振られた時の考え方!失恋を乗り越えて自信を取り戻す方法6つ

huraretatokinokangaekata

大好きな彼氏に振られた時、かなりのショックから立ち直るまで時間がかかってしまいますよね。

「どうして振られたの?」「何がダメだったの?」

…などと原因を考えているうちに、自分に自信を持てなくなってしまうのも失恋の痛いところ。

今回は、失恋を乗り越えて自信を取り戻すための、振られた時の考え方をご紹介します。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.運命の人じゃなかった

付き合っている間は彼のことしか見えず、「絶対にこの人しかいない!」と確信を持って恋愛をしていたかもしれません。

ですが、一人になって冷静に考えてみると、この世界で男は彼だけではないということに改めて気付かされますよね。

振られた時におすすめの考え方は「彼は運命の人じゃなかったんだ」と考えること。

一人の男と別れることになったからといって、自分の何かが悪かったから、劣っていたから振られたんだなどと考えて、自信をなくす必要はありません。

失恋をして思う存分泣いたら、「彼は運命の人じゃなかった、それだけのこと」と割り切って颯爽と前に進む

それが一番の、振られた時の考え方です。

2.遅かれ早かれ同じ結果だった

出会いがあれば、その分別れもあるのは当たり前。

彼に振られた時の考え方としておすすめなのは、「遅かれ早かれいつかはこうなった」と考えることです。

今別れていなくたって、いつかはこうなっていたはず。

この先あなたが心変わりして彼を振っていた可能性もゼロではないですよね。

そう考えると、ずるずると付き合い続けている間に、数々の新しい出会いのチャンスを逃していたかもしれません。

ですので、「早めに別れることになって良かった」という考え方もできますよね。

「遅かれ早かれ同じ結果だった」

「今じゃなくてもいつかはこうなっていた」

と諦めるのも、失恋を乗り越えるために効果的な振られた時の考え方です。

3.恋愛の経験や教訓が増えた

彼と過ごした大切な時間や、振られてとても傷ついた気持ちを無駄にしないためには、その経験を糧にすることが大切ですよね。

彼に振られた時、「いい経験になった」「またひとつ恋愛の教訓ができた」という考え方をすれば、これから新たな恋愛をするための自信に繋げることができます。

例えば次の恋人を選ぶ時、考慮しておいた方がいい条件が今回の経験からきっと増えているでしょう。

また、新しい彼氏と喧嘩をした時、この恋愛を思い出して、別れてしまわないようにうまく活かせることができるかもしれませんよね。

今回の失恋を悲しい思い出にしてしまうのか、次に活かせる「経験」にするのかは振られた時の考え方によりけり。

あなた次第です。

4.価値観が違った

恋人から振られたら、「何がダメだったんだろう」「どうして彼の気持ちを繋ぎ止められなかったんだろう」などと自分を責めがちですが、それは間違っています。

恋愛において正解はないし、振られたからといってあなたが悪いわけではありません。

そんなことで自分を責めたり、自信を失ってしまっていてはもったいないです。

単純に考えてみれば、あなたはこのまましばらくこの恋愛を続けたかったけど、相手はこのタイミングで終止符を打った、ただそれだけのこと。

恋愛に対するふたりの価値観が違っただけなのです。

振られた時はその原因を考えていつまでもくよくよしていてはダメ。

「私の良さに気付けなかったなんて、私とは価値観が違ったんだ」

などとポジティブな考え方をするのが、失恋をいち早く乗り越えて自信を取り戻すコツです。

5.新しい恋愛へのチャンス

いつまでもずるずると同じ人と付き合い続けていたら、他のいろんな出会いや可能性を消してしまうことになりますよね。

振られた時は「これは新しい恋に踏み出すチャンスだ」という考え方をして、いち早く前に進むべき。

彼のことをどれだけ好きだったとしても、終わってしまったのなら仕方がありません。

いつまでも過去にすがり続けるのと、ポジティブに前を向いて歩き始めるのと、同じ時間の使い方としてどちらがハッピーだと思いますか?

自分の考え方一つで、嫌な出来事もプラスに変えていくことができます。

「新しい恋に踏み出すチャンス」と前向きに捉えて、失恋を乗り越えましょう。

6.幸せになってほしい

恋愛において、愛する人の幸せを願える優しさが一番重要ですよね。

振られた時の考え方として、「一度愛した人には幸せになってほしい」とおおらかな心を持つことも大切。

「彼の幸せのためには、私といるよりも離れた方が良かったんだろうな」

などと考えるようにすると、この別れはお互いの未来や幸せのためのものだと受け入れることができます。

ですが今すぐは相手の幸せを願えなくて当然。

自分を振った相手を憎く思うのも、許せないのも当たり前の感情です。

時間がかかってもいいので、「彼には幸せになってほしいな」と思える広い心が持てるようになりましょう。

そうすれば、あなたも自分自身の心の成長に気づき、より自信を持てるようになるはず。

おわりに

いかがでしたか…?

今回は、失恋を乗り越えて自信を取り戻すための、振られた時の考え方を6つご紹介しました。

辛い失恋を乗り越えるためには、いつまでも別れた原因や自分の悪かったところを考えてくよくよするよりも、ポジティブに前を向くことが大切。

この恋愛で学んだ教訓や経験を新しい恋に活かして前に進めば、気付けば自然と、あなたを振った彼の幸せを願えるようになっているはず。

(ライター/mill)