『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

210 views 

アラサー女子で独身のアナタへ!婚活に失敗しないための心得6つ

arasajosi-dokusin

晩婚化が進む昨今、独身のアラサー女子は珍しくありません。しかし、20代まではモテモテだったのに、30代に突入した途端にパタリとお声がかからなくなる…なんていう現実も。

では、20代の頃とは違う心持ちで婚活するとなると、いったいどんなことに気をつけるべきなのでしょう?

というわけで今回は独身のアラサー女子に向けて、婚活に失敗しないための心得を5つご紹介します!

スポンサーリンク

1.相手の年齢の許容範囲を広げるべし

結婚したい相手の年齢は何歳くらいですか?30歳の女性であれば28~35歳くらいの男性でしょうか。

もちろん希望はそのままで構いません。ただ、その希望の相手は「30歳女性を第一希望としていない」という現実があります。

たとえば同じ30歳独身男性であれば、23~28歳くらいの女性を希望しているでしょう。男性は女性に対して極力若いことを求めます。

しかしアラサー女子のことを重宝してくれる男性もいます。それは40~50代の独身男性。

「あんまりジジイは嫌だ~」と思うでしょうが、何歳になっても自分を「若い嫁さん」と思ってくれるのは、女として嬉しい存在です。

アラサー女子は思い切って年上を選ぶというのも、アリですよ!

2.譲れない条件を絞るべし

ハゲにはカツラを。デブにはダイエットを。相手の短所を埋める対処法はいくらでもあるんです。

何をどこまで許容できるか、何が絶対に譲れない条件なのか、極力しぼって考えましょう。

独身時代の恋愛と婚活の違いは、将来の生活を見通してパートナーを選べるかどうかです。「ルックスが良くてときめく」とか「女の扱いがうまくてリードしてくれる」とかいうのは、独身時代の恋には最適ですが、結婚向きとは言えません。

「生活力」とか「真面目さ」とか「責任感」とか。若い頃の恋には無用な条件も、アラサー女子はしっかりと見極めて、不要な条件はこの際省く必要があります。

3.恋のドキドキは無くても良いと思うべし

希望の条件を満たす男性がいても、一緒にいてときめかない場合があります。悪くはないけどドキドキ感もない、みたいな。

でも「ま、こんなもんか」と思えるなら良しとしましょう。そんなもんなのです。

逆にそれくらいの方が、長く一緒にいる間に彼の知らない一面などを発見したとき「ドキッ」とさせられる瞬間がくるかも知れません。

結婚は長い道のりですので、長い目で見るのがポイント。「生理的にムリ!」という人以外は、OKだと考えましょう。


スポンサーリンク

4.身近な人から探すべし

アラサー女子が新規で出会う相手には、まず条件から入りますよね。見た目、年齢、趣味などわかりやすい点からまず相手を査定するでしょう。

そして条件が「まぁいいか…」くらいの相手にちょっとイヤな点があると「あ、やっぱダメかも」と否定の方に傾いてしまいます。

でも「ちょっとイヤな点」って、意外と「情」が湧いている相手だと解決することが多いんです。細かいことくらい許せるというか。

というわけで、職場や近所にいる身近な独身男性を思い浮かべましょう。

ある程度知り合いだと、相手の良いところも知っていますよね。そんな人に対しては、多少イヤな面があっても「情」で許せる場合が多いんです。

新しく出会う人の欠点を知らないリスクを考えたら、よく知る身近な独身男性って安心できる存在です。

5.失敗しても希望を持つべし

アラサー女子が独身のままアラフォー女子になってしまう原因は、「もういいや」とあきらめてしまうこと。

ガツガツ婚活することに嫌気がさした時、「自然な出会いを待つ方が私らしい」「こんな思いをするなら独身のままで構わない」と思ってしまうのです。

もちろんそれもアリなんですが、その思い、一生持ち続けられますか?

結婚したいと思うなら、数回の失敗であきらめないで。

ちょっとやそっとで運命の人に出会えるわけがありません。「寄り道多かったわぁ」くらいに考えて、出会いを求める気持ちは持ち続けましょう!

6.「なんのために結婚したいのか」見直すべし

そもそもどうして結婚したいのでしょう。「老後の不安」「子供が欲しい」「世間体」いろいろですよね。アラサー女子の場合、周りに独身が減ってきた焦りもあるかも知れません。

「周りを気にして」とか「みんながしてるし」とか、主体性のない考えで行う婚活はうまくいきません。

結婚するのは自分です。

アラサー女子は周りに流されず、「なんのために結婚したいのか」しっかり自分の芯を持つようにしましょう。これは結婚する、しないに関わらず、自分を持って生きる女性として大切なことです。


スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたか?

アラサー女子が婚活を意識するなら、ただ恋愛していた20代の頃とは違う視点で相手を見なければいけませんね。

「条件」を求める気持ちと「スキ」を大事にしたい気持ち。どちらも大切ですが、自分の芯を持つことで、求める条件も好きと思える感情もまた変化するものです。

幸せな結婚生活ができるよう、長い目で見て婚活がんばりましょう♪

(ライター/)

スポンサーリンク


関連記事

アラフォーの婚活必勝法!ゴールインに必要なテクニックとは?

「結婚を考えているけど、良い相手が居ない…」そんな考えを持っている女性はたくさん …

結婚式の出会い!幸せになりたい!恋を引き寄せるお呼ばれドレス5選

大勢の前で永遠の愛を誓う…。結婚式ってホント憧れちゃいますよね。 「あの子みたい …

結婚相手との相性を見極めるには?知っておきたい重要ポイント5つ

彼氏と結婚を考えているけれど、結婚相手としての相性はどうなんだろう…。 「恋愛と …

アラサーの婚活の現実は厳しい!理想とは違ったリアルな現状6つ!

世間では「アラサーで独身」=「売れ残り」という不名誉な印象を持たれることが多くな …

現実の結婚相手…理想と違うもの?既婚女性が妥協した条件10選!

結婚相手の理想と現実ってどこで折り合いをつけるのかな…。 いくら相手の条件が良く …