『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

人として好きは恋愛対象!じっくり温めれば恋に発展する理由5コ!


「あの人のことは人として好き。でも恋愛対象として好きなのかって言われると…?」

こんな状況だと、相手のことをどんな目で見たらいいのかわからないと思います。あとその気持ちがなんなのかはっきりしないと、モヤモヤしますよね。

でももしかしたらあなたは、恋に落ちる一歩前なのかも…。

なぜならその「人として好き」って大事に温めていけば、いずれ恋に発展することが多いからです。今回はその理由をご紹介いたします!

スポンサーリンク

1.人として好きは「尊敬できる」だから

人は尊敬できる相手に恋をします。

「人として好き」は、相手の人間性を認めているということ。そして人間性を認めているということは、尊敬できる部分があるということです。

人として好きという時点で、この「尊敬できる」はクリアしています。なのでそんなふうに思っている相手は、いつか恋愛対象になるのです。

人はまず、自分と似た人に好意を持ちます。人間は自己愛が強い生き物だからです。

でも自分と全く同じ人っていませんよね。なので「自分と似ている」かつ、「自分にないものを持っている」相手にあこがれて、恋するのです。

2.気が合っている相手だから

深い関係になりすぎず、浅い関係にもならない…。「人として好き」な相手とは、そんな細く長い付き合いができます。

これはいつか恋愛対象になります。どうしてかというと、補足長い付き合いが出来る相手って、なんだかんだ気が合っている相手だからです。

そして気が合っている相手って、自分と似ている人なので一緒にいて楽しいしラクなので、恋に落ちやすいのです。

それに、長い付き合いの相手って、そんなに会っていなくても特別な存在って感じがしませんか?

「恋愛対象かはわかんないけど、人として好き」ならおそらく、その人と会っているとそれなりに楽しいですよね。なのでこれからも、接する機会がぽつぽつとあることでしょう。

人は接する回数を重ねるたびに、その人に好意を抱きます。つまり会うたびに好意が膨らむのです。それがやがて、恋になるのです。

3.適度な距離を保って付き合えるから

適度な距離を保って付き合えるのが、「人として好き」な相手です。

ほどよい間隔で連絡を取り合ったり、遊べたりする相手は、「一緒にいて居心地の良い存在」になります。そういう存在に人は恋しやすいです。だから関係を続けていくと、恋愛対象の相手になるのです。

一緒にいて居心地がよく、落ち着く相手とは、のんびりずーっと一緒にいられる感じがしませんか?「この人とならそういう関係になってもいいかも…?」って、幸せな未来が描きやすいと思います。

恋というとハラハラドキドキするもの、なんてイメージが強いかもしれません。でもそんなことはないのです。恋愛の仕方は、人の数だけあるのです。


スポンサーリンク

4.そもそも嫌いな人ではないから

一度「好き」と思った相手は、よっぽどのことがない限り「嫌い」となりません。なので「人として好き」な相手って、接すれば接するほど「好き」が増えていくのです。

「好き」の気持ちが多くなればなるほど、その気持ちは恋に変化します。なぜなら、好きになると、その人のことがもっともっと知りたくなるからです。つまり、今の関係だけじゃ満足出来なくなるのです。

それに、これは極論ですが、嫌いな人が恋愛対象になることってまずありえません。第一「人として好き」なら、嫌悪感がないということなんです。

だからこそ、いずれ「恋愛対象として好き」になる可能性が多いにあります。相手と付き合いを続けていけば、確実です。

5.付き合っていくうちに恋心に気づくから

認めたくないかもしれませんが、あなたは既に恋しているのかもしれません。でも何かしらの理由があって、それに気づけていないのです。この場合、時間をかけると恋心に気がつけます。

その時にやっとその気持ちは、確かな恋になります。

その「人として好き」な相手とは、きっと長い時間をかけて付き合えます。そのつかず離れずのいい関係を続けていくうちに、やっと「あ、私にはこの人しかいないな」って自分の恋心に気づけるのです。

恋愛対象かどうかわからない相手って、焦って「早く距離を縮めよう」とか、「深い関係になりたい」という気持ちが起こりませんよね。

だからそのいい関係を、とりあえずでのんびり続けると思います。そしてふとしたときに「あ、そういうことか」って、ぴんと来るのです。

「恋心に気づけていない」のと、「恋心を認めたくない」と心のどこかで思ってる場合もあるでしょう。それは多分、相手を恋愛対象として見るのが怖いのです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したように、人として好きな相手は、いつか恋愛対象になります。なので様子を見ながら、しばらく関係を続けてみてはいかがでしょうか。

人として好きか?恋愛対象として好きか?今すぐ結論を出す必要はどこにもありません。

どんな形であれ、人を好きになるということは素晴らしいことです。なんといっても心が豊かになりますよね。その気持ちはぜひ、大事にしてください。

(ライター/)

スポンサーリンク



関連記事

彼氏ができないアラフォーはもう無理?素敵な彼をゲットする方法5つ

「アラフォーなのに結婚どころか彼氏もできない…」 恋愛経験が少ないまま年をとると …

彼氏ができたことがない!コンプレックスを捨てて前に進む方法5つ!

彼氏ができたことがない自分にコンプレックスを抱えるあまり「彼氏いない歴=年齢…こ …

恋愛したいけどめんどくさい!恋が億劫な人へのアドバイス5つ!

「恋愛したいけどめんどくさい…」そんな風に恋が億劫になってしまうことってあります …

好きなの!?男友達の長電話する心理!彼が切らない理由4つ!

女性同士のおしゃべりは…時間が経つのも忘れてしまうくらいに尽きないものですよね。 …

アラサー婚活を始める女子は知っておきたい!出会いの理想と現実 6つ

「アラサーから婚活を始めるのって遅い?」「婚活を始めてみたけど、なんだかうまくい …