『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

復縁の失敗例は?復活愛出来なかった女子…やってしまったミス5個!


「彼以外となんて絶対に考えられない!」

「もう一度やり直したい…!」

そう思って復縁の方法をいろいろ調べて一生懸命自分磨きに励んだり、アプローチの方法を考えたり…。でも、復縁ってなかなかうまくいきませんよね。

あまりに進展がないと、「もしかして私のやり方間違ってる!?」って不安になると思います。

なので今回は参考に、復縁の失敗例をご紹介いたします。復活愛出来なかった女子がやってしまったミスとは、どんなものなのでしょうか…?

スポンサーリンク

1.返事がないのにメールやLINEを送り続けた

これは結構多い失敗例です。

まず、男子はしつこく追いかけられるのが苦手です。なので返事をしていないのにたびたびメッセージが送られてくると、非常につらくなるのです。

一緒にいてつらくなる人と「もう一度付き合いたい」なんて思いませんよね。

ではなぜつらくなるのでしょうか?それは「返事を返さなきゃ」というプレッシャーに襲われるからです。

男子は女子が考えている以上に責任感が強く、また、それと同時にプレッシャーに弱いのです。

送れば送るほど彼は責任とプレッシャーを感じます。そしてちゃんとしようとするあまり、先延ばしにしてしまいます。そしてだんだん返事がしづらくなるのです。

なので返事がないのにメールやLINEを送り続ける行為は、復縁を遠ざけてしまうのです。

2.折り返されないのに電話をかけ続けた

なぜコレが失敗例の一つなのかというと、そもそも電話ってかなりハードルの高いコミュニケーションなのです。メールやLINEよりも…実際会って話すよりも、です。

なので、向こうが折り返さないのに電話をかけ続ける行為…。これは、そのハードルの高いコミュニケーションを強要しようとしていることになります。

電話って表情が見えないので、声の感じや間で相手が今どう思ってるかを判断するしかありませんよね。それって結構大変なことだと思いませんか?

親密な仲ならともかく、一度別れた相手。そんな相手と高度なコミュニケーションをとるのって、おっくうなものなのです。

それにこの行為を「怖い」と思う人は多いです。無言の圧力みたいな、不穏な空気を感じるからでしょう。だから復縁どころか友達にも戻りづらいです。折り返さない=電話では話したくないのです。

3.アポなしで会いに行った

「どうしても元彼と会って話したい!私の気持ちを伝えたい!」

…とアポなしで家に突撃したり、待ち伏せしたり…。コレも失敗例です。復縁どころか距離を置かれる可能性がかなり高い例です。

なぜならこの行為にはストーカーじみたもの…「執着」を感じて恐怖だからです。なので元カノに一度でもコレをされると、男子のテンションは一気に下がります。

というか、コレはたとえ友達にされるのもちょっとイヤだと思います。付き合ってる同士ならまだ許されるかもしれませんが、それは気の置けない関係だからです。

元カノはあくまでも元カノ。今は彼女でも友達でもないのです…。


スポンサーリンク

4.自分の価値を下げる発言をくり返した

こんな失敗例もあります。

自分の価値を下げる発言とは、たとえば「私にはあなたしかいない」「体だけの関係でもいいから」こんな感じのものです。いわゆる、自虐的な愛の伝え方ですね…。

コレが失敗例の一つなのはこんな理由があります。それは追いかけてくる女子は男子の目から見て、あまり魅力的にはうつらないということ。

男子はそんな発言を繰り返す女子と「復縁したい」とは思えません。

男子はそもそも、自分から追いかけたくなるような魅力がある子と付き合いたいのです。なのでこれも失敗例のうちに入ります。

5.人に相談し過ぎた

よくある失敗例です。恋愛に悩んで、苦しくて、いろんな人に相談する…女子なら誰でも経験あるかと思います。

コレをすることによって起こりうることが二つあります。

ひとつは相談した人伝てに、元彼に「復縁したい」という気持ちがバレてしまう可能性があるということ。友達ぐるみの付き合いだったとか、職場が同じだったとかだとたまーにあります。

バレるとなにがよくないのかというと、「相談?(俺に対しての)グチ?」ととらえられ、よく思われない可能性が高いからです。

あと「自分の恋愛事情を勝手に人に言いふらされたくない!」って男子は多いんです。

もうひとつは、元彼への思いを「相談」という形で口に出すことで、執着心が強くなってしまうということ。

男子は執着心の強い、追いかけてくる女子が苦手です。

いろんな人にたくさん相談することによって、癖のように元彼を思い出してしまいます。するともう執着一直線コース…止まりません。

おわりに

復縁の失敗例、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したすべてに共通してるのは、「しつこくて重いと失敗する」です。

でも「失敗例をしちゃったらもうダメ」というわけではありません。復縁の失敗…それは言い換えると、「復縁の可能性がちょっと遠のいた」です。

努力が実る速度って人によって違います。復縁も同じです。

一週間後かもしれませんし、10年後かもしれません。二人が生きている限り、再び愛が復活する可能性はあるのです。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

失恋…新しい恋の始め方って?気持ちを切り替えて前に進む方法6つ!

大好きな彼に振られてしまった…。 失恋って本当に辛いですよね。 たくさん泣いて、 …

別れて後悔してる?復縁したいならいますぐ試すべきこと5つ!

訳あって彼氏と別れたけど、すっごく後悔している…。今回は、そんな苦しみの真っただ …

元カノを食事誘う心理!どうして今更…彼のホンネと狙い6つ!

別れてから少し落ち着いた頃に、「久しぶりにご飯でも行こうよ!」と元彼から連絡がく …

失恋を忘れるまで…どうしよう?病みそうな期間を乗り越える方法5つ

いつになったら私の記憶の中から消えてくれるの? …失恋は忘れるまでが一番つらいで …

きつい冷却期間。連絡を我慢…いま復縁が成功するためにできる事5つ

「冷却期間中は連絡を控えよう!」復縁について調べていると、だいたいこのように書い …