30代で恋愛経験なしの女性へ!…恋人が出来ない悲しい理由4つ

sannjyuudai-rennaikeikennnashi-jyosei

30代ともなれば人生も中盤に差し掛かる年代に突入する時期です。

30代になっても…恋愛経験なしの女性には…恋人ができない悲しい理由が存在する場合が多いのです。

恋人が欲しいのに…なかなか恋人ができないと嘆いている…30代、恋愛経験なしの女性の方へ。

恋人ができない決定的な理由4つをお話させていただきます。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.理想が高すぎる

なにを置いても「30代で恋愛経験なしの女性」の理由は…理想が高すぎることにあるでしょう。

恋愛経験なしの場合、年齢を重ねるごとに恋人への理想像が強くなっていきます。

これは仕方のないことなのですが…どんどん凝り固まっていくことで、せっかくの恋愛チャンスを逃してしまうことに繋がってしまうのです。

男性に食事に誘われても、「外見」「内面」「経済力」「地位」等々、色々とランク付けを行ってしまい、自分の理想とするラインまで叶わない人は全てお断りしているようではいけませんね。

30代どころか、40代になっても恋愛経験なしの女性として生きているかもしれませんから。

そもそも、恋愛対象とするラインが高すぎるのですから、そのラインを越えられるような人に出会うことは…宝くじで1等を当てるような確率でしょう。

2.まじめすぎる

恋愛にはドキドキする感情があります。

…このドキドキをさせるためには、「女性としての魅力」が必要です。

「男性が感じる女性の魅力」は、セクシーさ、優しさ、ミステリアス…

等々いろいろありますが、最も魅力を感じない女性は「まじめすぎる」人です。

30代になっても恋愛経験なしの人生を過している方の中で、まじめすぎる女性は結構多いですね。

「まじめ」は悪いことではありません。

仕事においても、人間関係においても、まじめな女性は素敵ですし、周囲の人間からの信頼も得られるでしょう。

…しかし、悲しいことに、恋愛においてまじめすぎる女性は…恋人にしたいと思う男性は少ないのです。

安心できる関係にはまじめが1番ですが、恋愛に求めるドキドキ感では…まじめは邪魔な存在なのです。

人間関係においては嫌われる「まわりを振り回すタイプ」の方が、実は恋愛経験が豊富だったりします。

これが恋愛の本質です。

性格はそう簡単に変えられるものではありません。

ですが、これから恋愛をしたいと思うのであれば、まじめすぎる人は…プライベートでは少し楽観的、かつ、本能のままに行動することを意識してみることをおススメします。

3.正しすぎる

先にご紹介した「まじめすぎる人」と似ているようで異なる「正しすぎる人」も、恋愛からは遠藤くなっているタイプであります。

30代になっても恋愛経験なしと言うのは…少し問題があるのでは?と思われてしまうこともあります。

ですが、この周囲の反応は…「正しすぎる人」にとっては屈辱にもなってしまうでしょう。

恋愛経験なしと言う事実に関しても、「私は何も間違っていない」「私は何も悪くない」…そう言い切ってしまうかもしれませんね。

正しい人は、実際に曲がったことが嫌いで真っ直ぐな常識ある30代の大人でしょう。

しかし、人間は「正しすぎる人間」が苦手な物なのです。

ましてや恋愛において…恋人がものすごく正しい女性であれば、男性は息が詰まってしまうことでしょう。

間違ったり、ミスをする自分が情けなくなり、一緒にいることが辛くなってしまうことでしょう。

このようなことを本能的に感じている男性は、正しすぎる女性と交際しようとは思いません。

正しく生きることをモットーにしている場合であっても、恋人がほしいなら、少し肩の力を抜いてみましょう。

少しくらいミスをするくらいの隙を見せることができれば…明日からの人生が変わっていくと思います。

4.男性が必要ない人生になっている

恋愛経験なし…といっても、恋愛をする時間がないくらい仕事に熱中してきた方もいらっしゃるでしょう。

男性に負けないよう、頑張って頑張って仕事に没頭しているうちに、気付けば30代に突入、恋愛経験もなし…。

でも、そこまで頑張ってある程度の地位まできた女性は…

口では恋愛がしたいと言っても、実際に男性が必要ない人生が送れて、そこそこ満足している場合もあるでしょう。

経済的にもその辺の男性に負けないくらいの収入があれば、やりたいこと、ほしいもの、たいていのことを自分でまかなうことができるのですから。

誕生日におねだりする必要もないですし、プレゼント選びに値札を気にする必要もないのですから。

友人も多く、それなりに充実した生活を送れてしまうことで…実際に恋人が必要かどうか、と聞かれたら、即答で「必要」と答えることはないかもしれませんね。

一見、周りから見れば羨ましい姿にも見えますが…恋愛でしか味わえない幸せを経験していないことは…悲しいです。

誰に気兼ねすることない1人の生活にも慣れてしまうことで、「恋人」ができても「厄介な存在」になってしまうかもしれません。

ですが、それでも恋愛の素晴らしさだけは…1人では得られないものです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

…もし、当てはまっていることがあれば、明日からでも遅くありません。

自分なりに自分を分析し、妥協できるところは妥協し、譲れないところは譲れないと線引きしてみましょう。

こうして自分自身を把握することで、30代の恋愛経験なしの枠から…抜け出す道ができると思います。

できないものをできるようにするには、まずは「状況把握」が何よりも肝心ですから。

(ライター/沢田七海)