えてしまって、自分の気持ちとは裏腹に塩対応をしてしまう事ってありますよね。

実は、好き避けしてしまうのには原因があるんです。

しっかり原因と向き合えば、改善策も見えてきますよ。

今回は好きなのに冷たくしてしまう原因と、素直になる方法をご紹介します!

アドセンス広告(PC&モバイル)

スポンサーリンク

1.好きなのに冷たくしてしまう原因

1-1.傷つくのが怖い

あなたは知らず知らずのうちに、自分の心を守ろうとしているのかもしれません。

彼のことが好きなのに冷たくしてしまうのは、傷つくのが怖いから。

相手に100%の好意を伝えて届かなかった場合、心に大きなダメージを負う恐れがあります。

そんな最悪の事態を避けようとしているんです。

冷たい態度をとっていれば、最終的に彼に選ばれなかったとしても

「別に本気でアプローチしてたわけじゃないし、当然の結果だよね。」

と思うことができますよね。

好きなのに冷たくしてしまうのは、傷つかないための保険のようなものなんですよ。

1-2.過去のトラウマ

今までの恋愛が、楽しいものばかりではなかった場合。

嫌な思い出が、冷たい態度の原因になっている可能性もあります。

また同じ事を繰り返すことになるんじゃないか…。そうなったら嫌だなぁ。」

と、過去のトラウマが原因で、意中の相手に対し好きなのに冷たくしてしまう女性って多いんですよ。

好きな人から避けられたり、心ない悪口を言われたり。

受けた傷が深いほど、新しい恋愛には二の足を踏んでしまうもの。

普段は忘れていたとしても、いざ恋愛をしようとすると思い出してしまうこともあります。

恋愛に対するネガティブなイメージが、好きなのに冷たくしてしまうことに繋がっているんですね。

1-3.恥ずかしい

「自分は、恋愛に一生懸命になるキャラじゃない!」なんて思っていませんか?

自称サバサバ系の女性に多いのが、アプローチするのが恥ずかしくて好きなのに冷たくしてしまうというパターン。

特に、恋愛によってキャラクターが変わる様を周りに見られるのが、耐えられません。

「恋をしたからといって、急に女らしく振る舞ったりしない自分」を周りに示したいがために、好きなのに冷たくしてしまうんです。

アプローチ中にふと我に返って恥ずかしくなり、「こんなの私らしくない…!」と突然そっけない態度をとってしまう女性も。

あまりにもキャラクターや周りの目を気にしすぎると、恋愛のチャンスを逃してしまうため、注意が必要ですよ。

1-4.接し方が分からない

あなたが今まで恋愛経験がほとんど無く、アプローチもしたことがない恋愛初心者の場合。

好きな人に対しての接し方が分からないというのが、好きなのに冷たくしてしまう原因です。

成功した体験も失敗した体験もないと、何が正解なのかがわかりませんよね。

間違った発言や行動は避けたいですから、相手とのコミュニケーションが最小限に抑えられてしまいます。

話しかけられても正しい反応がわかりません。ただ聞くだけのそっけないリアクションになるでしょう。

それが積み重なって、好きなのに冷たくしてしまうといった状態になっているだけなんですよ。

1-5.好きな事が申し訳ない

あなたの好きな人はどんな人ですか?

「私が好きになるなんておこがましいくらい、素敵な人だ。」と思ったならば、そこに好き避けの原因が隠れています。

好きなのに冷たくしてしまうのは、「好きな事が申し訳ない」という思いから。

「こんな私が、好きになってしまったら迷惑なのでは…。」という気持ちが、心のどこかにあるんです。

好意が伝わること=迷惑がかかる」と考えてしまっているんです。

それなら思いを悟られまいと、好きなのに冷たくしてしまうのは自然な事。

ただ、このままでは一生思いを伝えられません。

自分の好意が迷惑だと思ってしまう気持ちから、改善していきましょうね。

1-6.振り回されたくない

「恋愛をすると、相手のことばかり考えすぎて疲れる…。」

そんな自覚がある場合は、無意識のうちに疲れることを回避している可能性もあります。

振り回されたくないという思いも、好きなのに冷たくしてしまう原因のひとつ。

一生懸命アプローチをして、彼の反応に一喜一憂するのを避けようとするあまり、そっけない態度をとってしまうんです。

恋愛において、優位に立ちたいタイプの女性に多いケースと言えるでしょう。

ただ、今のまま好きなのに冷たくしてしまう状態が続けば、振り回される事は減りますが、進展もしないという事も覚えておいてくださいね。

1-7.気を引きたい

意中の彼がモテるタイプだと、自分だけを特別扱いしてもらいたいという気持ちが湧きますよね。

そんな場合、好きなのに冷たくしてしまうのは、彼の気を引きたいから。

他の女性とは違った反応を見せて、少しでも彼に気にしてもらいたいという思いがあり、冷たい態度をとってしまうんです。

少女漫画などには良くあるパターンかもしれませんが、現実はそんなに上手くいくものではありません。

わざとそっけない態度をとって相手の気を引くのは、恋愛上級者になってからがオススメですよ。

2.素直になる方法

2-1.自分の気持ちを認める

自分で自分の気持ちが理解できていないままだと、何が彼に見せたい素直な気持ちなのかわからなくなってしまいますよね。

素直になるためには、まず自分の気持ちを認める所から始めましょう。

好きなのに冷たくしてしまう時って、自分の本当の気持ちを自覚できていない事が多いんです。

例えば「傷つくのが怖い。」という気持ちを自覚すれば、「諦める」か「傷つくことを恐れずに頑張るか」を選択することができます。

自分の気持ちを認める事でこれからの方針が決まるので、好きなのに冷たくしてしまうといった行動も自然とおさまりますよ。

自分は彼に対してどんな気持ちでいるのかを、一度真剣に考えてみてください。

2-2.今を大切にする

過去のトラウマが原因で、意中の彼に対してそっけなくしてしまう場合もありますよね。

でも彼は、過去にあなたを傷つけた男性とは違う人間です。

嫌な思い出に支配されるのを卒業し、今を大切にしましょう。

過去に起こったことは、変えることができません。

でも、あなたの考え方や行動次第で今や未来はより良い物にできるんです。

一緒に幸せになれる可能性のある男性を過去の男と重ねて、好きなのに冷たくしてしまうなんてもったいない!

記憶を綺麗さっぱり忘れることは難しいですから、今の恋愛をより有利に進めるための糧にしてください。

今のために、過去に利用価値を見いだすことで、思い出を笑い飛ばせるようになりましょうね。

2-3.思い込みを捨てる

自分のキャラクターに縛られすぎて、好きなのに冷たくしてしまうというパターンもあるでしょう。

素直になるためには、思い込みを捨てるのが一番です。

今まで自分が築き上げてきたキャラクターを捨てるには、かなりの勇気がいるかとは思いますが、意外と周りは気にしないもの。

仮に、いつもとは違うあなたの姿をからかってくるような人がいたとしても、そんな人達に恋愛を邪魔されるなんて、悔しいですよね。

好きな人のために変わることは恥ずかしいことではありません

「自分は常に〇〇でいなくちゃいけない!」

といった思いこみは早急に捨てると、好きなのに冷たくしてしまう状況から抜け出すことができますよ。

2-4.理想の真似をする

接し方の正解がわからないから、好きなのに冷たくしてしまうという状態の場合。

自分で明確な正解を作ってしまっても良いんですよ。

理想の真似をして、素直に接することに慣れることができます。

周りに、「こんな風にまっすぐ自分の気持ちを伝えられたらいいなぁ…。」と憧れるような女性はいませんか?

その女性の行動や振る舞いをよく観察して、真似していくんです。

最初はぎこちないかもしれませんが、好きなのに冷たくしてしまう時より、彼から良い反応がくるはず。

こうして彼とコミュニケーションをとるうちに、どうふるまえば彼と上手く接することができるか、自分でもわかってきます。

まずは形からでも良いので、理想を目指してみてくださいね。

2-5.自信を持つ

「私なんかが彼を好きになったら迷惑かも…。」なんてあなたが思っている以上、素直になれる日は来ません。

好きなのに冷たくしてしまうことをやめたいのであれば、自分に自信をもつこと。

しっかり自信をつければ、彼に堂々とアプローチできるようになります。

自分の容姿が彼と釣り合わないと思っているならば、外見を磨くんです。

暗い性格がコンプレックスならば、物事をポジティブに考える癖をつけてください。

少しずつでも確実に変わることができれば、必ずそれはあなたの自信になります。

前向きな気持ちになり何かを隠す事も減るため、素直さにも繋がるんですよ。

2-6.目的をはっきりさせる

「彼に振り回されるのが悔しいから、好きなのに冷たくしてしまう…。」

そんな自覚がある場合は、目的をハッキリさせる事がとても重要です。

あなたは、最終的に彼とどうなりたいですか?

「付き合いたい!幸せになりたい!」

と思うのであれば、そのそっけない態度は、あなたの目的のためになんの役にも立たないと気づくでしょう。

それがわかれば、好きなのに冷たくしてしまうのを止めることができますよ。

もし目的が、彼を自分の思い通りに動かしたい事なのであれば、無理に素直になる必要はありません。

自分の気持ちを上手く隠しながら、心理作戦を展開する事となりますが、これはかなり上級者の恋愛の仕方。

現段階では、彼との幸せを目指すのがオススメですよ。

2-7.自分がされて嬉しいことをする

彼の気を引きたいがために好きなのに冷たくしてしまうという、好き避けの原因に気付いた場合。

あなたは今、そっけない態度をとる方法でしかアプローチできないのかもしれません。

「好きなのに冷たくしてしまう」から、「好きだから優しくする」アプローチに切り替えてみましょう。

試しに、自分がされて嬉しいことを彼にしてみてください。

声をかけられて嬉しかったのならば、あなたも彼に声をかけてみましょう。

笑顔が嬉しかったなら、笑顔を返すこと。

こうして、相手も自分も嬉しくなるように行動すると、素直になれるでしょう。

3.おわりに

好きなのに冷たくしてしまう原因と、素直になる方法、いかがでしたか?

意中の彼に素直にアプローチできるようになるためには、まず好き避けの原因を突き止めることがとても大切です。

原因さえわかれば、好きなのに冷たくしてしまう事に対する改善策が必ず見えてきますよ。

自分の気持ちとしっかり向き合い、素直な気持ちで彼との距離を縮めてくださいね。

(ライター/sayuki)