『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

結婚相手の理想の条件!幸せな結婚生活を送れる相手の選び方7つ!

kekkonnaite-risounojouken

恋人ではなく一生を添い遂げる結婚相手となると、相手を見る目もシビアになるものですよね。

嫌だったら別れるなんてことが簡単にできないのが結婚相手です。どんな人となら幸せになれるかをしっかり考えておかなければいけませんよね。

今回は幸せな結婚生活を送るための、結婚相手の理想の条件をご紹介します!

スポンサーリンク

1.包容力がある

恋人に求める条件としても挙げられることの多い包容力ですが、結婚相手には必ず持っていてほしいものです。

あなたの身に辛いことや苦しいことが起きたとき、「大丈夫だよ」と安心させてくれたり、あなたが失敗した時でも責めることなく見守ってくれたり、人としての器の大きさが理想の条件の一つです。

包容力がある人は、小さなトラブルにも動じずきちんと対応できたり、あなたのしたいことに理解を示してくれたり、結婚相手としてはとても頼りになる存在です。

2.決断力がある

人生には決断しなければならないことは多々ありますよね。

「今日一日を何して過ごすか」というような小さなことから、転勤や転職など二人の生き方に大きく関わる重大なことまで、人生は選択の連続です。

特にあなた自身が優柔不断であるのなら、結婚相手には決断力がある人をオススメします。

決断するということは、文字通り何かを「決めて」そして「断つ」ということです。

例えば、「結婚する」ということを決めれば、必然的に独身生活を「断つ」ことになります。自分の家庭を築くことができるのと引き換えに、自由に使えるお金が少なくなることもあります。

大きな決断には勇気と覚悟を伴うのです。そして自分で決めたからには、最後までその責任を全うしなければなりません。

決断のための勇気と覚悟を持ち、その決断を全うする責任感を持つ男性。これが結婚相手の理想の条件です。

3.思いやりがある

言うまでもないかもしれませんが、結婚相手の理想の条件に「思いやり」は欠かすことができません。

「条件」というよりも結婚生活の「土台」と言った方が的確かもしれません。

それくらい重要なものなのです。

これまで育ってきた環境の違う2人が一緒に生きていくわけですから、相手のことを思いやる気持ちがなければ、上手くいくはずがありません。

相手を優先して考えることができること、これが結婚相手の理想の条件なのです。お互いに思いやりを持ち続けることが幸せな結婚生活のカギです。


スポンサーリンク

4.金銭感覚が合う

結婚相手の理想の条件に「収入」を挙げる女性も多いですが、実は収入よりも重要視すべきなのは金銭感覚です。

金銭感覚とは「何にお金をいくら使うか」ということ。

例えば、「食費はなるべく安く済ませて、洋服を買いたい」と考えている人と「高くてもいいからなるべく美味しいものを食べたい」と思っている人とでは金銭感覚があっていないことになります。

一方は「洋服にお金かけすぎだよ」という不満が、もう一方には「なんで一回の食事に1万円以上かけるの?」という不満が募ることになります。

何にお金をかけたいのかという感覚が合う人が結婚相手の理想の条件なのです。

5.腰が軽い

家事を手伝ってくれるということを理想の条件に挙げる女性も多いですよね。

ところが結婚する前に相手が家事を手伝ってくれる人どうかは同棲しない限りはなかなか判断できません。

そこでポイントになるのが腰の軽さです。

「家事を手伝う気はあるけど、何をしたらいいか分からない」という男性も多いのです。「これお願いできる?」と頼みごとをした時にさっと動いてくれる男性は結婚相手として理想的です。

特に女性は妊娠や出産などで身体が動かないこともあります。そんな時にも、さっと必要なことをやってくれることが結婚相手の理想の条件ではないでしょうか。

6.趣味にお金がかからない

趣味が多い男性とは恋人として一緒に遊ぶのは楽しいかもしれません。しかし結婚相手となると、その懐事情が気になるところです。

「自然散策が好き」とか「映画鑑賞が好き」という趣味ならほとんどお金はかかりませんよね。

しかし、車やバイクが好きだったり、ゴルフや釣りが好きという場合には要注意。これらの趣味はとってもお金がかかります。

独身のうちはいくら趣味にお金を使ってもいいのですが、結婚となるとそうはいかなくなりますよね。

生活費よりも趣味にお金を使うようでは困ってしまいます。

お金のかからない趣味を持っていることも理想の条件の一つです。

7.こだわりが少ない

自分の髪型や服装にこだわりがあるくらいならいいのですが、物の収納の仕方や食事に関するこだわりが必要以上に多いのは、一緒に暮らす上ではちょっと厄介かもしれません。

こだわりがある人は「こうでなければ嫌だ」と考えているので、あなたのやり方に逐一文句を言ってくる可能性があるからです。

「別になんでもいいよ」というくらいの方が気楽に過ごせますよね。

こだわりが少ないというのも実は結婚相手の理想の条件の一つなのです。

おわりに

いかがでしたか?結婚相手の理想の条件はいろいろありますが、どれも「これさえあれば確実に幸せ」というものではありません。

一番大切なのは「あなたがこの人となら幸せになれる」と感じられるかどうかです。

理想の条件に当てはまるかどうかも確かに大切なことですが、一番大事なことを見失わないように参考にしてくださいね!

(ライター/)

スポンサーリンク



batsuithi-saikon-hantai
バツイチでの再婚!反対された…両親を上手く説得する方法5つ!

結婚は本人たちの問題なのでお互いに「したい!」と思ったらすべきです。でもやっぱり …

ryakudatukon-siawaseninarenai
略奪婚は幸せになれない?愛する彼とうまくいかなくなる理由7つ

ドラマや映画のように、運命的な出会いから恋愛に発展し、そのまま幸せな二人はゴール …

netkonkatsu-seikou
ネット婚活を成功させる!婚活サイトで幸せな結婚をするステップ5つ

今や結婚相手を探すツールとして大人気のネット婚活、始めたら成功するものと思いきや …

karesinotomodatiniau.jpg
諦めないで!アラフォーでも恋愛から結婚へとつなぐ方法5つ!

最近は美魔女なんて言葉が生まれるくらい素敵なアラフォーの方、多いですよね。「でも …

konkatu-kekkon-kimete
婚活での結婚への決め手は?女性なら押さえておくべきポイント5つ

現代の年頃の女性であれば一度は意識したことのある「婚活」。意欲的に取り組んでいる …